今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS ふたたび倉本さんへのトラックバック+ひつじさんからのコメントについて

<<   作成日時 : 2005/08/24 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

倉本さん、倉本さんへのトラックバックにトラックバック
http://kurat.air-nifty.com/blog/2005/08/post_b704.html
ありがとうございます。また、ひつじさんもコメントどうもです。それらに少しレスポンスしたいと思います。

土曜日に米子から帰ってきたばかりだったのですが、ちょっと用事で東京と米子をバスと飛行機で、また行ったり来たりしていました。

さて、それはともかく、倉本さんにトラックバックしてもらったことを考えていたのだけれども、倉本さんの書く「社会と政治との関係や、自由をどのようなものとして捉えるか、といったことについての考え方が、根っこの部分でちがうんだと思う」という部分が感覚的にはわかるような気もするのだが、やはり具体的に見えない。自由とは何かという部分は幅があると思う。しかし、「社会と政治の関係」については釈然としない部分が多いので、もし時間があったら、もう少し展開してもらえるとうれしいです。>倉本さん

ぼくは
==
ぼくとしては、「自覚?ケッ!」てな態度をも含めた自由を、やはり主張したい。
==
このスタンスを否定はしない。しかし、この態度も政治的な空間の下で行使され、その空間になんらかの政治的作用をもたらす。そのことを主張したかったわけだ。それでも拒否はあるだらう。たとえば、選挙でその拒否はどのように作用するのかということだ。


ひつじさんからのコメントはすべての拒否に意味があることを見るべきだ、というふうに解釈していいだろうか。例えば、投票行動に参加しない半分が存在する。その半分に語りかける言葉が欲しいとぼくは思う。確かにそこに意思は存在するだろう。それは無力感であったり、選挙なんてやっても何も変らないというある意味かなりリアルな見解だったり、そして、ほんとうに忘れていたり、興味がまーったくなかったりということもあるだろう。確かに選挙にいかない半分をすべてひとつの色に塗ることはできない。

その「半分」、絶大な政治的影響力をもちえる量だ。多くの政治勢力がそこに切り込もうとして失敗している。「もうひとつの世界」をめざす小さな日本の小さな運動もまた、そこに切り込みたいと思うが、声は届かない。


自分の覚書のために始めたブログなんですが、書き始めると人に読んでもらいたくなって、ランキングに登録したりしてみました。下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、これが人目につきやすくなります。
人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
どうして選挙に行こうと呼びかけるのか
ひつじさんが、コメント欄で紹介してくれている http://blog.goo.ne.jp/hituzinosanpo/ へのトラックバックとして ...続きを見る
今日、考えたこと
2005/08/27 09:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
選挙制度についての雑感をブログにちょこっと かいてみました。トラックバックが とばせなかったので、コメント欄でご報告します。

http://blog.goo.ne.jp/hituzinosanpo/
(あべ・やすし)
ひつじ
2005/08/25 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
ふたたび倉本さんへのトラックバック+ひつじさんからのコメントについて 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる