今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS まっぺんさんへのレスポンス

<<   作成日時 : 2005/08/31 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

三里塚闘争ってなんだったんだろう」について、まっぺんさんがコメントしてくれたこと
http://jioos.podzone.net/board.php  記事No.35
へのレスポンスです。

 丁寧なレスポンスどうもありがとうございます。意見の違いはいろいろあるものの、いろいろな面での努力に敬意を表したいと思っています。社交辞令抜きで、です。

 わたしが一番に考えたいのは、三里塚闘争を「懐かしい、あの時はよかった」というものにしたくないということです。まっぺんさんとの意見の違いは感覚の違いかもしれません。いろんなスタンスでこの呼びかけへの応え方はあるのだろうなぁと感じました。

 しかし、正直なところ、ぼくは党派を離れた今でもいいかげんな活動家としていろんな集会などに参加しているものの、赤ヤッケやヘルメットを嬉々として身につける人がいる場所にはあんまり行きたくないなぁと思ったのです。管制塔被告連帯基金サイトの掲示板の34番に書かれている「自分の思い込んだ革命のために、最後通牒と献身性ばかりを強制した思い上がり者」という表現はとても厳しいのですが、当時も今も、ひとりの末端の活動家としてのぼくは、その中にいた「思い上がり者」かもしれないし、そういう指導者をあまり疑いもせず追従していた面もあったかもしれないと思います。まあ実際は当時からあんまりまじめな活動家ではなかったのですが・・。(笑)

 いろいろな党派の方、また当時指導的な立場に居た方々がこのカンパに取り組むのは当然の事だと思うのですが、そういう方にはぜひ、率先して今までの三里塚闘争とはいったいなんだったのか、現在の空港反対闘争に問われている事は何なのか、各局面で大きな犠牲を出した戦略はどうだったのか、現在の時点で考えられる事をぜひ明らかにしていただきたいと思います。ぼくは花崎こうへいさんの指摘を待つまでもなく、政府との話し合いの過程で反対同盟から出されてきた文書には、これからの社会運動を考えていく上でもとても有益な深い内容が含まれていると考えています、しかし、その「政府との交渉路線」だけが原因ではないにせよ、それも大きな要素としながら、反対運動が見えにくくなり、現在の非常に追い込まれた状況を準備していった事は否定できないと思います。

 三里塚闘争の意味とか、そのようなことを考えるのはとても消耗で骨の折れる作業でもあるのですが、三里塚の闘争が将来の社会運動に投げかける課題は、決して小さくないはずで、そのことにちゃんと向き合う事こそが問われているのだと思います。その中でこそ、今も農業を続けながら反対運動も続けている人びととつながる回路が見出せるのではないかと考えたりもします。

 確かにあんまり有能ではない私がそのような作業を十分にやれるわけはないし、現在はそういう作業をいっしょにやれるような仲間もいないので、、どこまでやれるかわからないものの、自分なりには考えつづけたいと思っています。

 繰り返しになりますが、このサイトの運営にしても、すごくたくさんの労力がかけられていると思います。そのことには敬意をあらわすべきなのだと考えています。そして、今まで動けずにいた人たちが動き出せるとしたら、それもとても素敵な事だと考えます。

 しかし、第2の3.26とか言われると、どーっと引いてしまうのです。今回の賠償をいうのは、あれは単なる破壊・暴力行為だから金を払いなさいという政府の言い分に抗しきれず、払わざるをえなくなったということだと考えています。それをばねにして、新しい闘いが構築できるのであれば、そういう言い方も可能なのかもしれませんが、何万歩もゆずって仮にそうだとしても、それが9月18日に準備できるというようなことではないと思います。Tシャツやマグカップで第2の3.26が準備できるとは思えません。「戦士防衛のための記念すべき第2の3.26」、ここでまっぺんさんが言いたいことがよくわからないのです。

 いま非常にリアルに、具体的に金を払ってあの闘争を償えと政府に要求され、状況はその要求に屈服せざるをえないところに追い込まれています。そして、そのために、多くの人が厳しい生活の中で財布を開いたり、開こうとしていること、こういうリアルな感覚の中で、3.26闘争とはいったい何だったのか、また、それ以降の三里塚闘争が辿った道はどうで、その中で自分は何を考えて何をしたのかということを問い返すことだと思うわけです。

 1万人から1万円を集めるというのは、確かに気の遠くなるような作業であるにもかかわらず、時間は限られています。そういう意味で、お祭り騒ぎが必要なのかもしれません。しかし、ぼくはそんな感覚になれないし、できれば、「再び振り返って痛みを分かち合おう、そして、あの闘いがなんであり、いまとどうつながっているのか、いっしょに考えよう」と、多くのあの当時の気分を共有する人に呼びかけたいような気分なのです。

P.S.
 某雑誌の「気の弱い」編集担当のAさま、明日が締め切りだってこと、わかっています。これを書くより先に書くべきことがあるってことも・・・。できるだけ明日の日付のうちに書きます。
 

これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、そのクリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになりますが、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。
人気blogランキングへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
管制塔カンパ、期日までに達成確実に
管制塔被告にかけられた民事請求の1億300万円を集めるカンパ運動http://jioos.podzone.net/ 全額集まることが確実になったとのこと。多くの人がかなり無理をして、集めたり、お金を出したりした結果だと思う。そのことはすごいことだし。みなさんの努力には頭が下がる。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2005/10/29 06:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 ご主旨よくわかりました。誠実な方だという印象を受けました。どうしても500字以内では書ききれないので、また支援サイトの方にレスを書きました。こういうクロスオーバーな対話も立体的でいいかもしれませんね。(=^^=)/
http://jioos.podzone.net/board.php
まっぺん
2005/09/01 12:45

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
まっぺんさんへのレスポンス 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる