今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 案内転載 国際化市民フォーラム in Tokyo +考えてることメモ

<<   作成日時 : 2006/01/18 07:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

案内転載 国際化市民フォーラム in Tokyo +考えてることメモ

考えてることはたくさんあるんだけど書ききれない。最近考えてることはテーマなどだけメモとして末尾に掲載。

以下、
◆ 転送・転載歓迎!!
----------
   ■□ 国際化市民フォーラム in Tokyo □□■

   「多文化共生を目指して 〜国際社会に生きる〜」
----------
外国人の定住化が本格的に進んでいる現状の中で、在住外国人と共に暮らすことの問題点を明らかにすると共に、激動する世界と向き合う国際協力のあり方について、日本人と在住外国人が共に考え、具体的行動に踏み出すための機会とします。

日 時: 平成18年2月11日(土) 10:30〜16:00
受 付: 10:00より
場 所: 品川区総合区民会館「きゅりあん」
      JR大井町中央東口 徒歩1分
      東急線大井町駅  徒歩3分
 (地図URL)http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.36.11.205&el=139.44.23.440&la=1&sc=2&CE.x=183&CE.y=275
 定 員: 各分科会 50名
 参加費: 無料

-プログラム-
<午前の分科会> 10:30〜12:45  ☆印はコーディネーター

【1】外国人都民にとって東京の暮らしは 
   〜誰もが住みやすいまちづくりに向けて
 ☆木下 伸子(中野区国際交流協会)
 ☆李 承a  (新大久保語学院)
  中国、韓国、フィリピン人の都民の皆さん

【2】日本語習得を必要とする子どもたちへの教育の現状
   〜保護者、生徒及び学校現場からの報告
 ☆伊藤 美里(IWC国際市民の会)
  保護者、生徒、中学教員等  
  
【3】災害復興と海外協力
 ☆新屋敷 道保(オイスカ)
  金丸 智昭(ピースウインズ・ジャパン)
  長 宏行(オイスカ)
  高橋 秀行(ジョイセフ)
     
<午後の分科会> 13:45〜16:00 ☆印はコーディネーター

【4】多文化共生のまちづくり
 ☆梶村 勝利(東京日本語ボランティアネットワーク)
  山崎 一樹(総務省自治行政局国際室)
  坂田 道夫(足立区区民部)
  針谷 弘志(新宿区文化国際課)
  萩原 勝美(立川市市民活動課)

【5】日本語習得を必要とする子どもたちへ教育支援
   〜データから見る東京都の現状と課題
 ☆藤田 京子(外国人生徒学習の会)
 ☆山田 泉(法政大学教授)
  王 慧槿(多文化共生センター東京21)

【6】在住外国人のための防災を考える
 ☆山本 重幸(共住懇)
  倉持 諭(墨田区文化振興部)
  中島 寿美(東六郷1丁目町会)
  江原 幸壱(共住懇)
  中越地震の外国人被災者

【出会いの広場“ちょっとのぞいてみよう”】 10:00〜16:00
  申込不要のフリースペースです。誰でも気軽に出入りできます。
  国際交流・協力に関する資料展示コーナーやミニイベント等、楽しい企画が一杯です。

----------------------------------------------------------------
◆ 主 催   東京都国際交流委員会、国際交流・協力TOKYO連絡会
◆ 共 催   日本国際連合協会東京都本部
◆ 後 援   東京都、品川区、品川区国際友好協会

*たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
 分科会の詳細及び申込みはこちらからどうぞ。
    詳 細: http://www.tokyo-icc.jp/forum_2006.pdf
    申込み: http://www.tokyo-icc.jp/forum/form.html

 また、出会いの広場での資料展示やイベントも合わせて募集中です。
 詳しくは東京都国際交流委員会のホームページをご覧ください。
 http://www.tokyo-icc.jp/
 

転載ここまで




最近考えていることタイトル+α
===
自立支援法と福祉工場
(職場の生き残りと社会的な必要性)
(状況の野崎さんの文章も読みたい)
  http://situation.main.jp/info.php?article=2

サブシステンスパースペクティブ
(翻訳は今春に間に合うか)

丸木美術館再生プロジェクト
(人が集まることと経済的な持続性)
(おおたジャーナル原稿書きかけ)

ラダック
(ヘレナさん、今春来日)

ハンセン病「胎児標本」問題
 宮坂道夫さん
  ハンセン病「胎児標本」問題について考えるために
   ― 医療倫理学・生命倫理学の視点からの覚え書き ―
http://www.clg.niigata-u.ac.jp/~miyasaka/opinions/hansenfetus.html

障害受容
(いわゆる「障害受容」について再考する・・・)
  http://www.bekkoame.ne.jp/~domen/kokoro.html

大田やさしいまちづくり区民の会
(力量と自立と区との協働のバランスは)
http://www.ootakumin.com/

「戦争から交流へ」そして「暴力から協力へ」(06年1月11日)
中村尚司
http://www.parc-jp.org/main/a_project/series/nakamura/nakamura060111
(これは好きだなぁ)

イラン核問題の行方
北沢さんの翻訳
http://www.parc-jp.org/main/a_project/theme/kitazawa/kitazawa060109
(ほんとならとても恐ろしい話だが、軍事的な観点からは有りえないという見解も)

上記2つのPARCのサイト、ぼくのコンピュータには重い。

オルタ1月号斎藤千宏さんの2005の一押し
(宗教裁判にかけたい気分<あれれ>、上の中村さんの文章がこれへの反論?)

耐震偽造
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/



これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、そのクリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになりますが、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
案内転載 国際化市民フォーラム in Tokyo +考えてることメモ 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる