今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京都大田福祉工場30周年記念行事」について

<<   作成日時 : 2006/02/01 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京都大田福祉工場30周年記念行事」について

(所内報への報告記事転載)

 大田福祉工場では創立30周年を記念して、自立支援法についての講演会とフェスティバルを開催しました。
 講演会は十月十五、講師にきょうされん東京の小野浩事務局長を迎え、「自立支援法でどうなる就労支援 ―福祉工場・作業所・授産施設、そして、そこで働く私たち―」というテーマで行いました。大田福祉工場の近くの廃校になった小学校を利用した区民活動施設「こらぼ大田」を会場に、地域の障害者や作業所のみなさんにも参加していただきました。
 講演の中で、自立支援法は成立したものの、先行きのまったく不透明な就労支援の問題点が浮き彫りになってきました。また、ここで働く私たちを抜きにして、制度が決められ、動こうとしていることに対して、地域での当事者や関係者のネットワークを密にし、就労支援の後退を許さないことが大切であることが語られました。
 私たち自身が障害者就労支援をめぐる当事者として、「働きたいと考える障害者が働ける社会」を実現するために、自立支援法で定められた体系の中でも、出来ることを重ねていき、制度の問題点を明確にしながら、それを跳ね返す取り組みが必要とされているように感じました。
 フェスティバルは晴天の秋空の下、ゲストに寿[kotobuki]、そして善意銀行を通して「サ・ノーツみずほ」というジャズのビッグバンド、また、地域で沖縄音楽の演奏を続けている「海ヤカラーズ」のみなさんにボランティア出演していただき、開催しました。30周年ということで多くのOBの皆さんをはじめ、毎年バザーを楽しみにしていただいている地域の皆さんにもご来場いただきました。
 私たちはみなさんの支えで三十周年を迎えることができましたが、福祉工場を初めとする障害者就労支援の施設体系は大きな岐路に立たされています。この大きな波の中で福祉工場が次の時代のために、必要とされる就労支援の場として再出発することを決意して三十周年行事を締めくくりました。

 
これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、そのクリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになりますが、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
「東京都大田福祉工場30周年記念行事」について 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる