今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報の共有とデジタルデバイド  その2

<<   作成日時 : 2006/04/29 02:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

情報の共有とデジタルデバイド」というのを先日書いたあとで、

「反グローバリゼーション民衆運動 アタックの挑戦」(2001年つげ書房新社)という本で以下の記述を発見。

===
 アソシエーションとしての構造化――2000年4月の段階でフランスにおいて2万2千人の会員と150の地域委員会を擁する――そのものが、電子的ネットワークの論理に由来する。全国的アソシエーション――連合体ではなく――はひとりひとりの会員がアソシエーションの発展に同等の立場で貢献することを可能にする。アタックが多数の国につくられるという国際的展開がおこなわれたときにもそれは非序列的なモデルにしたがって・・・。
(中略)
・・・すべての人々がここに接続しうるわけではない。しかし、われわれは、それぞれの地域委員会の《電子通信員》のおかげで、誰もがこの道具を利用できるような架橋装置をつくろうとしている。・・・(略)・・・ボランティアが、毎週数時間をこの仕事のために提供することによって、誰もがインターネットにアクセスできるようにしようというわけである。これが《みんないっしょに》というわれわれの生き方の特徴であり、商売の論理によってわれわれに課されている速度競争のなかにあっても、この方針にかわりはない。45〜6p
==引用ここまで==


電子的ネットワークが組織に非序列的なモデルをもたらすかどうか、そんなに単純にはいかないと思うものの、使い方次第ではそれへの可能性を秘めているということは言えるだろう。

例えば、現在、PARCで発生している「日の丸問題」。
これについても、一会員が多くの会員に対して、意見を表明できるのはMLがあるからで、電子ネットワークがある種の民主主義を可能にしている部分はある。

これをどのように生かせるか、そこに組織を運営する側の力量が問われる部分はあるのかと思う。


これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、そのクリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになりますが、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。
人気blogランキングへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
情報の共有とデジタルデバイド  その2 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる