今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『六カ所村ラプソディー』に行ってみようと思った。

<<   作成日時 : 2006/10/03 03:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

以下、10月11日付けのコメントにある理由で一部改変しました。

マスコミはこの映画に冷淡だそうです。

六ヶ所に冷淡なのは電力業界という大きなスポンサーのせい、というのは確かにありそうな話です。

あるいはプルトニウムをすでに大量に保持しているのにさらに大量に保持しようとしている勢力の圧力でしょうか?

ぼくはこの映画をまだ見ていませんし、具体的に圧力がどのようにかかっているのかはわかりませんが、記者が萎縮して自粛するというようなことは想像できます。

六ヶ所村に何があるのか、
そこから何が見えてくるのか

ぼくも知らないことは多いのですが
もっと、知られなければならないのは
確かだと思います。



「懐かしい未来」のMLから一部加工して転載します。


******************

★祝!10/7から東京/ポレポレ東中野・モーニングショー上映開始   
『六カ所村ラプソディー』劇場公開記念イベント
 
☆鎌仲ひとみ監督&高橋健太郎(音楽プロデューサー・評論家) トークショー

全国で長く自主上映されてきた『六カ所村ラプソディー』がついに劇場公開! 公開を記念して、関連映像上映、ならびに鎌仲監督と音楽プロデューサーの高橋健太郎さんのトークショーを行います。
 
(上映予定)※『六カ所村ラプソディー』本編の上映はありません

*映画『ヒバクシャ』ダイジェスト版
*『六ヶ所村ラプソディー』予告編
*「帰還兵メリッサの証言」ー湾岸戦争に赴いた米軍兵士の体験 とは、診断名のつ
かない病を生きることだった。」
*「No Nukes Party」鼎談映像(大林ミカ×田中優×坂本龍一)
(06年CLUB KING制作)←東京初公開!

●LIVE   
CYCLUB(サイクラブ)
アメリカで生まれ・イギリス育ちの音楽変形変動アーティスト集団。六ヶ所村再処理
原 発工場を止めるため投げ銭ライブをしながら全国をまわっています。
http://soundvision-tokyo.com/cyclub/



鎌仲ひとみ
 ドキュメンタリー映画監督。2003年映画「ヒバクシャ〜世界の終わりに」で文化庁映画賞文化記録映画優秀賞平和・協同ジャーナリスト基金賞アースビジョン大賞>ほか多数受賞。青森県六ヶ所村に建設された核燃料再処理工場を取り巻く人々の暮らしに焦点をあてた、ドキュメント映画「六ヶ所村ラプソディー」が大きな話題を呼んでいる。

高橋健太郎
 音楽評論家、音楽レーベルMEMORY LAB主宰。『ミュージック・マガジン』『朝日新聞』ほか多くの媒体に寄稿。音楽プロデューサーとして、さかな、朝日美穂などを手がけ、こだわりの音楽ファンに絶大な支持を得ている。2004年には、レコード輸入権問題に積極的に関わり、ブログで反対を表明。この流れが音楽・出版関係者に広がり、社会運動として大きなうねりを生み出した。



*****会場*****
アトリエ・カノン

〒167-0042
東京都杉並区西荻北4-15-13

TEL: 03.5938.1870
http://www.gut.co.jp/kanon/

10月6日(金) 19時開場・19時半開演
<入場料>
映画『六ヶ所村ラプソディ』前売りチケット(1200円)+1ドリンク  2300円
(前売りチケットなしの入場料は1ドリンクつきで1300円です)

予約
tangledtale05@yahoo.co.jp 岩崎まで。
または、岩崎さんへmixiのメッセージで申し込めます。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=73264
 
【会場地図】
目印になってるサンクスがなくなっているので注意!

http://www.gut.co.jp/kanon/kontakt/index.php
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi3602449060929114754

☆☆☆☆☆『六ヶ所村ラプソディー』劇場公開情報☆☆☆☆
【上映日時】
10/7(土)〜13日(金)午前10時半より上映
14日(土)以降は 午前11時より上映
【会場】ポレポレ東中野 03-3371-0088
http://www.mmjp.or.jp/pole2/map.htm
JR東中野駅西口北側出口より徒歩1分・駅ホーム北側正面
地下鉄大江戸線A1出口より徒歩1分
【料金】特別鑑賞券 1200円 
チケットぴあ店頭、セブンイレブン、サークルK・サンクス、ファミリーマー
トに発売中!Pコード 476-524 
当日料金 一般1500円 大学・専門学校生1200円 中・高校生・シニア1000円
公開中は土日のゲストトークショーもございます。
詳細は以下をご覧ください。
【ウェブサイト】 http://rokkasho-rhapsody.com or
【ブログ】http://rokkasho.ameblo.jp




これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、そのクリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになりますが、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
地域のことは・・・
久しぶりの書き込みです。 ...続きを見る
『六ヶ所村ラプソディー』〜オフィシャルブ...
2006/10/07 21:30
ドキュメンタリー、原発、メディア
10 月1日、仙台メディアテークで「みやぎヒューマンドキュメンタリーを観る会」による「六ヶ所村ラプソディー」の上映会が行なわれた。監督の鎌仲ひとみ氏の 講演もあるとのことな&... ...続きを見る
Op - opinion publish...
2006/12/03 14:56
1/6よりアンコール上映!
ポレポレ東中野でのアンコール上映 ...続きを見る
『六ヶ所村ラプソディー』〜オフィシャルブ...
2007/01/03 19:54
映画『六ヶ所村ラプソディー』
「六ヶ所村ラプソディー」の上映会に行った。会場は福岡市唐人町の甘棠館(かんとうかん)show劇場というところ。小さなホールで、100ほどの客席はほぼ満員だった。 ...続きを見る
ペガサス・ブログ版
2007/10/22 21:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「ヒバクシャ」の持はイラクの劣化ウラン弾のことなどが中心テーマとしてあったので、マスコミも扱いやすかったかもしれません。六ヶ所村のこととなると、燃料のリサイクル、資源の循環などという電力会社のCMなどがマスコミにあふれているので、マスコミは扱いにくいテーマとなってしまいました。そして注意すべきことは、自然環境の保護を旗印にしている雑誌や団体にも原発や核再処理を容認する者が出てきたということです。「ロハス」という概念、アメリカで生まれた内容ではそんなに悪いものではなかったような気がしますが、日本では政府の温暖化防止のための「チームマイナス6パーセント」などという(小池百合子を表に出して推進していた)運動と連動してしまった例があります。これは温暖化防止のために原発を推進させようという政策と表裏一体です。危険な状況です。原発と地球温暖化の問題については、私のサイトにある高木仁三郎さんの講演録がわかりやお勧めです。多くの方に読んでいただけたらと思います。
調布の八百屋
URL
2006/10/04 00:49
鎌仲さんのメールはいつからか、転送歓迎がついてしまったようです。基本的に個人め−ルですので、特に転載はお控えください。よろしくお願いいたします。
kay
URL
2006/10/11 01:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
『六カ所村ラプソディー』に行ってみようと思った。 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる