今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「君あり、故に我あり」読書ノート(5)

<<   作成日時 : 2007/02/24 02:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

「君あり、故に我あり」読書ノート(1)
「君あり、故に我あり」読書ノート(2)
「君あり、故に我あり」読書ノート(3)
「君あり、故に我あり」読書ノート(4)


の続き




ガンジーの死後50年以上も続いていいることに希望があるというシッダーラジにサティシュは
「それでも何かが欠けてますね。」「未来についてはどうでしょう。ここは精神的な場所ではありますが、政治的には意味を持つのでしょうか?」とかなりストレートに問いをぶつける。それに対して、こんなふうな答えがくる。
==
「このアシュラムやインド各地に住み、現状維持の政治体制に戦いを挑んでいる若いガンジー主義者たちがいる。彼らは、グローバリゼーションという名の下に推し進められている経済的植民地主義からの自由、地域自治、地域経済などのために活動している。…」
「…欧米の政府や企業は第三世界の開発や援助を口にするが、医者、看護婦、教師、コンピュータプログラマーなどが必要なときには、インドの最も優秀な若者たちを高給を餌に誘き寄せるのだ」
「彼らは飢える人々に食糧を、というが、最も肥沃な土地の多くは欧米の食肉産業向けの飼料を育てるために使われている。そして残りの土地は、タバコ、砂糖、コーヒー、紅茶といった換金作物を生産し、エリートたちの悪習を支えているのだ。」
「過去50年間、インドと西洋のあらゆる政治家と、インドとアメリカとヨーロッパのあらゆる実業家たちが、『貧しさ』の削減を語ってきた。しかし、これは誤魔化しに過ぎない。彼らは『貧乏人』の話をしながらも、自分たちはますます金持ちになっていった。富めるものをさらに富ますために貧しい人々は担保にされたのだ。『貧乏人』のことを口にするのは、自らの飽くことなき富の追求を覆い隠す煙幕を張るための金持ちの策略なのだ。小作農や貧乏人の目から見れば、私たちは国際経済学と『自由貿易』の全面的失敗を目の当たりにしている、ということだ」
「…組み合わさった私的所有が、地球の生存そのものを脅かしている。貿易のグローバリゼーションは、実際には共有のものを私物化することであり、所有という観念は今や知的所有権を含むまでに拡大されている。すでに、土地、動物、森、鉱山、水といった世界の資源の多くの部分が一握りの個人や企業によって所有されている。…。なぜ『貧乏人』は貧乏なのだろうか?彼らが貧乏なのは、彼らの生活のためのあらゆる資源が富める者の手に握られているからだ。このエリートには教育があり、権力の手綱を握って、法律を作るのだ」
「こういう意味で、所有という概念そのものに疑問を呈するのは公正なことだ。私たちは生命の網の目の一部であり、所有者でも管理者でも世話人でもない。そうではなく、私たちは自分たちを地球の受託者と考えるべきなのだ。」
「受託者であるという考え方はマハトマ・ガンジーによって最初に考案された」「我々人間はすべての生物と未来の世代のために、神聖な信託財産として地球を維持すべき…、。当初の資本を浪費しないことは良き受託者の責任だ。使うことが出きるのは利息の部分だけだ。受託者は自分の利益のためにお金を使うことは許されない。…。」 291-4p
===
また「人々は所有制度のどこが悪いのかと聞くでしょう」というサティシュの問いにはこう答える。
==
「もし私たちが所有の道を進み続け、60億のすべての人間が同じ資源を平等に手にできるようにと期待するなら、私たちはすぐにがっかりさせられるだろう」「もしみんなが欧米的な生活水準を追い求めるなら、地球の4個か5個分の資源が必要となる。…。私たちは、万人のための高い生活水準という観念とは別の、人生の新たな目標を必要としている。この新たな目標は『みんなが受託者であること、みんなが優美に簡素であること』と呼ぶことができ、所有物の量よりも生活の質が重要となる。…」 296p

===


ここに書いてあることは、基本的にそのとおりだと思う。問題はこれらの方向性にどのように具体的に影響力を持たせるかということだ。持たざるものは主張をどのように広げることができるのか。


第3部24章317pまでの読書ノートここまで

今回で終わりにしようと思っていたのだが、終わらなかった。

P.S.
ぼくは今日まで知らなかったのですが、吉田太郎さんのブログではビノバ・バーヴェ(Vinoba Bhave)についても言及されています。
「歩く社会主義革命」

ここで書かれているビノバ・バーヴェというのは
「君あり、故に我あり」読書ノート(1)で触れたヴィノーバのことですね。




この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてみてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安倍を始め国会議員を逮捕しろ!! 単身赴任・学生の下宿は犯罪か?
 大阪市は3月2日をもって、釜が先解放会館などに住民登録している人々の住民票を削 ...続きを見る
アッテンボローの雑記帳
2007/02/25 22:02
サティシュ・クマールさん関連URLなど
サティシュ・クマールさんの来日イベントに関わっていることは先日、書いた。 ぼくが関わっているのは「懐かしい未来ネットワーク」が中心になって準備している5月2日のイベント。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2007/03/10 05:39
「君あり、故に我あり」読書ノート(6)
ずーっと間があいたが、読書ノート続き この(6)は25章の分だけ。 25章「君あり、故に我あり」、敬虔なエコロジー ...続きを見る
今日、考えたこと
2007/04/08 23:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
「君あり、故に我あり」読書ノート(5) 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる