今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS ティク・ナット・ハンとサティシュ・クマール

<<   作成日時 : 2007/03/15 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日「ティク・ナット・ハン・社会運動・スピリチュアリティ 」に書いたようにティク・ナット・ハンの詩がサティシュ・クマールの本に引用してあったり、リサージェンスにティク・ナット・ハンが記事を書いていたり、二人の間には強い結びつきがありそうだ。そんなことを感じながら、ティク・ナット・ハンの「仏の教え ビーイング・ピース」(中公文庫)をとりだして、眺めていたら、こんな文章が飛び込んできた。
===
 私があることによって、あなたがあります。あなたがあることによって、私があります。
 これがinterbeing(相互生存)という語の意味です。私たちは、相互に生存しているのです。

126p
===

「君あり、故に我あり」というのが、88年に出版されたこの「Being Peace」に書かれていたわけだ。

上に引用した文章の少し前に、こんな風に書かれている。
===
interbeing は英語の新しい単語ですが、これが言葉として受け入れられることを望んでいます。 126p
===

実際、英辞郎にはこの言葉はでてこない。そこで、グーグルで調べたら、リサージェンスの記事がでてきた。INTERBEING というタイトルでティク・ナット・ハンが書いている。

http://www.resurgence.org/resurgence/articles/interbeing.htm


もう少し付け加えようと思っていたが、朝飯の準備の時間なので、とりあえず今日もここまで



この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてみてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
ティク・ナット・ハンとサティシュ・クマール 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる