今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS パパラギについて

<<   作成日時 : 2007/03/29 05:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

少し前の話になるが、吉田太郎さんがブログでパパラギの真実を紹介してくれている。
「嘘付きパパラギ」ここには知っておきたい事実が書かれていると思う。

そこに今日、コメントを書いたので、少しだけ修正して忘れないようにこっちにも掲載する。

===
もう25年位前の話になりますが、ぼくもパパラギに感動したひとりです。いまは手元にないのですが。
「『へぇー、やっぱり伝統的な民族の文明批判力にはすごいものがあるよなー』とその嘘にだまされてしまっている」ひとりでもあります。確かに吉田さんが書いているように、白人が作ったフィクションなのでしょうが、そこにはそれなりの真実が含まれていたように思うのです。だからこそ、今でも読み継がれているのではないでしょうか。四半世紀も前のおぼろげな記憶なのですが、パパラギの中には植民者の傲慢さに根拠がないことも明示されていたように記憶しています。

それが白人が作ったフィクションであり、いまでもサモアは植民地主義のもとで苦しめられているという事実を知ることは大切なことだと思います。だから、こういう風に吉田さんに明記してもらったことには感謝するのですが、あの本に価値がないということでもないんじゃないのかなぁとも思うのです。
===

 吉田さんがブログやMLで書かれたものを読んでいると、ソフトなイメージや雰囲気ばかりが先行しているように見える「スロー」とか「LOHAS」に対して言いたいことがいっぱいあるんだろうなぁと感じる。確かに、そこには現実のコンフリクトを避けて通るような傾向があるようにぼくも思う。(印象だけの危険な評価なんだけどね)
 しかし、スローもLOHASも本当に実現しようとしたら、メインストリームとのコンフリクトを避けられない。だから、ぼくは入り口はスローでもLOHASでもホワイトバンドでもフェアトレードでもいいと思うわけだ。それらはすべて、現実の社会の矛盾をなんとかしようという思いの出発点だ。問題はそこから先にある。やはり、そういう思いを具体的な変化に結び付けていく社会運動が問われているのだと思う。スローやLOHASやホワイトバンドやフェアトレードというようなブームを好ましい方向への具体的な変化に結び付けていく社会運動が見えないことが、ブームをブームで終わらせているようにも思える。そこをつなぐために考えなければならないことが社会運動の側にも少なくないのだろう。そして、その社会運動さえ、ちょっと間違うとメインストリームの補完物になる危険がある。こうすればこうなるというような安易な解決方法はないんだろううなと思う。そんなことを意識しながら、できることをやっていくしかないんだろうなぁという凡庸な結論で今日も終わる。




この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
6年以上前に書いたこと
何気なくWeb上を歩いていたら、某MLのLogから6年以上前に書いたものがでてきた。 いま言ってることと、ほとんど変わらない。6年前も前なのに(う〜ん、この進歩のなさ、、まっ、進歩がいいものとは限らないと強がってみる)。最近もどっかで同じようなことを話した。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2008/11/03 23:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
パパラギについて 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる