今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 困った勘違い ラルシュについて

<<   作成日時 : 2007/03/31 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「リンク元ページURL」を見ていたら、ラルシュとボランティアのキーワードでの検索結果があり、そこに「安倍昭恵のスマイルトーク」というブログを発見。首相のパートナーのブログで外遊で欧州に行ったとき、ラルシュ・ブリュッセルに行った報告が出ている。
「ラルシュ・ブリュッセル」

せっかくラルシュに行ったのなら、もう少しラルシュがどんなところかわかってほしいと思う。地元の大使館スタッフが見学先も決めたのだろうか。たぶん、付き添ってはいるだろう。ちょっとHPを見ると、ラルシュがどんなところかは書いてあるのに。英語でも日本語でも。(たぶん、フランス語やスペイン語も)

===
日本語は ここ
ラルシュについて


英語は ココ
Who we are


ラルシュのチャーター(憲章)日本語

ラルシュのチャーター(憲章)英語

===

というわけで、詳しく知りたい人は上記のサイトなどを読んで欲しいが、この安倍昭恵さんのブログにはラルシュの大切なところがな〜んにも書いていないし、ある意味、反対のことが書いてあるようにも思える。

例えば、彼女はラルシュの紹介として、「ボランティアの協力の下、社会性を身につけるためのサポートが行われています。」と書く。しかし、ラルシュでまず大切なのは、そのままの彼女や彼が大切にされるということだ。彼らが社会性を身につけることよりも大切なのは、かれらが生活し労働する場所(コミュニティ)で、彼らの社会性がどうあれ、そのままの彼ら自身がまず認められ、大切にされなければならないということだ。その上で、生きていく上で社会性があったほうが便利なら、そういうサポートもするかもしれない。しかし、それはあくまで二次的なこと。彼女や彼が何かができるということではなく、存在することが大切なのだとぼくはあまり長いとはいえない数ヶ月のラルシュの経験(インドやフィリピン、日本でも少し)で学ばせてもらったように思う。

障害をもったコアメンバーとアシスタントがお互いの存在を大切しながら、生活したり働いたりすることで、アシスタントはコアメンバーから得られるものがとても多いことに気づく。「働いたり」とは書いたものの、ぼくが経験したラルシュでは、働くことより、そこで生きていることが大切にされていたように感じた。

そして、大切にされるのは知的障害を持っているといわれるコアメンバーだけではなく、そこに関わるアシスタントも同じだ。そういうところに特徴があるはずなのに、見れない人には何も見えないのかも知れななぁと思う。
ぼくは安倍昭恵さんという人がどんな人か全然知らないし、夫がひどい奴だからという理由で彼女のことを評価しちゃいけないんだが、日本のラルシュである「かなの家」も彼女の夫が進める自立支援法で苦しめられている。




この下にある「人気blogラ
ンキングへ」というのをクリックしてください。

人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックすると
ランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります
。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
元グラビアHカップ18歳佐山愛AVデビュー!サンプル動画☆
佐山愛・プロフィール 生年月日:1989年1月8日 出身地:東京都 血液型:A型 身長:165cm スリーサイズ:B98(H)/W61/H90 「平成生まれのHカップ 佐山愛」 遂に平成生まれの爆乳チャンがデビュー!!はち切れそうな98cm・Hカップの18歳・佐山愛ちゃんが、ドキドキの初FUCKで乳首を責められ感じまくる!開脚フェラ、パイズリなど、次第に大胆になっていく姿も必見!! 桜の花が散り葉桜になった4月中旬、浅草にある私の会社に現れた愛。身長が165センチもあり、思いのほか ...続きを見る
元グラビアHカップ18歳佐山愛AVデビュ...
2007/04/29 17:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
困った勘違い ラルシュについて 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる