今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS イルコモンズ・アカデミー美学校から触発されたこと

<<   作成日時 : 2007/06/18 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ここここで紹介されてるイルコモンズ・アカデミー美学校に行ってきた。

上でも紹介したここにコメントを書いたので、忘れないようにこっちにも貼り付けておこう。
それに加えた感想は最後に。

==ブログへのコメント==

Commented by tu-ta at 2007-06-18 20:10 x
日曜日、参加させていただきました。

あの座りにくい場所での8時間、ちょっと年配のぼくには拷問のような感じでもありました。そして、座りにくいという以上の特定の桎梏を振り切ることが出来ず(家でたぶん怒ってる人がいるというだけのつまんない話ですが)、10時に会場を出てしまいました。いろいろ面白かったのですが、もう少しインタラクティブなやりとりがあれば、空間も、もう少し親密になったような気がするのですが、そういうちょっと甘っちょろい感じもあるかもしれない空間を作りたくないというような意図があったのでしょうか?

ともかく、イルコモンズ・アカデミーというのに一度、参加してみたかったので、それが実現したのはうれしいことでした。

アートが社会にどんなインパクトを持ちえるのか。持つべきなのか、そんなことを意図することが問題なのか。
そのあたりは、もう少し考えつづけてみたいと思っています。

P.S.
ただ、アカデミーなんてくそったれだっていうのは、もう少し強調したほうがいいのかもしれません。イルコモンズさんが言ったり、やったりしてることは、そんな感じだと思うので。


==コメントココまで=


正確に言うとぼくの関心領域は「アートと社会運動」

社会運動とアートの関係をどこから考えようかと、まず出発点で思い倦んだりしている。そうすると、すぐに立ち会われるのが、何をアートと呼ぶのか、という問題。

たぶん、それをアートだと誰かが言えば、それはアートなのだと思う。

アートのインパクトが社会運動への起動力になることもあるだろう。
そのインパクトをどのように効果的に起動させるのかという装置もまた、アートにもつながるかもしれない。

アートに背を向けるアートもある。


アートは社会運動だけではなく、日常生活にもあるし、日々の労働の中にもあるかもしれない。

そして、ぼくとしてはアートを閉じ込めるミュージアムという空間にもアートはあると言うしかない。(へへ)


ただ、ぼくはそのアートが現実の社会との関係(軋轢・摩擦・コンフリクト・闘争・屈服)をいつも意識して欲しいと思う。そういうアートが好きだ。
もちろん、「くそ社会主義リアリズム」のように辟易させられるようなのは、ちょっと、ゴメン。

とりあえず、明日のために準備をしなければならないことがたくさんあるのに、そこから逃避してメモ。









この下にある「人気blogラ
ンキングへ」というのをクリックしてください。

人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックすると
ランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります
。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イルコモンズさんのブログのコメントへのレスポンスへのレスポンス
「イルコモンズ・アカデミー美学校から触発されたこと」で、自分が忘れないために掲載したコメントにいくつかのレスポンスをもらいました。それへのレスポンスを書いたら、字数制限にかかってしまったので、以下に ==== まずユミソンさま 「質問ありますか?の時に発言したり、休憩時間の時に座りずらいからクッションをくれ、とか言って下さったら良かったのになとも思いますが…」 そのとおりですね。与えられた場を変えようと努力しなかったぼくの問題です。自称活動家なのに、こういう受動的な態度はいただけま... ...続きを見る
今日、考えたこと
2007/06/19 08:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
イルコモンズ・アカデミー美学校から触発されたこと 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる