今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『カルチャークリエイティブ――新しい世界をつくる52人』抜書きメモ

<<   作成日時 : 2008/01/04 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『カルチャークリエイティブ――新しい世界をつくる52人』辻信一著から

冒頭の「新しい時代は始まっている」という言葉が琴線に触れて、
お正月のあいさつ 「新しい時代はもう始まっている」 で紹介させてもらったこの本、興味深いフレーズがいくつかあったので、以下にメモと誤理解・誤植の指摘

====

私は、積極的に観光は進めたくないんです。あくまでも伝統的な生業と祭りを守るのが基本。そしてこし必要なら余った時間でエコツーリズムなどを進める。観光はあくまで「従」でなければならない。
42p 石垣金星

本来いのちの世界においては現在・過去・未来の区別がなくて、生きられるのは今しかない。その今は未来も過去も含まれた今です。今が生きられないというのは、自分がない、私がない、・・・。
明日がないというのは、実は今すら崩れているということ
56p 川口由一

ぼく自身はチャベス派ではないし、その環境政策にも批判的ですが、でも、これまでの政権に比べればはるかにましなことは確か
78p ホルヘ・イネストローサ

ヴェレム・オハンデグ
環境活動家、・・・・ATTACオランダにも参加
日本ではまだまだ活動家とか運動家とか聞いただけでそっぽを向いてしまう人が多い。・・・・、活動家とは、正しいことのために、愉しいことを我慢する禁欲主義者だという固定観念が日本にはあるようだ。これを聞いたヴぇレムさんは、目を見開いて、「この私が禁欲主義者だって!」。そして大きな声で気持ちよさそうに笑ってから、こう言った。「家族や友人に言ったら面白がるだろうな」。
121p

私の好きなホピ民族の格言にこんなのがあるの。「人生における最も長い旅、それは頭から心へと至る旅」。頭だけで考えるファストで薄っぺらな思考を、伝統文化は評価しない。重要だったのはスローな学習のプロセス。・・・・。私にとっての伝統とは決して頑固で硬直したものじゃない。それはたっぷりと時間をかけて、不断に展開し、状況に適応しながら、変化していくもの。
エレン・ガブリエル 179p

アイヌの刺繍はそのひと針ひと針が、女たちの祈りです。
チカップ美恵子 196p

辻 TAOの今後について・・・教えてください。
波多野 「懐かしい未来」の縮図というイメージでしょうか。でも、何かを計画的につくっていくというよりは、その時々縁を大事にしながら、流れに従って動いていきたいですね。今、目の前にあるものを大切にし、それをわくわく楽しもうと。
272p 波多野毅

辻 グローバル経済の波はタヒチにも・・・、タヒチ人の自立のために今よりも必要なことは・・・。
ガビ 文化を再生すること。マラエをつくり、その周りに集うことです。時間はかかるだろうし、グローバリゼーションを止めることは容易ではない。でも自分たちの文化を少しずつ暮らしの中に取り戻していくことはできる。私たちが目指しているのは、実に単純なことなんです。自分たちが食べるものを自分たちでつくり、できるならお客さんにも振る舞えるようにする。畑に作物のある者の思想こそが人を説得できるというものじゃありませんか。
「コンピュータの脳の代わりにココナツの脳を使え」
海に漂い、やがて良い条件の場所で、根をはり、芽を出す。

本来は田舎が先端で都会が末端・・・。・・(略)・・田舎にいい風が吹き出したら、日本はほんとに変わると思うんです。お金のためにはなんでもする、人が見てなきゃ農薬も撒くっていうニセモノの田舎じゃなくて。いのちが見えてるホンモノの田舎の風。・・・
郷田美紀子 290p

快楽と享楽の違いを区別したほうがいい・・。ぼくたちが快楽って言うのは持続的に心地よく、気持ちよく生きていける方法論。この場だけ楽しければいい、ドカーンっていっちゃう、というのは持続的じゃない。それは享楽じゃないかな。それを否定するんじゃないけど、それとは違うしみじみとした愉しさ。・・・
南兵衛 322p

辻 政治についての本にはそういう愉しいことって、ほとんど書いてないですね。
ラミス そうなんです。正義感についてとか、苦しさや辛さについてはよく書かれているんだけど。運動に関わった者たちの共通の経験として、自分の生活の文化レベルが上がるとか、頭の回転が良くなるとか、人間と人間の壁が壊れて心から話がせきるようになるとか、考えもしなかったアイデアが浮かぶとか、そういうことが確かにあった。そういう経験をぼくは大事にしたい。
辻 政治に参加することの幸せなんて、考えてもいない人がほとんどでしょうね。・・。
ダグラス・ラミス 356p

「カルチャー・ジャムをどう説明したらいいでしょう」という辻さんの質問に
===
カルチャー・ジャムの運動に参加する人をカルチャー・ジャマーと言うんだけど、それは環境の観点からも、政治的な意味でも社会心理学的な意味でも、世界は今崖っぷちに立っていると考え、そのために何かをしなければならないと思っている人たちのことです。じゃあ、どうしたらいいのか。我々の答えは「文化をジャムする」ことなんです。つまり、文化に変化球を投げ込む。遊び心を発揮して、巨大企業のつくる消費文化の中の薄っぺらな「カッコよさ」を引っぺがして、その醜さ、ダサさを暴いてやる。消費文化の「クール」を「アンクールする」、つまりひっくり返すわけです。
===
また、「世界中で・・・GAPやナイキやスタバの『クール』が人々の心を捉えてしまっている」という辻さんに
==
「そうした消費文化の『クール』に何とか抵抗したいという人たちのためのテクニックを提供する。それがカルチャー・ジャム運動。」だとして、「無買日」や「テレビを消す週間」や「自主停電」を紹介し、大企業を「アンクールする」やり方はいくらでもある。愉しくカッコ良くいたずらをするんです。
==
と答えます。そこに辻さんは反応して、「その愉しく、格好良く、が肝心ですね。」といいます。
そして、100万人のキャンドルナイトもこの「自主停電」に触発されて始まったという辻さんへのラースンの答え
===
ラースン それは感激です。でも私たちは、キャンペーンに企業や役所が関わってきたら、もう興味はないんです。「怒れる集団」ですからね、私たちは(笑)。私たちの雑誌は批判ばかりで、肯定的なエネルギーが少ない、と言われるんです。でも、ニューススタンドを見てください。そこには何百もの雑誌が並んでいて、どれも笑顔がいっぱいで、どれもポジティブに、見栄がいいように見せている。それにまた私たちが肯定的なものをつけ加える必要がありますか。消費文化というのはいつも表に一番見栄のよいものを置くもんです。あたかもすべてが順調にいっているように思わせる仕掛けです。だからこそ、このシステムはもう完全にぶち壊れているよ、と言う人が必要なんです。(略)。
辻 その意味では日本の「スローライフ」はあまりにもソフトなんだろうな(笑)。(以下略)
カレ・ラースン 401-3p

過去になんてもちろん戻りたくても戻れるものじゃない。でも過去の世界にいい要素があったことを認められればそれでいいんです。第一、過去の人々が我々より幸せだったかもしれない。より健全だったかもしれない。そして自然界とのもっといい関係を保つことを知っていtらしい。
ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ 423p

辻 「南」の人々にとって貿易に依存するより、自給の度合いを増やしていくことのほうが大事だという批判もありますね。
明石 それは私も矛盾を感じないわけじゃありませんよ。遠いところからモノを買ってきて売る、わざわざそんなことがなくてすむのなら、それにこしたことはないとも思う。でもダンボールが遠い国から届くでしょ。するとそこに入っている商品を私が買うことで、どこかの家族がご飯を食べているイメージが浮かんでしまうんです。
明石祥子 441p






ノーマライゼーション概念について 329p
ここに書かれている辻さんのノーマライゼーション理解は通常のノーマライゼーション理解とは少し違う。『ウィキペディア(Wikipedia)』などを参照のこと。
 
たぶん誤植 449p 
たぶん正 住民の9割が
たぶん誤 住民の宮割が




上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
『カルチャークリエイティブ――新しい世界をつくる52人』抜書きメモ 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる