今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スモール イズ ビューティフル再論』読書メモ その3補足

<<   作成日時 : 2008/02/09 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

50pから始まる仏教経済学というエッセイ(1968年)の55pまでのメモを その3で書いた。今回はその補足。前回、55pまでのメモを書いたつもりだったが、その前に仕事と機械化に触れた部分についても触れたくなったので補足として書く。


メモ3で紹介した労働について述べている部分の中で機械で労働を代替することに触れている。
現代の経済学では労働は単にコストなので、機械に代替して労働を減らして、コストがカットできればそれでよいとされる。(最近はそんなに単純なものばかりではないかもしれないが、基本は変わっていないだろうし、新自由主義の立場は明確にそういうことだろう。)

それに対して、仏教徒の立場からは機械化には二種類あるという。
第一は人間の技能と能力を高める機械化
第二は人間の仕事を機械という奴隷に引き渡し、人間をその奴隷への奉仕者にしてしまう機械化

現代の経済学が示す文明の確信は欲望を増長することであり、仏教経済学の核心は人間性を純化すること。そして、その「人間性はおもに仕事を通じて培われる。自信をもってのびのびと仕事をすれば、仕事をする当人とその作物はすばらしいものになる。」とシューマッハは書く。53p

そんなに単純かなぁと思うのだが、シューマッハはこのエッセイの中でこの点について、インドの哲学者、J・C・クマラッパを援用して説明する。
==
 仕事というものの性質が正しく把握され、実行されるならば、仕事と人間の高尚な能力との関係は、食物と身体の関係と同じになるだろう。仕事は人間を向上させ、活力を与え、その最高の能力を引き出すように促す。仕事は人間の自由意志を正しい方向にむけ、人間の中に住む野獣を手なずけて、よい道を歩ませる。仕事は人間がその価値観を明らかにし、人格を向上するうえで最良の舞台になる。
==

こんな風に仕事を定義するための条件リストがいっぱいありそうな気もする。どのようにこんな風に仕事を再編成できるのか、その方法が提示される必要があると思うんだけれども、それは可能だろうか。



上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
『スモール イズ ビューティフル再論』読書メモ その3補足 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる