今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 壁とアート

<<   作成日時 : 2008/02/12 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

アートっていったいなんだろう。この問いは問い続けるべき問いとして存在しているようにも思える。あるときはこれが答えだと思うが、しばらくすると、また、違う考えも浮かんでくる。

半世紀前、ぼくは偶然、大学を卒業できることになった。そして、そのために書いたと〜っても稚拙な読書感想文以下の作文(卒論とも呼ばれる)を読んでもらった上での面接のときに、「哲学っていったいなんだか、よくわからないです」というぼくの問いに、論文の主査だった哲学の老教授が答えてくれた。「あるときはこれが答えだと思うが、しばらくすると、また、違う考えも浮かんでくる」

そう、アートの話なんだけれども、美術館にかかわっているぼくが書くのは憚られるけれども、美術館とかいう壁を軽々と越えていけるようなアートがぼくは好きだ。

そして、それが具体的な状況に向き合っているとしたら、そんなに素敵なことはない。

というぼくの琴線を大きく動かしてくれたプロジェクトがある。以下のブログにまとめてある。

▼ワンダーウォール・キャンペーンの回顧と展望(仮称)【前編】

▼ワンダーウォール・キャンペーンの回顧と展望(仮称)【後編】

壁は越えたり、壊したりするために存在しているだけではなくて、問題を目の前に提出するためにも存在している。



壁といえば、孫のあーちゃんは保育園の学芸会「ねずみの嫁入り」で壁の役だったらしい。パートナーを選ぶその対象が太陽だったり、雲だったり、風だったり、そして壁だったりする、とてもシュールなお話。結局パートナーはねずみに戻ってしまう凡庸な展開はいまいちな感じなんだけれども、とりあえず最初に太陽をパートナーに選んだ勇気は評価したい、・・・なんてね。
そう、今日はあーちゃんと妹のふーちゃんもいっしょに遊んだ。もうふたりの孫のハル・マーも短い時間現れて、気持ちのいい笑顔を見せてくれた。彼女たちといっしょに笑っている時間が何よりも素敵だと思う。そんな凡庸さは、・・・・、


やっぱり捨て難い。


P.S.
午後、八丈太鼓の練習を見せてもらって、叩かせてもらった。すごく気持ちのいい太鼓だった。



上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
半世紀前っていうのは四半世紀の間違いです。
tu-ta
2008/02/13 12:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
壁とアート 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる