今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマの勝利演説

<<   作成日時 : 2008/11/18 06:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

少し評判になっていたオバマの勝利演説を遅ればせながら、日本語で読んでみた。
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20081105-05.html

こんな風に始まる

===
シカゴのみなさん、こんばんは。

アメリカは、あらゆることが可能な国です。それを未だに疑う人がいるなら、今夜がその人たちへの答えです。建国の父たちの夢がこの時代にまだ生き続けているかを疑い、この国の民主主義の力を未だに疑う人がいるなら、今晩こそがその人たちへの答えです。

この国が見たこともないほどの大行列が今日、あちこちの学校や教会の周りに伸びていました。並んだ人たちは3時間も4時間も待っていた。人によっては生まれて初めての経験でした。今度こそは違うと信じたから、今度こそ自分たちの声が違う結果を作り出せると信じたから、だからみんな並んだのです。そしてそうやって並んだ人たちが今夜、疑り深い人たちに答えを示したのです。

老いも若きも、金持ちも貧乏人も、そろって答えました。民主党員も共和党員も、黒人も白人も、ヒスパニックもアジア人もアメリカ先住民も、ゲイもストレートも、障害者も障害のない人たちも。アメリカ人はみんなして、答えを出しました。アメリカは今夜、世界中にメッセージを発したのです。私たちはただ単に個人がバラバラに集まっている国だったこともなければ、単なる赤い州と青い州の寄せ集めだったこともないと。私たちは今も、そしてこれから先もずっと、すべての州が一致団結したアメリカ合衆国(United States of America)なのです。

私たちは今まであまりにも長いこと、あれはできないこれはできないと言われてきました。可能性を疑うよう、シニカルに恐れを抱いて疑うように言われ続けてきました。けれども私たちは今夜、アメリカに答えをもらったおかげで、手を伸ばすことができたのです。歴史を自分たちの手に握るため。より良い日々への希望に向けて、自分たちの手で歴史を変えるために。

(以下、略)
===

「黒人も白人も、ヒスパニックもアジア人もアメリカ先住民も、ゲイもストレートも、障害者も障害のない人たちも」という風に多様性を祝福できるところはやはりすごいと思う。その演説のうまさを危惧する声もあるが、いつか日本の首相にも「ゲイもストレートも」と言わせてみたい。


あのウォルデン・ベロはシカゴではないが、オバマの勝利が確実になった時間帯にホワイトハウス前の公園にいて、その雰囲気を伝えている。これも日本語で読める。日刊ベリタ無料記事。

ハネムーンをどのように過ごすのか ウォールデン・ベロー
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200811131336194

ここで、あのウォルデンが個人的なカタルシスだったと伝えている。もちろん、ウォルデンは「そう、真の変革は可能であるという危険な希望」と書くことを忘れないし、オバマが多分ラディカルな変革をもたらすことはないだろう、と書いてはいるが、それでもそこに一縷の希望を見出しているように読める。そう、あのウォルデンでさえ、こんな感慨を持ったという。

「変革、そうだよ、できるよ」っていう単純なメッセージはぼくも好きだ。

次の大統領に決った彼に、歴史を変えるために<<本当の>>変革が必要だということを伝え、それを通して、「何が本当の変革なのか」ということを、みんなが問い返すことができるような取り組みが問われているのかもしれない。米軍が今の形でアフガニスタンに居続けることは本当の変革にはつながらないなず。

そう、オバマがいうように「歴史を自分たちの手に握るため。より良い日々への希望に向けて、自分たちの手で歴史を変えるために」わたしたちにできることはあるはずだ。

「あれはできないこれはできないと言われてきました。可能性を疑うよう、シニカルに恐れを抱いて疑うように言われ続けて」きたけれども、変革は可能、こうじゃない世界、もう一つの世界は実現可能なのだ。

オバマはこの演説で、こんな風にも言っている。
===
今回の金融危機から得たほかでもない教訓というのは、メーン・ストリート(普通の町の中央通り)が苦しんでいるのにウォール・ストリートだけ栄えるなど、そんなことがあってはならないということ。それを忘れずにいましょう。
===

ウォール・ストリートだけが儲かるような仕組みにきっちりとピリオドを打とうじゃないか、と思う。
地域のお金が巨大なショッピングモールを通して、中央に集まるような仕組みを変えなければならない。それぞれの地域のメインストリート、そしてメインストリートだけじゃなくて、地域全体が元気になるような政策が問われている。地域のお金は地域で回し、安心して食べられる地域の旬の食べ物が流通するような仕組みが必要だ。

そのためには、これまでオバマが言ってきた以上のラディカルな変革が必要になる。

戦争に使われるとてつもない金額を、人が生きるために使えばいい。そういう方向転換が必要だということを明らかにしよう。「チェンジ」を言葉だけで終わらせてはいけない。

Yes, we can!!

だよね。


上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
100万人の地球市民からオバマ氏にメッセージを送ろう
アフリカ系アメリカ人として初めて大統領当選という快挙を成し遂げたオバマ氏とアメリカ市民に暖かい祝辞と気候変動や人権や平和に向けての共同作業を呼びかけるメッセージを送ってください。 ...続きを見る
COCCOLITH EARTH WATC...
2008/11/18 16:39
Nスペ「こうして“核”は持ち込まれた〜空母オリスカニの秘密〜」
2008年11月9日に放送されたNHKスペシャルは、かつて日本を拠点に活動していたアメリカ第7艦隊の主力空母を軸に、アメリカの知られざる核戦略の実態と、日米両国の思惑に迫った番組でした。日本政府は、国内向けには非核3原則を掲げながら、アメリカに核持ち込みの有無を確かめようとはしていませんでした。 ...続きを見る
COCCOLITH EARTH WATC...
2008/11/18 16:40
「オバマの勝利演説」へのコメントのお礼
「オバマの勝利演説」 http://tu-ta.at.webry.info/200811/article_18.html をいくつかのMLで宣伝して、3人の人からのコメントと二つのトラックバックをもらいました。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2008/11/19 07:43
経済が縮減し人々が生活に困らないシステムを
今日じゃないけれども、ちょっと前から考えていること。 途中まで、他人が読めるように心がけたが、挫折。途中からは断片的なメモ。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2008/11/27 05:36
『夜明けのオバマ』テッサ・モーリス・スズキ
テッサさんが先日、本屋でもらった岩波の『図書(2009・7)』に『夜明けのオバマ』という短いエッセーを書いていた。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2009/07/22 06:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 「アメリカ合州国の建国」や「建国の父たちの夢」というのは、ネイティヴ・アメリカン(アメリカ先住民)に対する虐殺・侵略・征服の歴史のことだと思うのですが、それが演説冒頭に留保なく肯定的に言及されているのを見ると、いくら「アメリカ先住民」が演説の中に列記されていても、「形だけ書いたにすぎない」と思えます。
 「建国の夢」を持ちだして「アメリカは、あらゆることが可能な国です」とかいわれると、結構怖いです。
ひびの まこと
URL
2008/11/18 16:38
個人で情報発信を試みているものです。オバマ氏が公約の中で世界からの核兵器廃絶に向けての明確なゴール設定を挙げていることに注目しています。僭越ですが、TBを2件送りました。不都合でしたら削除なさってください。
coccolith
URL
2008/11/18 16:56
すでに表明されたGM(って遺伝子組換じゃなくて自動車の)救済とか「ソーシャルな」政策については、どう思われますか?
893
2008/11/19 02:40
3人の方、コメント&TBありがとうございました。
レスポンスは記事にしました。
よかったら、読んでみてください。
tu-ta
2008/11/19 12:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
オバマの勝利演説 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる