今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 縮退への道

<<   作成日時 : 2008/12/09 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、数年前のルモンド・ディプロの縮退に関する記事を紹介した。
http://tu-ta.at.webry.info/200811/article_28.html

こんな感じで経済が「縮退」することを、少なくとも「先進国」と呼ばれる国に住むぼくたちは受け入れることが必要だと思う。ただ、そういう経済の「縮退」が、弱い立場に置かれている人をいじめる構造をなくしていく政策こそが必要なのだ。

経済が「縮退」しても人々が生活に困らないためにどんな政策がありえるのか。その問いに答えるのは容易ではないが、解はないわけではないと思う。


そんなことをこのところ考えていたのだが、そんなとき「日経ビジネスオンライン」で
「広告出稿をやめて、雇用を維持したほうが得策です」
と、本当のことを言える広告マンはいるか?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20081205/179363/
という記事を見かけた。
(確か、「日経ビジネスオンライン」は読むために登録が必要だった記憶がある。)
この記事は連載で、この記事に至るまでの記事と記事へのレスポンスなどもある。

これはぼくにはタイムリーであると同時に、へぇ〜日経でこんな主張もあるかと少し驚いた。

ちょっと紹介すると
===
今日の経済状況下で、広告主に向かって「テレビCMよりも従業員の方々の雇用を守ることのほうが、御社のブランド価値向上のためには得策です」という提案を広告マンはできるのか。

 この問いかけを、広告という産業が今、突きつけられているように思います。

(中略)

どんな苦境にあえぐ企業であっても、生活者とのコミュニケーション回路をすべて閉ざしてしまうのは、大きなリスクです。むしろ、自分たちが何を考え、これからどこへ向かっていくのか、時には「この商品はつくらない」ということを決めることなども含め、生活者ともっと「対話」していくしかない、と感じています。

 その行為にもはや、「広告」という呼び名はふさわしくないのかもしれません。

 広告が進化して、生活者と対話する行為になり、告げない、つくらない、ということまで担うようになる。それこそが、これまたすっかり黴のついた言葉になってしまいましたが「Web2.0時代」の広告なのではないでしょうか。
===

これにコメントを書いたので、ここにも転載する。


==以下、ぼくのコメント==
今日の記事、とても納得のいくものでした。右肩上がりが期待できず、有限な資源の問題も見え始めている現在、必要なことは、欲求から必要への転換だと思います。
企業は欲求を作り出すのではなく、必要なものを生産することにシフトすべきです。雇用を守るためのワークシェアリングも必要になるかもしれません。それには賃下げもあるかもしれませんが、働く側もそのことを甘受する必要があるように思います。

社会的有用生産と社会的有用労働という概念が重要になってくるように感じています。
===

で、このページから「日経ビジネスオンライン」のトップページに移ると「名言・迷言〜日経ビジネス語録」というのがでてきて、こんなことが書いてある。
===
ここまで資本主義が「加速」してしまった今だからこそ、作る喜びを通じた「減速」社会革命の必要性が見えてくる。

武田 徹 恵泉女学園大学 人文学部教授・評論家
===

さすが、恵泉の教員という感じのコメント(誉めてるんです)。


そう、日経もこんなことを記事にせざるをえなくなっている。社会運動の側が「縮退」なり「減速」社会革命なりをどう実現するのかということが問われている。



上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
縮退への道 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる