今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害者自立支援法「改正」案について

<<   作成日時 : 2009/04/07 08:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

障害者自立支援法「改正」案について

障害学のMLで先日書いた
『利用者負担について、応能負担を原則に』
http://tu-ta.at.webry.info/200904/article_1.html
を紹介したところ、

<本当に私たちが求めてきた「応能負担」かどうかは怪しいもので、検討する必要があると思います。>
というレスポンスを旧知のOさんからもらったので、それに対して、以下のレスポンスを書いた。

====
確かにOさんのおっしゃるとおり、中身は相当に怪しいものだとぼくも感じています。(ぼくは読み込んでいないのですが)

しかし、ともかく、あれだけ応益負担にこだわっていた厚生労働省や与党が中身はどうあれ「応能負担」と言わざるを得ないところまで追い込んだのは当事者中心の運動だったのではないでしょうか。

というわけで、中身については、誰か詳しい方に教えてもらえたら、うれしいのですが、・・・
====


これに岡部耕典さんが反応して、少し教えてもらった。転載を許可してくれたので以下を紹介。
(今日のブログのメインはこれです。)
==以下、岡部さんから==
岡部耕典です。

tu-taさん、以下は、あくまで法案の文面のみからの判断ですが、これが支援費制度のときと同様な所得別の自己負担の計算表(居宅介護事業所にかかわったことのある人なら覚えてますよね)を各サービスごとに作ることを意味するならば、少なくとも形式上は旧来のしくみに戻ることになります。

ただ肝心の負担の在り方そのものは、計算表の書き方ひとつでどうにでもなるわけで、現在の「上限付き定率負担」をそのまま計算表にすることも可能だと思います。(かつ、「自己負担は最大限でも100分の10まで」という文言があることからはその可能性大かも、と懸念します)

しかも、これは同時にどのような高所得者でも1割以上の負担とはならないことも意味しているわけで、少なくとも従来の支援費制度の応能負担に比べれば、中高所得者の負担「も」軽減されたしくみとなることは間違いないでしょう。もちろん、だから悪いとはいいませんが、「低所得者への配慮」といいつつ、実際は(応能から応益負担化のもともとの目的のひとつであった)「中高所得者の負担軽減」のほうがまずきっちり担保されているということは押さえておいてよいのではないでしょうか。

いずれ政省令で支援費制度のときのような自己負担計算表がでるはずですから、それと見比べて、そのロジックや負担額の多寡を具体的に比較する必要があると思います。(が、それまでは改正もなにもかも終わってしまうわけで、法の基本的な部分を政省令に委ね最大限行政裁量を担保する方法論もきっちりと踏襲されているということです)
==岡部さんのものここまで==


以下は、それに対するぼくからのおまけのようなレスポンス
====
岡部さん、ありがとうございました。

ま、いずれにしても、まだ国会に提案された段階ですよね。
国会でちゃんと論議され、「法の基本的な部分を政省令に委ね」られないようにして欲しいところですが、そのあたりのことも運動側がちゃんと主張していかなければならないことだと思います。

国会がこういうことをていねいに議論して、本当に必要な制度を作るための場になっているかどうか、とても疑わしい感じはするのですが、現状ではそこで議論して決められることになっているのですから、ちゃんとした議論をして欲しいと思います。

そのためにも、当事者の声を聞く場などをもっと国会にもっとたくさん作るべきなのかもしれません。

ともあれ、当事者を中心とする多くの人が現行の制度に対してNO!という声を上げ続けて、向こう側もかたくなに「応益負担」という制度を維持するという立場を少なくとも表面的には下げざるをえなくなったわけですから、「応能負担」という名目に恥じない制度を作れという声を上げていくことが必要になっているのだと思います。



障害学はその出自から当事者運動とは切っても切れない関係にあるはずで、こういうときこそ、従来のアカデミアの世界とは違う、現状を変革するためにコミットする「学」としての役割を果たしてもらいたいと、市井の人としては思ったりするわけです。



ぼくとしては、国会の議論の中で、就労にかかわる矛盾や制度の問題もちゃんと議論して欲しいと思うのですが、・・・・いろいろ難しそうだなぁとも感じています。
===ここまで===


ところで、この厚生労働省が第171回国会に提出した法律案について、それぞれの政党はどう対応しこうとしているのだろう。詳しい人に教えて欲しい。





上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
障害者自立支援法「改正」案について 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる