今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS ティク・ナット・ハンとFX投資

<<   作成日時 : 2009/04/11 04:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

びっくりした。

さっきのブログで紹介した
ティク・ナット・ハンの『この瞬間がすべての幸福』(サンガ 2007年)。
この本のことを紹介している人を検索で探していたら、この本の翻訳者、星 飛雄馬さんのブログが出てきた。(すごい名前!ペンネームか本名かぼくは知りませんが)
彼の自己紹介は以下
http://d.hatena.ne.jp/Huma/about

ぼくが驚いたのは彼が仏教と投資を結びつけて、投資を推奨していること。
http://d.hatena.ne.jp/Huma/20090321#p1

こんなことが書いてある。
===
気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧

* 作者: 新田ヒカル
* 出版社/メーカー: サンガ
* 発売日: 2009/03/25
* メディア: 単行本(ソフトカバー)

雑誌『FX攻略.com』の連載も人気の投資家、新田ヒカル氏の新刊です。
サイト管理人も、一部編集に参加させていただきました。
本書の特徴は、ブッダの教えを投資に応用したということ。
そう聞くと、ほとんどのかたが
「えっ? お釈迦さまの教えと投資に何の関係が?」
と思われるかもしれません。
本書で語られている投資は、一般的な株式投資などに限られたものではなく、人生設計全般に関わってくるもの。

今後、日本の経済成長が高まることがなかなか見込めないなかで、いかに財産を守り、明るく健康的な生活をおくるかがメインテーマです。

(パワーハラスメント、ワーキングプア、年金崩壊などの渦中にあっては、なかなか心穏やかにすごすことはできませんからね)

では、具体的にどのように投資をおこなっていけばいいのか?

本書で紹介されているのは、人間の心の三毒、ローバ(欲)、ドーサ(怒り)、モーハ(無知)を克服することにより、誤った行為をおこなうことを防ぐというものです。
==以下略==



で、以下のようなコメントを残させてもらったので、ここにもメモしておこうと思う。
====
「ブッダの教え」と「投資」、どうしても結びつきません。

投資って基本的にはマネーゲームでお金を増やす話だと思うのですが、そして、投資に手を出しているほとんどの人は必要以上のお金を得るために、欲望をエンジンとして動いているように思います。もっと言ってしまえば、貪欲に近いものを感じたりもします。

そのことと仏教、とりわけティク・ナット・ハンの教えとがぼくにはどうしても結びつきません。

仏教のこともティク・ナット・ハンのこともあまり詳しくはないので、教えてもらえたら幸いです。
===


いろんな人がいるものだと思う。

ほんとにびっくりした。
何もものを作り出さないで、右から左にお金を動かすことで利益をえる「投資」とティク・ナット・ハンは対極にあるというようなイメージがあったから。


今回の危機でも、ダメージは最初に弱いものを襲った。
マネーゲームで莫大な利益を得ていた人たちが痛い目にあうのではなく、新自由主義改革が拡大させた不安定就労の人たちが、これまた新自由主義改革が壊したセーフティーネットがなくなったところで苦しめられている。


そういう欲望が欲望を生み出すような社会を変えないで、さらに投資を促すようなこととティク・ナット・ハンがどうしても結びつかないのだけれども、・・・。レスポンスがあったら、また考えてみようと思う。





上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『この瞬間がすべての幸福』翻訳者の方からのコメント
先日、『ティク・ナット・ハンとFX投資』 http://tu-ta.at.webry.info/200904/article_5.html で、驚いてコメントを書いた話を紹介した。 さっそく、その翻訳者の方からのコメントをもらった。 (詳しくは当該記事のコメント欄を見てください) http://d.hatena.ne.jp/Huma/20090321#c ...続きを見る
今日、考えたこと
2009/04/12 12:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これはびっくりですね。
「いかに財産を守り、明るく健康的な生活をおくるか」「心穏やかにすごす」という目的のために仏教を学ぶと
こういうことにもなるんでしょうか。
FXなんて、働かずして金を得てそれが社会のためになるわけでもなくどこか見えないところにしわよせをやる、究極の「欲」のような気がしますが、そうしたシステムを考慮せず心を平静にしてとりくめば、仏教の教えにかなったことのような気がしてしまうのでしょうか。

「生き方」のことばかりでなく「システム」の理解がとても重要なんだなあと思うけれど、FXをする人はいつも資本主義のシステムのことを考えているだろうし、システムのことをテクニカルに考えるのでなく、現実にそれが引き起こしている問題を知り、システムから身を離して「異化」し本質的な違和感や疑問を持たなければ意味がないことがよくわかりました。
僕が最近問題にしていた自己啓発メソッドの問題にもつながる、とても恐ろしい話だなあと思います。
ココペリ
2009/04/11 11:53
ココペリさん、コメントありがと。
彼のガーター集を翻訳してる人とFXの結びつき、ほんとにびっくりでした。

ティク・ナット・ハンはけっこう好きな人なので、なおさら。

tu-ta
2009/04/12 11:44
はじめまして。ティク・ナット・ハン氏の本を読み、
感動して、ネットで検索しているうちたどり着きました。正直言って、あの翻訳者の方のコメントを見て、
たいへんがっかりしました。
私の意見は、tu-taさんの意見とほぼ同じです。
意見が違っていても別にいいですし、他人が投資をしても別にかまいませんが・・tu-taさんの冷静なコメントに対して、「投資の事を何も知らないくせに、お前と話したって議論にならない」的な、攻撃的な返事をする方でしたね。素人にはわかりにくい言葉をやたらと並べてみていますが、たぶんこの方も経済or金融の知識は素人レベルで、煙に巻こうとしているだけなのは、よくわかります。
というか、tu-taさんが意見を求めているのはそんな事じゃないはずです。
「小さな子供が水汲みをしなくてはならない」のは、
経済成長が低いせいじゃないんです。あまりの知識のなさにびっくりです。
これ以上否定的な事を書くと、かえってご迷惑ですね、
すいません。
ほんとにがっかりして、思わずコメントしてしまいました。

kana
2009/06/11 02:05
kanaさま
コメント、ありがとうございました。

否定的なことを書くことについて
なかなか難しい問題も含んでいますが、ぼくは意見の違いを違いとして明確にすることは悪いことではないと思っています。どうしても、それが意見の違いの表明に終わらないで、人格攻撃になってしまういがちなのが、世の常で、そのあたりは自戒しなくちゃと思いながらも、ぼくもときどきやってしまいます。

そして、「肯定的なことをいうべき」というある種の文化に違和感を感じることもあります。だめなことはだめなんだから、否定的なことをもっとポジティブに表現していきたいとも思うのです(笑)。

tu-ta
2009/06/11 03:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
ティク・ナット・ハンとFX投資 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる