今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『経済成長という病』読書メモ

<<   作成日時 : 2009/07/27 02:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 3

大田区の町工場出身の平川克美さんの著書。彼のブログをいつからか読むようになった。これけっこう好き。
http://www.radiodays.jp/blog/hirakawa/

表題の本(2009)は、すっきりした装丁に変った講談社現代新書の1冊。ぼくは講談社現代新書のクリーム色の字の多い装丁が変ったことにいま、気がついた。そういえば、ずいぶん前からあの装丁は見なくなっている。

さて、中身の話。

いろいろ同意できないところもあるが、以下の時代認識には深く同意する。
世紀末から2008年までの10年を以下のように表現している。

「この10年間とは、戦後から継続してきた経済発展至上主義が行き詰まりを起こして、新たな価値観による世界の設計(それが何かはまだ明確ではない)へ至るまでの移行期的な混乱であり、後の時代にターニングポイントとして記憶されることになるであろう出来事がちりばめられている。私たちはまさに、時代のパラダイムの転換に立ち会っている」

同意できないのは例えば41ページの「フェミニズム」の例
米国が自らを正当化するための「擬制」を必要とする、という文脈のなかで、その擬制を補完するための自由もチャンスも平和も、その社会の根本に、原理的に欠けているがゆえに、その欠落を隠蔽するために設えられた「正義」だという。これは理解できる。しかし、その文脈で「フェミニズム」が女性蔑視の裏返しだという主張は少し違うように思う。


また、小さな話だがコンビに弁当の16万キロの旅の話(おかずの材料などのフードマイルの計)、ここでその説明として、「食品が世界中を回る輸送費を補って余りある利益」という話が出てくるが、確かに利益が出るから遠い外国から食べ物が運ばれるのだが、なぜそうなるのか。そこにはここに上げられているような絶望的な貧富の不均衡がまずあるのだが、モノカルチャーや一次産品を遠距離動かして利益を得るシステムが存在していること。その遠距離の移動が見えない補助金に支えられていること。国際貿易を推進する多国籍企業や商社に隠された補助金が支払われていることもまた問題にされるべきだろう。

また、205ページには「都市化に向かう進展は自然過程」だとあるが、本当にそうなのだろうか。この都市へ都市へと向かう流れも、意図的に作り出されているのではないかと思える。確かにある程度までの快適で清潔な生活に向かう欲望を否定することはできない。しかし、それは「都市化に向かう進展」とは別の問題として考えられるのではないか。

食うことが困難な地域から、食えそうに思える場所に人が向かうのは、ある意味自然な流れだといえるかもしれないが、いままで食えていた地域を食えない地域に変えたシステムが存在するのではないか。歴史を超えるくらいすごく長い期間を持続可能な暮らしが成立していたのに、どうして都市へ向かう流れが、その長い期間から見たら、ほんの一瞬のような時間で生まれてしまったのか。それもまた「経済成長という病」の影響なのではないかと思う。そのあたりの認識について、平川さんがどう考えているかを聞きたいところではある。


で、いくつかの違和感を書いたが、大筋でここに書いたあることはそうだと思う。


この本の63〜4pに紹介されている 『経済成長神話からの脱却』という本のことをぼくは知らなかったので、ちょっとグーグルにのせてみた。

すごく興味深いやりとりがでてきた。
この本を読んだ中川村長の曽我逸郎さんと中川村職員労働組合 執行委員長のやりとり。
この村長が委員長 小林好彦さんに手紙を送っている。
http://www.vill.nakagawa.nagano.jp/intro/v_chief/016_20070803.html
===
 『経済成長神話からの脱却』を読んだ後、ふと思いついた。役場職員の給料と労働時間を2/3にして、職員数1.5倍にしたらどうなるか。余暇が増えれば、地域の活動や農業やそれぞれ自分のテーマに使える時間が増えて、職員の幸福度は上がるのだろうか? 少子・高齢化で活力を失いつつある村の各地区や、後継者不足に悩む村の農業には、いい効果があるだろう。役場職員労組委員長に意見を聞いてみた。
===
というのだ。

この村長、すごく面白い。去年の村長からのメッセージには
===
 5月3日、『自由と生存のメーデー2008 プレカリアートは増殖/連結する』に参加してきた。大変楽しかった。
===
とある。ベーシックインカムに言及している。

へぇ〜、こんな村長もいるっていう感じだ。
ついついHPの村長からのメッセージを読んでしまった。
この話はまた書こう。


で、本の話に戻る。『経済成長神話からの脱却』が必要だという話はいろんなところでさまざまな人がすでにしている話ではある。ラミスさんがあの長いタイトルの本をだしたのもけっこう前だ。

いまさら、という話ではあるが、経済成長神話は根強いので、繰り返し、こういう本が出される必要があるのだと思う。

で、問題が整理されてわかりやすく提示されている部分を少し抜き出す。
====
 多様な労働。しかし、労働=生産の形態は、本来多様でもなければ、自由うに選択したり交換したりすることができるわけでもない。(中略)多様な働き方というような言い方は、ほんとうは労働力を、商品のように欲しいときに欲しい量だけ自由に使いまわしたいと考えているものが振りまいた虚構でしかないと疑ってみる必要がある。
 多様性。国際性。市場性。実効性。自己責任。自己実現。これらは一連のマインドセットであり、グローバル化する世界の中で、市場競争に打ち勝つために必要な経済合理性を担保する思考方法を構成する特徴的なワーディングなのである。 94p
====

====
 寒い冬の時代(いや寒い夏もだ)に死なずに生きてゆくために、動物と、その社会にとって必要なものはなんなのかと考えてみる。ひとつは、個体そのものの耐性力をつけることであり、もうひとつは生存のための行動の優先順位を間違えないことである(パンを分かち合うことは、社会にとってもっとも効果的かつ美しい防衛策だが、現在は誰もそれをしようとは思わないだろうし、実際にそのような互酬的な社会は当分の間は再来しないだろう)。
 ひとはしばしば、生存よりは、現在の生活を維持し、向上させることを最優先に行動する。そして少ないパンを奪い合うための効率のよい生き方を選ぼうとする。しかし、後退戦を戦うには・・・
 今、苦しい中小・零細企業の経営者に仲間の一人として言いたいことはひとつである。自社の苦難を分割せよ。そうすれば、・・・
 そして、いまやれること、やるべきことを点検し、組織の、最低限の生存ラインを確保せよ。・・・・
====

これって、ひとつのサブシステンス志向なのではないかと思う。


それから考えさせられたのは194〜5pの派遣村をきっかけとする議論。平川さんは「この問題を考えるためには、企業とは何であり、社会のなかでどのような役割を果たすべきなのかというところまで思考のリーチを伸ばす必要がある」と書く。その上で、短期的な利潤確保のために労働力の商品化をどんどん進めることが、企業にも市場にもよくないと主張する。そして、企業はそもそも利潤獲得のために利己的なふるまいをする生き物なのだから、「利潤獲得のための利己的な行動と、労働者の利益が協同するシステムを見つけ出さなければならない。そして、そのために経営者も労働者も、同じ企業社会という生態系の中で生きているという論理を作り上げることができるかどうかが、いま問われていることなのである」と主張する。 195p

この、問題提起がすごく面白かった。

確かに「利潤獲得のための利己的な行動と、労働者の利益が協同するシステムを見つけ出」せればいいと思う。そして、現状は「企業社会という生態系の中で生きている」のだけれども、その中で生きるという以外の選択肢も含めて考えたいと思う。資本主義の枠の中でそういうことが可能なのかどうか。それが可能なら、それを資本主義と呼ぶかどうか、いまのところ、ぼくにはわからない。
ただ、市場というシステムはそれなりに便利なものではあると思うので、市場至上主義にならない限りは使うことになるのだと思う。だとしたら、企業も必要だろう。そういう中で「利潤獲得のための利己的な行動と、労働者の利益が協同するシステムを見つけ出」すことは必要といえるかもしれない。野放しの資本主義の問題については、この本の中にも枚挙に暇がない。

山之内=ヴェーバーにならって、別の世界像のもとに世界が動くことが可能であるなら、企業を「企業はそもそも利潤獲得のために利己的なふるまいをする生き物」という風に規定することがどうなのか、という問いも残る。


そんなこんなを考えさせられるいい本だったと思う。

あとがきにはこんな風に書いてある。
===
 私たちの身の回りに日々起きている事件を見ていると、・・・どこかでつながっており、ひとつひとつの事件は、そのつながりの端緒を探り出してほしいと叫んでいるように思える。
 端的に言って、そのつながりの端緒とは、ごく身近なところに存在しているが見落としているものである。それは、私たちが作り出してきたこの世界のシステムに、私たち自身がからめとられ、窒息している姿そのもののうちに潜んでいる。それが何であるのかを性急に名指すのはやめよう。貧困とか、差別とか、あるいは社会制度のひずみといった言葉で名指せば、その瞬間につながりそのものが、それを掴みかけていた掌からこぼれ落ちてしまうからである。
===

この思わせぶりな書き方は、どうかなぁと思わないでもないが、なんとなく言いたいことはわかるような気もするし、煙に巻かれてているようにも思う。

生存を阻む貧困はなくさなければならないだろうし(貧乏はいいかもしれないけど)、差別は許してはいけないし、社会制度のひずみは直さなければならない、その努力を抜きにして、何かが存在しえるとは思えない。

ぼくなら、そのことをもっと声高に主張するだろう。

「経済成長という病」にもっと多くの人が気づくべきだ。そのことと、このつながりの端緒は重ねられなければならない。そのあたりのことは、他で書かれているように、もっとストレートに書かれてもいいんじゃないかとぼくは思うんですが、どうでしょう、平川さん。







せられて、上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラトゥーシュさん来日にあたって、数分で抜き出したもの
attac-jp(首都圏)のMLで、フランスの縮退派の頭目ともいえるラトゥーシュさんの来日の話題がでていたので、いままで書いたのを、数分でまとめてみた。抜けてるのも多いと思う。 で、以下、転載 ...続きを見る
今日、考えたこと
2010/06/25 18:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
問題は具体的・政策的にどう道筋をつけるかだと思います。実際、統治者だって現在の行き詰まりは十二分に感じているわけで、メディアの表向きの報道はあくまで信用偽装とわかって演じられてることですし。
現実局面においては今後の日本経済は中国の需要頼み、それでも成長なんてあり得ないわけですから、あとは階級社会的現状のなかでどう配分するかということが優先課題であるべきではないかと。
やかん
2009/07/28 18:18
やかんさま
コメントありがとうございます。

「具体的にどう道筋をつけるか」というのはその通りだと思います。ただ、「統治者だって現在の行き詰まりは十二分に感じている」のかどうか、あやしい感じもします。なすすべを持たないので、見ない振りをしているうちに感じなくなったということはありそうですが。

配分の見直しは必要だと思うのですが、それをどう実現できるのか。そこでも具体的な道筋が必要ですね。

民主党への政権交代の後、民主党への失望、そこで何を具体的に何をどのように提案できるのか、ということかと思います。
tu-ta
2009/07/31 06:55
統治者という曖昧な言い方をしてしまいましたが、こないだの危機を見るまでもなく、金融資本は信用(偽装)の世界ですから、ネオリベ経済専門誌の行間を読めばいかに危機的かというメッセージは共有されてるかと。

配分の見直しはひとまず年功賃金をやめることではないでしょうか。それこそまさに成長を前提とした制度ですし、年金制度の抜本的見直しも喫緊の課題です。といっても能力主義にしろとか、職務給にしろとか八代氏のようなことが言いたいわけでは全くなく、成長と配分は不可分な問題ですし、tu-taさんの見解もお伺いできればと思いました。
オルタナティブの論議ってオルタナティブといいつつオルタナティブを導くための「具体的な」道筋をすっ飛ばしがちなのは根本的な欠陥でもっと深刻に受け止められるべきかと。最近つらつらと考えてます。
やかん
2009/08/01 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
『経済成長という病』読書メモ 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる