今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS はたして、ほんとうにそうか。

<<   作成日時 : 2009/08/31 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

障害学会のアナウンスを見て、気になった発表。
http://www.arsvi.com/ds/jsds2009.htm

9月27日(日)□1300〜1440 一般報告(演壇)(4報告・1報告25分→100分)
====
■S14
 野崎 泰伸(立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェロー)
 「ディアスポラとしての障害――障害はないにこしたことはないか、への1つの視座」
 第1希望:A 第2希望:B

  何らかの特定の社会的属性を――それが明示的でも暗示的でも――称揚することによって、人間の存在を肯定しようとする立場がある。この立場を属性主義と呼ぶことにしよう。私は本発表において、この属性主義は不要であり、個人の存在、その人が在ることを肯定すればよいことを主張する。私の議論においては、その人の社会的属性は否定されないが、属性主義は否定されるのである。
  「その人が在ることを肯定する」ということは、人間が存在することの基盤を、社会的属性にではなく、単に「その人が存在する」ことに求めよう、と言っていることになる。このことは、属性そのものが不要であることを意味するわけではない。属性を、属性主義とは無縁なものに転轍する必要があるということである。それは、「属性によって人間が存在することの承認を、もう求めなくてもよい」という可能性へと開いてゆく。だとしても、そのことは社会的な属性による紐帯も否定するものでもない。否定されるべきは、「同じ属性であるからこそ共同性が立ちあげられるべきである」という属性主義である。属性主義への抵抗は、同じ属性であることによってその存在が承認されるという論理、つまり人間存在の基盤としての共同性を立ち上げるべきだという回路を批判するものなのである。その意味において、属性主義に対抗するのはディアスポラ性であるといえよう。
 こうした議論は、「障害はないにこしたことはないか」という疑問に側面から答えるものとしても読める。障害という社会的属性は、障害者という人間存在にまとわりつくものではあるが、そのことと、障害によって障害者の存在の価値づけを行うことは論理的には別のことである。このことは、論理的には別のことであるにもかかわらず、両者をつなげてしまう現実の力学が、存在はするがそれは不当であることをも示す。
====

これを読んで感じたことを以下。


 何を社会的属性と呼ぶのかというところが微妙なのだが、・・・。単純化してしまうと、「障害」という社会的ゆえに差別されることがあるのだから、その社会的属性によって称揚するものやめちゃおうってことなのだろうか?
  
 そんなことできるかなぁと思う。たとえば、「立岩さん(仮称)はいい人だよね」と称揚されたりすることは、あたりまえのこととして流通している。例えば、立岩さん(仮称)がいい人という他に褒めようがない場合、「彼がいい人」であることを称揚するだろう。そのことから、「彼が存在してることは悪くないよね」という話になることもあるかもしれない。そういうあり方が不要ということだと理解していいのだろうか?
  
 ふと思う、この「称揚」っていうのが味噌なのか。安直にヤフーにいってみる。
===
大辞泉 (JapanKnowledge)
1. しょう‐よう【称揚/賞揚】
[名](スル)ほめたたえること。称賛。「善行を―する」[類語] 褒める ===
予想していたのと、そんなに違わない字義がでてきた。

属性だけに注目して、肯定的な属性がなければ称揚されないということを否定したい気持ちはわかる。そうじゃなくて、存在そのものが肯定されるべきだという問題の立て方もわかる(つもりだ)。

だけど、何か自分が努力して身に付けた社会的属性があり、そのことが自らのアイデンティティを形成し、自らの存在証明になっていることというのは珍しくないだろう。自分が身に付けた社会的属性をまず自らが、そして他者が称揚し、そのことによって、人間の存在を肯定しようとする立場を果たして、否定することができるだろうか、と思う。

なにか、なけなしの社会的属性にかけて、それを自分の存在の根拠にしてるってことは、たくさんあると思う。それをそんなにむげには出来ないという感じがする。

それは「存在それ自体が肯定されること」と両立不可能なことだろうか。
そんな違和感を感じた。

 だけど、とにかく、そんなことを含めて、すごく触発される「報告要旨」だった。

京都に行って、そんな話も聞いてみたいなぁとは思うが、京都は遠いなぁ。



上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
野崎さんの報告について 追記
野崎さんの報告要旨を読んで、触発されるものがあったので、あわてて忘れないようにメモを書いたのが 「はたして、ほんとうにそうか。」 http://tu-ta.at.webry.info/200908/article_18.html なんだけど、確かにあわてて書いたメモだけのことはあり、あまりにも穴が多いような気がしたので、少し補足追記。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2009/09/01 04:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
はたして、ほんとうにそうか。 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる