今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新参探偵、ボツワナを騒がす」メモ

<<   作成日時 : 2009/11/08 04:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

新参探偵、ボツワナを騒がす
ミス・ラモツエの事件簿4

シリーズ4作目、図書館で借りて読んだ。

ボツワナの女性探偵、マ・ラモツエのシリーズ。

あいかわらず、いい。
今回も血なまぐさい事件はない。マ・マモツエもマ・マクチもいい味を出している。いつものように、ゆったりしたペースで素朴な事件が描かれ、できるだけ人を傷つけない解決がめざされる。

次はいつでるのかな。楽しみだ。
すごく好きなシリーズなので、もっともっと出て欲しいと思う。
(買わなきゃダメか)
このシリーズ、原作はすでに10作出ているという。



いつもながら、本題と外れて気になったところをメモ

以下、ネタバレがあります。


「いま国じゅうに蔓延している例の病気」で死んだ母親の子どもをひきとって育てている祖母が、その子のことを以下のようにいう。
==
「医者はいずれあの子も発病すると言っています。あの子は長く生きられない。・・・」
==

その後、その子の養育費用を誰かが払うことになるのだが、それでも、その子の命は短いものとして語られている。ここにぼくはひっかかる。「北」の世界では、ボツワナなどの「国じゅうに蔓延している例の病気」は、すでにほとんど死に至る病ではなくなっている。薬でコントロールできると言われている。「南」の国の多くの地域では、そのような薬はまだまだ高価で、継続して手に入れることは困難で、その病はいまでも死に至る病だといわれる。その薬の特許を製薬会社が手放し、他の会社でも製造できるようになれば、もっと安価になるといわれてきて、そのような取り組みも進んでいるのだが、現状はどうなっているのだろう。(この原作が書かれたのは2002年だが今は少しは良くなったのだろうか)



そのあたりの話を詳しく知りたい人には 林 達雄さんの
===
エイズとの闘い 世界を変えた人々の声 (岩波ブックレット (No.654))
===
にあったはず。(いま、手元にないので確認できない)

amazonのカスタマーレビューにはこんな紹介もある。以下、部分引用。
===
2枚のこどもの写真からこの本ははじまる。
ひとりはブラジルの、ひとりはアフリカの子どもである。
同じエイズという病気にありながらひとりは生に希望をもち、ひとりはホスピスで静かに死を待っている。
===


いまは参議院議員の川田龍平さんもそのあたりのことをどこかに書いていたようなおぼろげな記憶。


P.S.
下の楽天ブックは単に紹介のためにつけただけです。
ここで買わないで、購入するときは
http://www.arsvi.com/
のアフィリエイトを使ってください。
http://www.arsvi.com/b/a.htm
に説明があります。


3人くらいの人が読んだ後での追記

「いま国じゅうに蔓延している例の病気」が良くならない原因は薬だけではないだろう。日常的な栄養状態や衛生状態も関係しているかも知れない。そう、貧困がその背景にある。そして、その貧困は構造的に作られている。南の社会運動と北の社会運動がその構造を壊していく展望を、もっと具体的にしていく必要があるのだと思う。



せられて、上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ




新参探偵、ボツワナを騒がす
楽天ブックス
ヴィレッジブックス 著者:アレグザンダー・マッコール・スミス/小林浩子出版社:ヴィレッジブックスサイ

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「「新参探偵、ボツワナを騒がす」メモ」について
「「新参探偵、ボツワナを騒がす」メモ」について この国での「いま国じゅうに蔓延している例の病気」の件ですが、2年前までボツワナにいたひとに、少し詳しい説明をしてもらいました。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2009/11/18 02:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
「新参探偵、ボツワナを騒がす」メモ 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる