今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS THE POWER OF LESS

<<   作成日時 : 2010/03/19 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

仕事に終わりツイッターみたいなネットガジェットに時間をとられて本が読めないのはよくないなぁと思いつつ、そんな状況になる前に読んだ本。図書館に返す前に少しだけメモと思って、書き始めた。

1、「減らす技術」

英語のタイトルがTHE POWER OF LESS
英語のタイトルがいいと思う。でもLESSを日本語にするのは難しい。。

連れが図書館で借りてきた本。つい気になって横取りして読んだ。いろんなことを減らすのはいいと思う。

しかし、この本、徹頭徹尾、個人にかかわることしか書いていない。
とりわけ、いわゆる先進国と呼ばれている国では社会として増えることがいいことだと思われている傾向があり、社会全体として「減らす」ということが問われているのだと思う。

まず、GDPを減らして、それでも貧しい人が生活に困らないという方向に方向転換を図ってほしい。
戦争を減らす、軍事費を減らす、核兵器を減らす、軍隊を減らす、そのために近隣の国とけんかしない、友好的な関係をつくる、とかいうのもやってほしい。戦争も軍事費も核兵器も軍隊もゼロまで減らして欲しい。



とはいうものの、個人的に減らすべきことがたくさんあるのも確かだ。

「シンプル・イズ・ベスト」と書かれている。

「シンプル」とはやることそのものを減らすこと

で、ステップ1 大切なことを見極める
  ステップ2 それ以外のものを取りのぞく

書いてあることは理解できるし、「そうだ」とさえ思うんだけど、あんまり大切じゃなさそうなこともなかなか捨てられないんだよな、これが。

大切なことと、そうでもないことを切り分けて、大切なことに集中すれば、という提案はもっともだけど、なかなかこれができない。

「これだけで毎日が楽しくなり、ストレスが減り、今までよりずっと生産的になれる」と書かれている。「生産的」って言葉にひっかかる。
THE POWER OF LESS じゃないじゃないか、とつっこんでみたり。ま、投入を小さくするというのはいいことだ。


で、減らすためのコツのようなものがたくさん書かれている。

ひとつずつ達成すること。
常に具体的なゴールはひとつ。

「制限を設けて、本質に迫ることだけに集中」するという。

そのための6つの原則
1、制限する
2、本質に迫ることだけを選ぶ
3、シンプルにする
4、集中する
5、習慣化する
6、小さくはじめる

んなことできるか、と思うが、本文でそれぞれの項目について書かれている。

はじめにの結語にはこんなことが
===
「増やすこと」を追い求める生き方をやめ「減らすこと」に取り組めば、人生が変わる。これが本書のコンセプトだ。
 しかし、決して抽象的な本ではない。実際に使えるテクニックを数々紹介している。・・・
===

だけど、本質的じゃない無駄だと思えることをなくす生き方っていうのも息苦しそうだなぁ、とも思う。

具体的にはPCをネットから外す時間を増やすとか、メールチェックの回数を減らすとかいうのは、「そうか」と思った。
それから、ネットが必要な用事を思い出したら、メモだけとってあとでまとめてやる、っていうのも有効かも。で、机をかたずけるのはずっと懸案。まずできるだけ捨てる、人に渡す。スキャナを使うのもいいかも。どうしても紙が必要なものはそんなになさそうだ。




それから、「生産性だけ上げても意味がない」という項目があり、気になってチェックしてみた。
問題は何の生産性を上げるか。生産性を上げて無駄なことをたくさんやってもダメじゃん、という話だった。生産性があがったら、お金のために働く時間を減らしていくっていう風なことが必要なんだろうなと思う。


いろいろメモしたいようなことがないわけではないが、「本質に迫ること」を見極める9つの筆問っていうのだけメモしておこう。ちょっとだけ改変

1、どんなことに価値を感じているか?
 これだけは思い入れが、とか人生のポリシーとか、自分の価値観をしっかりと自覚できれば、それがすべての軸

2、どんなゴールをめざすか?
  人生で、この1年で、今月中に、今日中に
  だけど、なんかゴールをめざすリニアな生き方ってやだなと思う。

3、心から好きなものは?
  「これなしにはやっていけない」と思うものは?  いっしょにいたい人は?夢中になれることは?

4、何が大切なの?
  キャリアや人生で大切なものをリストアップしようというのだが、キャリアが大切だとは思えないな

5、もっともインパクトが大きいことは?
  ここでもキャリアがでてくる。
  キャリアか人生に「一番大きな変化を生み出すものはどれか。
  キャリアを辞書で調べてみた。キャリア【career】1 職業・技能上の経験。経歴。「―を積む」「―不足」
  やっぱり、ぼくにはそれがいちばん大事なことにかかわるとは思えない。
  で、キャリアを外して人生に「一番大きな変化を生み出すものはどれかって聞かれても、それは難しいな。

6、長期的にインパクトがあることは?

7、それは「必要」なのか「欲しいもの」なのか
  永六輔が親(たぶん坊主)から同じことを言われたとラジオで言ってた

8、「本質に迫らない」ことは何
  そう思えることを削れ

9、まだ減らせることはないか
  いらないと思えることをどんどん減らして、それでもまだ減らせることはないか探せ


しかし、「本質に迫る」ってもとはどんな英語なんだろう。これって、訳のされかたで印象が違いそうだ。
別に本質主義者になれってことじゃないと思うし。本質なんてない。関係性のなかですべては規定される。



というようなことを書いて、さらに読書メモを書くために読み返していたら、なんか、図書館に返した後に、もう一度、読み返したいな、買ってみようかなという気になってきた。

まずい、また増やしてる。




せられて、上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
THE POWER OF LESS 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる