今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「肥満と飢餓」紹介

<<   作成日時 : 2010/10/06 04:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

読みかけの本だけど紹介。
この本のチラシがあるのに、このテキスト全文がWebサイトにない。載せればいいと思うぞ>作品社

とりあえず読んだメモじゃなくて、紹介っていうか宣伝みたいなもの。
もっと読まれるべきだと思う。


しょうがないからWebで見つからない部分のチラシの文章はタイプしよう。
以下チラシから大部分転載。(一部はWebから、一部はぼくがチラシを見てタイプ)
===
肥満と飢餓
世界フード・ビジネスの不幸のシステム

ラジ・パテル
佐久間智子訳

本体2,600円
ISBN 978-4-86182-290-2 発行2010.8

なぜ世界で10億人が飢え、10億人が肥満に苦しむのか?


 世界の農民と消費者を不幸にするグローバル・フードシステムの実態と全貌を明らかにし、南北を越えて世界中で絶賛された名著。

 現在、地球上では、歴史上かつてないほど大量の食料が生産されていながら、飢餓人口が急増し、10億以上の人々が死に瀕している。その一方で、肥満が貧困層を中心に増加し、10億以上の人々が太り過ぎによって健康を害している。

 なぜ世界で、肥満と飢餓が、同時進行で拡大しているのか? それは、この両極端の原因は、ともに食料生産から消費をつなぐグローバル・フードシステムにあるからである。

 本書は、世界銀行・世界貿易機関などでエコノミストとして食料政策に関わった著者ラジ・パテルが、南側諸国の崩壊する農村の現状――自殺したり肝臓を売って生き延びているインドの農民たち、ブラジルの先住民を追い出して耕作される大豆畑、抗議の自殺をした韓国の農民――から、先進国の消費者の食生活の現状――ファストフードやスーパーマーケットの実態、いかに食生活が操作され、肥満が社会的につくられているか――までを、自らが実地で調査することによって、世界フード・ビジネスによる見えざるシステムの実態と全貌を明らかにしたものである。

 グローバル・フードシステムをめぐって、現在、世界で何が起きているのか? これからの食料はどうなるのか? そして私たちは何をすべきなのか? 本書は、南北を越えて、世界中で名著として絶賛された一冊である。




食料をめぐる政治、グローバル経済と社会正義、そして私たちの生き方。食べ物を通して、世界の差し迫った課題を明確に見せてくれる。――「ガーディアン」紙

これほど素晴らしい傑作には、めったに出会えない。正義に飢える世界への、幅広い見識が生み出した贈り物である――ナオミ・クライン

===転載ここまで===


結語近くからちょっとだけ引用
====
預言者や指導者、あるいはスーパーマーケットに依存していては、私たちが自分で選択を下し、自分が参加するシステムを創造することはできない。私たちは、行動することで、あるいは既存のシステムから距離を置くことで、選択とシステムを取り戻すことができる。・・・・・、私たちは変革の一翼を担っている。386p
====


訳者の佐久間さんによる日本語版解説「日本におけるフードシステム―米国の対日戦略、食のグローバル化と日本の食料政策」収録されてます。







肥満と飢餓
楽天ブックス
商品副データ世界フード・ビジネスの不幸のシステムラジ・パテル/佐久間智子作品社この著者の新着メールを

楽天市場 by 肥満と飢餓 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
世界食糧デー:飢餓人口9億2500万人〜“金貸し”が世界の格差を拡大し貧困と飢餓を創り出している
10月16日は世界食糧デーだったそうだ。世界の飢餓人口は、2009年に10億人を突破したが、2010年には... ...続きを見る
にほん民族解放戦線^o^
2010/10/26 04:13
『肥満と飢餓』メモ
ずっと前に http://tu-ta.at.webry.info/201010/article_2.html に紹介を書いた。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2011/12/31 05:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今のままでは先行き、世界は立ち行かないことは明らかです。

かちねっと(葛飾地域作りネットワーク)にコピペで
この本を紹介しても宜しいでしょうか?
Double Eagle
2012/02/03 17:02
返事が遅れてごめんなさい。
どうぞ、自由に使ってください。
tu-ta
2012/02/04 06:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
「肥満と飢餓」紹介 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる