今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS いまこそオープンソースの思想を

<<   作成日時 : 2011/04/29 06:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

福島原発の危機は、収束したとはいえません。

先日、衆議院議員会館で行われた、原子力保安院などとの公開質疑
http://2011shinsai.info/node/85
で、彼ら自身が、水素爆発の可能性は少なくなっているとはいえ、消し去ることはできないと言明しています。
そして、彼らはその場で「どうなっているか、わからない」を連発していました。

この公開質疑、Webで見ることができるか、あるいはこれから見ることができるようになるはずなので、URLがわかれば、後日。ここでお知らせします。また、たんぽぽ舎の報告がとてもぼくにはとても的確でわかりやすかったので、最後に貼り付けておきます。

ぼくもその現場にいたのですが、「わからないなら、わかるようにしろよ」と強く思いました。その閉じたサークルの中で解を探しているから、わからないのではないかと。

そういう意味で、「いまこそオープンソースの思想」が必要なのではないかと思うのです。

問題は例えば、福島第一原発をどうするかという話で「冷やす」ということに関しては誰もが一致するのですが、どう冷やすかという点ではさまざまな意見があります。

この解決策をオープンソースの手法で探せないかと思うのです。誰がその議論をコーディネートするかという問題はあると思うものの、情報を隠したり閉じたりしないで、すべてオープンにすると同時に、どのような情報があれば何がわかるとか、どうすれば必要な情報が取り出せるかというところまで含んで、オープンソースの手法でできることがありそうな気がします。

イメージとしては「朝まで生テレビ」です。
原子炉を冷やすということに関して、さまざまな専門家を集めて議論する場所を公開し、そこに東京電力も出て、もっているデータをすべて公開させ、その公開の会議に誰もが意見を出せるようにする。そこには政府の責任者も出席し、そこで出された結論を実行する、という、そんなことができないかと考えます。

今回の公開質疑はその可能性を示唆していたようにも思えます。


とりあえずの思いつきなので、おかしなところもあるかもしれませんが、ひとつのアイデアとして提出ておきたいと思いました。


以下、公開質疑に関するたんぽぽ舎の報告
(「地震と原発事故情報 54 たんぽぽ舎」から)
===
★3.「国は何を知っているんだろうか・4/27公開討論会の感想」

 4月27日(水)、原子力安全委員会や保安院などの担当者を呼び、国会議員と市民による「福島原発事故に関する公開質疑〜事態の見通しと対応策」が開かれました。詳細報告はやりとりの分析を経て後ほど行うこととし、とりあえずの感想などを書きます。

 結局は手探りなのだという実態が一つは見えました。心底恐ろしいことです。

 保安院の前川防災課長が「本当に分からない」という言葉をなんども繰り返しました。特に深刻なのは、1号機に水を入れ続け、図らずも格納容器内で「水の棺桶」=「水棺」状態になっていることに対し、原子炉建屋が重量に耐えられるのか、放射性物質の放出が無いのかという問いに対し「答え」がないのです。普通、そんなことを前提にして格納容器は設計されていませんから、水圧、重量、あるいは余震の揺れなどで破壊される可能性は否定できない、徐々に水を入れながら様子を見ているところと言うのです。

 今の原発が置かれている状況を象徴するかの発言に、言葉を失います。

 今後、水素爆発や水蒸気爆発は起こりえるのかどうかについても「起こる可能性は相当低いのでは無いかと」考えているそうです。つまり起こりえるということの裏返しです。

 再臨界の可能性についても同様で、一部に言われていた「物理的、原理的にあり得ない」と言うことは一切無いことがわかりました。

 3・11前に私たちと国が議論をするときは、原発や核燃料施設に関する安全対策や安全性については、いつも「地の果てほど」の違いを感じてきたのですが、今日はそう感じませんでした。そう、私たちの感覚と国の感覚が近づいてしまった。これは粉飾しようもない現実の前には、大きな「見解の相違」などがなくなっていることを意味していると思うと、国や東電と「安全体制に問題有り」と丁々発止やり合っていた時期、もはや帰ってこない時期を懐かしくさえ感じてしまう自分がそこにはいました。

==転載ここまで==

最後の「懐かしくさえ感じてしまう」という部分だけは違和感が残るのですが、それ以外は、本当にこの通りだと感じました。


自分も意見を言える開かれた場所で出された結論というのは、民主主義の説得力だと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
いまこそオープンソースの思想を 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる