今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 弱視と節電

<<   作成日時 : 2011/06/19 05:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


弱視の人が節電で暗くなったことをどんな風に感じているのか、という問題にツイッターで気づかせてもらいました。
実際、どうなのだろうと考え、障害学のMLに以下の投稿をしました。


===ちょっとだけ変えて以下に転載===

ツイッターで

==
最近は以前停止していたエスカレーターや動く歩道も動いている駅が多いです。たとえ自然エネルギーにとって変わっても以前のようにエネルギーを無駄にする生活に戻りたいとはもう思いません。駅の照明など半分ついているだけの今で十分だと思います
==

というツイートがあり、ぼくもそうだと思うというツイートを書いたら



===
なんか健康な人前提で話してる気しかしないですね。照明半分で充分なんですかねー本当に
===

というリプライをもらいました。

確かにぼくは暗くて困る人のことを考慮していなかったです。

で、暗くて困る当事者の人が、現実に、この節電騒ぎの中で、どんな風に困っているか知りたいと思ったのですが、どなたか現実の例を知っていたら、教えてください。

===障害学MLへの投稿ここまで===





すると、「弱視のphさん」から以下のレスポンスが返ってきました。



==以下に、名前の部分だけ少し変更して転載==


ふだん大阪に住んでいますが、4月末に1度東京に行ったことがあり想像以上の暗さに怖い思いをしました。


節電の前に、視覚障害について簡単に解説します。目が見えないまたは見えにくいことで、情報を得ること、移動することがたいへん困難になると言われます。駅 を例に挙げれば(これらは節電前からある困難なのですが)、上からつりさげてある看板が見えない、立体的にものをみることができず階段が一直線の坂のよう に見えるとこのほかにもさまざまな苦労があり、それでもほんのわずかな視覚的な手がかり(とほかの感覚から得られる手がかり)をもとに毎日移動し ています。しかし、視覚に障害がない方からすれば薄明かりがみえるところでも真っ暗にしか見えないといった視覚障害者もおられ、一人では夜間はとても外出 できないといった話もよく耳にします。


さて節電の影響について、思いつくままにざっと挙げてみます。



●転落、転倒の危険増大
 段差、階段があることを知らせる照明が減少していますから、それらか知る手掛かりがなくなり、転倒、転落する危険が増大、実際に事故が増えているようです。


●人とぶつかる危険の増大
 エスカレーターが停止し併設する階段に、乗降客が集中。見えにくいので向かってくる人が避けられず、人にぶつかる危険が増大しています。


●移動する手がかりの消失
 誘導チャイムの音が鳴らなくなっている、目の高さにあり見やすかった看板などの(頼みの綱であった)目印がなくなっているといった理由で、慣れていたはずの場所でも迷子になってしまうといったケースがあるようです。





 弱視である私も節電に反対しているわけではありませんが、気にかかるのは安全への考慮なしに、一律に節電が進んでしまったことです。例えば駅などで転落 の危険がある個所は何ルクス以上必要といった、研究にもとづいた基準が作られ、守られているのでしょうあ。地震から3カ月たち地震直後の緊急事態は脱した といってよいかと思いますし、これからはどのくらいの明るさ、また明かりに代わる手掛かりがあれば弱視の方も安全に歩行できるのか研究を重ねたうえで基準を作り、それを広めていったほうがよいと思います。



 もしこのMLで街中の暗さで困られている弱視の方おられましたら、懐中電灯を持ち歩くのがおすすめです。たいへん明るくなり、かつ小さく軽いものも発売されています。



==転載ここまで==



逆にまぶしすぎるのが苦手な人がいるという記事も読んだことがある。

とりあえずの目安みたいなものがどこかにあるのかなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
弱視と節電 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる