今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 福祉工場の現場から

<<   作成日時 : 2012/04/05 05:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

共同連という団体の「レザミ」という機関紙への原稿。
自立支援法が名前だけ変わって存続することになって、ちょっとずれた原稿になっている面も否めない。1月末に書いた文章だけど、その時期にも自立支援法の中身は変わらないのではないかという話は少しは出ていたかもしれない。もっと前から予言している人もいたけど。



読み返してみたのだけど、字数の関係もあって、いろいろ書くべきことを飛ばしているので、事情を知らない人には伝わりにくい文章になっているなぁと反省。
でも、やっぱり字数の問題じゃないなぁ。この間、こういうやっつけ仕事みたいな文章ばっかり書いてる。

ちゃんと書き直したいと思いつつも、もうすでに掲載されてる文章なので、このまま掲載します。


====

福祉工場の現場から

(**福祉工場勤務)

 この4月、私が働く福祉工場は継続就労支援A型事業にかわる。いままでいっしょに働いてきた仲間がサービス提供者とサービス利用者に引き裂かれる。障害のある従業員は「障害者自立支援サービス受給者証」を申請させられ、福祉事務所から何だかよくわからない介護保険用のような106項目のインタビューに答えさせられ収入を聞かれる。こんなことがあっていいのかと思う。

 「事業を存続していくために、申し訳ないけれどもそれをお願いしたい」と説明するのはぼくの仕事だった。それだけではない。いままで都立(民営)だった福祉工場は、自立支援法への移行と同時に都立から民立に変更になり、A型にB型と就労以降支援事業を加えた多機能型施設になる。その準備、そして利用者を集める仕事もしている。手は真っ黒に汚れている感じだ。B型では継続して就労しているにもかかわらず、労働者としての権利はまったく認められない。こんなことをしていていいのかと思う。しかし、それを忘れて利用者を探している。

 経営する側の「他に選択肢がなかった」という声も嘘ではない。障害者自立支援法を準備した政府は他の選択肢を準備しなかった。また、この制度への移行に莫大な労力を使わされているのだが、移行しようとしている障害者自立支援法は今年、総合福祉法(仮称)にかわることになっている。2012年3月に自立支援法体系への移行期間が終了することと、その後、同じ年に総合福祉法が成立する予定という矛盾は指摘されたが、その声は聞き取られなかった。残念だが障がい者制度改革推進会議も、何とかしてほしいという声に積極的に応えているようには見えなかった。総合福祉法の骨格提言をまとめるのにそれどころではなかったのかもしれないし、多くの委員にそれは切実な話ではなかったのだろう。骨格提言がまとまった昨年8月、多くの事業所は移行を完了、あるいは移行の課程に入っていた。

 自省を込めて書くのだが、この移行に向かう福祉工場側の責任も問われている。授産施設から一般就労への移行がまったく進まないということを理由に1972年に作られた福祉工場という制度、障害者雇用にとって、それは大きな一歩だった。しかし雇用であるにもかかわらず福祉行政が設置するというねじれを初めから抱えていた。ともあれ、福祉工場側が反省しなければならないのは、その後、障害者雇用促進法の改定などで障害者雇用をめぐる状況は大きく変化したにもかかわらず、自らを変化させることができなかったことだ。授産施設制度改革の議論などで、当時の障害者雇用の状況を鑑みて福祉工場にどのような役割が求められているかという議論は行われたが実現されることなく、障害者自立支援法の制定で福祉工場制度は廃止された。障害のあるものとないものが共に働くという福祉工場の理念を実現できる制度がなくなったが、福祉工場側ではそれへの抵抗や対抗する言説も生み出せないまま移行期限を迎えた。数は多くない福祉工場だったが、そこでは制度移行の問題を認識しつつも、自らをどう現行の制度にあわせるかという準備で手いっぱいだった。

 福祉工場が移行すべきは『社会的事業所(あるいはソーシャル・ファーム)』だったと思う。そのような形で事業を継続する方法が求められていた。しかし、制度はまだ準備されていなかった。

 社会的事業所を求める共同連の運動とソーシャルファームを求める声のずれもあまりちゃんと議論されていないように見える。ソーシャルファームを推進する中心にいる炭谷さんは税金をかけないことを強調するのだが、現状で税の投入がなければその運営は困難だし、その制度へ参入しようという機運も生まれないはずだ。事業者がそこに参入したいと思えるような制度として、それを準備する必要がある。

 そこに向かう具体的な動きは始まったばかりだし、ぼくには方向もよく見えていないのだが、その動きをちゃんと実らせたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
福祉工場の現場から 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる