今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 新安全基準(設計基準)(シビアアクシデント対策)骨子案へのパブコメ

<<   作成日時 : 2013/03/02 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月28日締め切りの新安全基準に関するパブコメだしました。
二つに分かれているんだけど、「二本目のパブコメ、内容は1本目とほとんど同じ。ちょっと加筆訂正っていう感じで出しました。
〜〜〜〜
骨子案に反対

新安全基準(設計基準)(シビアアクシデント対策)骨子案を読ませてもらいましたが、まず第一に、なぜ新しい基準を作ることになったのかということが記載されるべきではないかと思いました。いうまでもなく、それは起きないと旧来の規制行政(ほとんど規制できていなかったことが明らかになりつつありますが)が主張していた事故が起きてしまったからです。

従来の安全基準の何がだめだったのか。なぜ、誰によって、そのような基準(従来のもの)が決められてしまったのか。その不十分な基準に対する反対の声があったにもかかわらず、耳を貸そうとしなかったのはなぜか。結果として、危険を指摘していた声の方が正しかったことをどのように考えるのか。そのような声を事前に出していた人は今回の案の作成に関わっているのか。

そのことのどこを反省して、今後、どう生かしていくのか。骨子案の冒頭、基本的な考え方の中にそのことが記載されていないのが問題だと思います。

そして、今回の骨子案は確かに前より厳しくなっているかもしれませんが、そこが欠けていることが一番気になります。
というか、正直、市井に生きる私には技術的な問題についてはほとんどわかりません。ですが、その庶民感覚で、その姿勢がすごく気になるのです。規制委員会全体のスタンスの問題については『記者の目:原子力規制委=高木昭午(柏崎通信部)
2013年02月27日』という毎日新聞の記事にもわかりやすく書かれています。これらの問題に対しても、率直に反省しない限り、この決定への信頼は損なわれるばかりだと思います。

そこを明確にし、事前に危険を指摘していた人を委員にして、再度、骨子案を作り直していただきたいと考えます。

また、数多く来るだろうパブリックコメントに対して、委員会として、納得のいくような回答を出していただきたいと思います。パブリックコメントを検討するための委員会を開催してください。それが、このような意見を求めたものの、責務でもあると思います。意見だけ、出させて委員会で検討しないなんてあんまりです。

また、そこで検討した結果はぜひ、メールで直接送付していただきたいです。

よろしくお願いします。
〜〜〜
一度は送ったが、消えてしまって、2度目に出したのが20分前だった。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
新安全基準(設計基準)(シビアアクシデント対策)骨子案へのパブコメ 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる