今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『発達障害チェックシートできました』メモ の目次(修正しました)

<<   作成日時 : 2013/06/01 04:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

すぎむらなおみさんが
『エッチのまわりにあるもの――保健室の社会学』
という本を出していることを
http://booklog.kinokuniya.co.jp/ito/archives/2013/05/post_44.html
で知って、『発達障害チェックシートできました』に関して、いっぱいメモを書いたことを思い出した。
で、いっぱい書いたのに目次がないことを思い出して、作ってみた。




『発達障害チェックシートできました』が2010年で
『エッチのまわりにあるもの――保健室の社会学』2011年
って、すごくないか。



で、いまグーグルさんに
『発達障害チェックシート できました』をやってみました
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/resource/ld/checksheet/index.html
というページがあるのを教えてもらった。


以下、ぼくが書いたメモの目次
〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜

『発達障害チェックシートできました』メモ その1 (6/21追記あり)
http://tu-ta.at.webry.info/201106/article_8.html
これは最初の紹介


SSTについて(『発達障害チェックシートできました』メモ その2でもある。
http://tu-ta.at.webry.info/201106/article_9.html
ここではSSTについて書いてるけど、あとでまた、SSTについての別の記述を見つけることになる。
その前の段階で書いたものがここに残っている。


『発達障害チェックシートできました』メモ その3
http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_1.html
ここでは『第3部 同化と異化の共存という課題』について書き始めている。


『発達障害チェックシートできました』メモ その4
http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_3.html
5.「制度づらし」と診断名(だれかに「病気です」と きめられる ことの 意味)
という話から始まっているが、ここでは「5点減点」というすぎむらさんたちの提案についての批判もしている。


『発達障害チェックシートできました』メモ その5
http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_5.html
「6 正論と知恵(「ただしい」より、たいせつなこと)」からのメモ。
このメモの結語は
〜〜〜
正論をぶつけあうのではないアプローチ、社会運動の前提に正論がある。そうではない解決の技法について考えることもまた、必要になっているのかもしれないと考えた。
〜〜〜
というもの


SSTについて再び(『発達障害チェックシートできました』メモ その6でもある)
http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_6.html
第3部 『7「タブー」くずし』の注にすぎむらさんのSSTについての肯定的な評価を発見。



『発達障害チェックシートできました』メモ その7(最終のはず)
http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_8.html
第3部  《8.「ふつう」観を といなおす。》からのメモなのだが、ここですぎむらさんがニューカマーの子どもに言及して以下のように書いている。
・・・杉山登志郎は、虐待されたこどもが、発達障害と同様の状態をしめすことを論証・・・。発達障害的様相は、先天的にだけでなく、後天的にもうまれることの証左であろう。知人のニューカマー研究者は、「日本語や日本の学校制度に不慣れなニューカマーのこどもたちは、だったら第5の発達障害といいうる」と発言していた。 (中略) ニューカマーのこどもには、固有の問題があり、それについて異なる支援体制をくむ必要があるのはいうまでももない。しかし、こと学習面や日本の学校制度になじむという観点からは、これまでに研究蓄積のある「発達障害」支援方法が有効である可能性はたかい。試みてみることは重要ではないか。 145p


第5の発達障害」というときの1〜4がなんだか、わかんないし、《研究蓄積のある「発達障害」支援方法》にどんなものがあるかもよく知らないのだが、ここは検討してみる価値がありそう。

また、この本で何度も繰り返される以下の部分はやはり特筆に値すると思うので抜書きしておこう。
医療者は「発達障害」の原因を問うことに意味をみいだすのかもしれない。 (中略) しかし、学校の教員・保護者・生徒にとっては、それにこだわるより、重要なこと――いまおこっている現象にたいして対応すること――がある。私たちの作成するシートは「発達障害」のスクリーニング機能はないが、「学校生活不適応症候群」のスクリーニング機能はもたせてみたい。・・・ 146p



ここに「図書館の本でメモを書いて、買うことにした」と書いてあって、たぶん購入したと思うのだけど、この本がどこにあるのかわからなくなってる。

定時制高校でそのまま使える部分も少なくないかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『エッチのまわりにあるものー保健室の社会学』メモ
大阪で倉本さんとすぎむらさんの対談があるというので、行ってみたくなって、その前にじゃあということで、前から気になっていたこの本、買って読んだ。 去年の夏の話だ。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2014/04/26 12:50
『発達障害チェックシートできました』ってタイトルはえぐいでしょ(笑)
3月発行の「たこの木通信」に書いた原稿 ...続きを見る
今日、考えたこと
2015/08/28 05:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
『発達障害チェックシートできました』メモ の目次(修正しました) 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる