今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 『五体不満足 完全版』メモ

<<   作成日時 : 2013/07/10 06:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう、1ヶ月以上前になるけど、彼へのレストランの拒否と、そのツイートをめぐって議論があって、それに触発されて、この「完全版」で付け足された部分を思い出して、読み返してみた。

そこまでの明るいトーンとは明らかに異なる、出版後の彼の苦悩が正直に告白されている。
これがあって、この本を『完全版』と呼びたくなった彼の気持ちが出ていると思う。

そういえば、これに対抗してか、便乗してか知らないけれども、ホーキング青山の本もあったことを思い出した。こっちはそんなに売れなかったと思うけど、彼の本も幻冬舎から文庫になってるのを呼んだ記憶がある。『七転八転(ななころび やころび)』幻冬舎文庫。

当時はこっちが面白いと思ってたし、いまでもそう思う。


というような前書きはこの程度にして、



付け足された部分のメモ



出版後、インタビューなどで繰り返される同じ質問に
「本、読めよ。書いてあるだろ」
とは言えなかった、らしい。「エエカッコしい」として。「言っちゃえば、よかったのに」と思うけど、言っちゃってたら、キャスターとかには採用されなかっただろうね。


障害者に対するある種のステレオタイプ(まじめで、おとなしく、頑張っている)を壊したくて、あの本を出版した、その目的はある程度達成されたとしながら、別のステレオタイプを作ってしまったという問題を乙武さんは自覚している。274-5p

あの本が出版され、評判になった当時か少し後で、障害学のMLで何かやりとりがあったようなおぼろげな記憶があるのだけれども、誰かログを持ってるかなぁ?

で、倉本さんは「誰かふつうを・・・」という本で、乙武さんの本を例に出し、同様に倉本さんに合わせたルールでの草野球もあったのだけど、それが面白くなかったと書いていた。


ともあれ、この本が影響力を持ったのは確かだ。
日本の障害者シーンの色を少し変えたような気がする。ま、時代の変化もあったのだろうが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
『五体不満足 完全版』メモ 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる