今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 被爆70年、『原爆の図』を米国へ(反天連NL原稿)

<<   作成日時 : 2014/12/09 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下、反天連のNLに書いた原稿

〜〜〜〜

被爆70年、『原爆の図』を米国へ

 原爆の図・丸木美術館では、被爆/戦後70年の来年、『原爆の図』を米国で展示します。ワシントンのアメリカン大学で展示した後、ニューヨーク、シカゴなどを巡回させたいと考えています。

 この展覧会を共催するピーター・カズニックさん(アメリカン大学核問題研究所長)は記者会見で次のように語りました。

「原爆の図は美術作品としての迫力、美しさと恐ろしさを併せ持った価値があり、ピカソのゲルニカと肩を並べる20世紀の作品です。70年という節目に米国市民が核の恐ろしさを知る大きな力となります。『米国捕虜の死』(広島で原爆被害にあった米軍捕虜がいたという史実にもとづいた原爆の図13部)、『からす』(長崎での朝鮮人被爆者が死後も差別され、放置されていたという石牟礼道子さんのエッセイをもとにした原爆の図14部)を含めることで、加害者でありながら被害者になるということが戦争にはあるということを実感してもらいたいのです。来年は戦勝70年ということで、米国では国を挙げて米軍賛美がなされるでしょうが、戦争を終わらせるために原爆を使ったというのは虚偽なのです。よい戦争などありません。イラク、アフガン、パレスチナ……どんな戦争も子どもを殺し女性を殺すことに他なりません。『原爆の図』展でそのことを感じて欲しいのです」


 彼はこのように語ることのできる数少ない米国人の一人ですが、1995年以来20年間、毎年学生を連れて広島と長崎を訪ね被爆者の声に耳を傾けています。また『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史』の共著者でもあり、そこで原爆投下が戦争終結のためではなかったことを実証しています。

 その核兵器ですが、現在も16000発以上の弾頭が使える状態で存在します。そして、核廃絶に向けたさまざまな努力は進展しているものの、核保有国はそれを手放そうとはしていません。この展覧会は、核兵器の使用を禁止する運動とも連携させたいと考えています。

 原爆を使用し何十万もの人を死に至らしめ、多くの被爆者を発生させ、いまも苦しみを与え続けている直接の加害国は、言うまでもなく米国。その政府はいまだに原爆の投下について、一言の謝罪もせず、正当化を続けています。それは人道に対する犯罪ですが、米国民の多くも同様に「アジアで非道を尽くした、悪辣な天皇制国家日本を戦争で粉砕し、その戦争を終わらせために、原爆投下はやむを得ない当然の行動だった」という米国政府の見解を信じているようです。「アジアで非道を尽くした、悪辣な天皇制国家」という日本に関する形容は正しくても、だからといって米国の原爆投下の責任は免れないはずですが、その責任はほとんど誰からも問われていません。人類史に残る最大の犯罪のひとつと呼んでも過言ではない原爆投下の責任を問う声はあまりにも小さいと、そのことは明確に言っておきたいとぼくは思います。

 とはいうものの、今回の『原爆の図・米国展』は直接的に責任を問うためのものではないでしょう。まず、米国の人たちに、原爆被害とはどのようなものだったのかを知り、さらに、あの悲惨な画面のなかの「いのち」を求める熱い思いを感じて欲しいと思います。このように、この米国展の企画について考えているぼくとしては、なんで日本の私たちが絵の運送費まで払うの?という思いもないわけではないのですが、それを負担してもやはり見て欲しいと思うわけで、ぜひ、その思いを共有して、米国展実現のためのカンパを、とお願いしている次第です。

 原爆の図・丸木美術館に連絡して頂ければ、振込用紙のついたチラシを送付します。お友達の分も含めて注文してください。また、ピープルズ・プラン研究所やPARCにも置いてあります。いろんな場所に置いてください。目標金額は一千万円ですが、さらに費用がかかる可能性もあります。カンパできない人もいるでしょうが、様々な形で協力してもらえたらうれしいです。よろしくお願いします。

 連絡先電話 0493-22-3266
    FAX 0493-24-8371
 メールアドレス marukimsn@aya.or.jp
 住所 355-0076 東松山市下唐子1401
〜〜〜
また、丸木美術館カレンダーも販売中です。
〜〜
2015年カレンダー 丸木位里・俊 絵本の世界をめぐる 800円
丸木位里・俊の夢あふれる絵本の世界をテーマにした2015年丸木美術館カレンダーができました。
『赤神と黒神』や『おしらさま』、『ぶらんこのり』など名作絵本の原画が使われています。
A4サイズ7枚綴り。友の会会員は700円(一般・友の会会員とも10部以上購入の場合は各100円引)となります。
電話・FAXでの御注文も受け付けます。お問い合わせは丸木美術館事務局まで。
〜〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
被爆70年、『原爆の図』を米国へ(反天連NL原稿) 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる