今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 成年後見人の職務としての身上監護の内容と自己決定を尊重した支援を行う上で、留意すべき事柄

<<   作成日時 : 2016/10/25 01:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ずいぶん前に書いたレポートがでてきた。けっこう高評価だったので、うれしくて転載
〜〜〜〜〜
権利擁護と成年後見制度

a)「成年後見人が行う身上監護について
〜成年後見人の職務としての身上監護の内容と自己決定を尊重した支援を行う上で、留意すべき事柄について述べなさい


 成年後見人の仕事は財産管理と身上監護に分けられ、その「身上監護とは、被後見人の生活・治療・介護などに関する法律行為を行って支援を行うことである。たとえば、本人の住居の確保および生活・介護環境の整備、施設等への入退所の手続や契約、治療や入院の手続きなどが該当・・・さらに必要な場合には生活保護の申請をしたり、介護保険における要介護度の認定に対する異議申し立てを行うなどの、公法上の手続きも成年後見人の職務である。ただし、婚姻、養子縁組等の身分行為など、一身専属的な事項は職務の内容とならない」(教科書124頁)とされる。

 この「身上監護の内容と自己決定を尊重した支援を行う上で、留意すべき事柄」というのが本レポートのテーマだが、成年後見を考える上で非常に重要なポイントとして「自己決定」と「成年後見」の関係がある。教科書では禁治産制度から成年後見制度への移行の説明として、「@自己決定の尊重、A残存能力の活用、Bノーマライゼーションの理念等の現代的な課題と従来の本人保護の理念との調和」を旨としたとある。確かに禁治産の制度より少しましにはなっている。しかし、成年後見の制度に、少くとも保佐・補助でなく後見では、自己決定の理念が組み込まれているとは言えない。大きな問題として成年後見制度は日本政府も批准した国連障害者権利条約12条2項に違反しているという指摘がある (*1) 。「成年後見人の職務と自己決定を尊重した支援」を考える上で、この前提を押さえておくことは必要だろう。

 それは権利条約で禁止されている(あるいは柔軟な解釈でも無条件で行使することが禁じられている)代理人による意思決定である。しかし、同時に後見人(代理人)の裁量で、本人の意思を勘案することは可能である。どのようにそれを行うか、ということを検討する際に「支援された意思決定システム」として諸外国で具体的に行われていることを見ていくことは参考になる。本人の意思が勘案されていれば後見人制度には問題ないという立場には立てないが、後見人制度以外に意思決定に困難がある当事者の法的な権利を守るシステムがない現状で、後見人が本人の意思に敏感でなければならない。

 その諸外国で行われている「支援された意思決定」の例を以下に引用し、このレポートを閉じる。

イギリスでは,意思決定能力法(MCA)が,代理・代行決定は本質的に本人領域への侵犯と捉え,誰にでも意思決定能力があることから出発し,本人の意思決定を最大限支援することを定めている。本人の意思決定を支援する立場にある人たちに対しては,行動指針が公表されている。また,どうしても代理・代行決定を必要とする場合には,本人の意思を代弁する者(独立意思代弁人,IMCA)を制度化するなど,本人の意思決定を支援するための仕組みが整えられている。 (*2)

(*1) 『理路整然と間違える ―国連に対する成年後見制度の政府説明案―』佐藤彰一http://bylines.news.yahoo.co.jp/satoshoichi/20151013-00050382/ 2016年2月3日収録

(*2) 日本弁護士連合会
第58回人権擁護大会シンポジウム
第2分科会基調報告書
「成年後見制度」から「意思決定支援制度」へ
〜認知症や障害のある人の自己決定権の実現を目指して〜 http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/organization/data/58th_keynote_report2_1.pdf 
の「はじめに」から
2016年2月10日収録


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
成年後見人の職務としての身上監護の内容と自己決定を尊重した支援を行う上で、留意すべき事柄 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる