アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ラルシュ」のブログ記事

みんなの「ラルシュ」ブログ

タイトル 日 時
「親密圏」が必要なんじゃないかと思うのだけど ほんの紹介(とは言えない)4回目
「たこの木通信」に書いたもの 2015年の12月頃だと思う。 追加で最後に2017年の日本宗教学会のパネル「宗教・障害・共同体―障害と共に生きることの宗教性―」の紹介も張り付けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/06 01:19
弱さは宝物か? 2016ラルシュリトリートで考えたこと
かなの家のみなさん ボランティアのみなさん ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/10 21:14
『釜ヶ崎と福音』メモ後半
『釜ヶ崎と福音』メモ後半 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/09/12 23:34
『釜ヶ崎と福音』メモ(前半)
『釜ヶ崎と福音』メモ(前半) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/09/12 22:33
「機械」と「ごはん」二つ分(ジャンバニエからの日々の思索から)
かなの家から送られてくる「ジャンバニエからの日々の思索」 「機械」と「ごはん」の二つ分の適当な改訳を掲載 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/13 06:42
「弱さの思想」メモ
正式なタイトルは 〜〜〜 『弱さの思想〜たそがれを抱きしめる』(辻信一+高橋源一郎、大月書店) 〜〜〜 「はじめに」は以下で読めます。 http://www.sloth.gr.jp/column/tsuji/yowasa/ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/04/01 03:48
Spiritual Growth
FBのノートに書いたもの、こっちにも転載 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/15 08:19
無宗教の人間としての信仰
少し前の話だが、ラルシュのリトリートで宗教を持たない人間としてスピリチュアリティの話をさせてもらった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/10 18:52
競争について(ジャン・バニエ)
かなの家から送られてくる今日のジャン・バニエ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/26 03:16
あなたの中の2つの自分を見つけてみよう(ジャン・バニエ)
東京大学大学院人文社会系研究科名誉教授で上智大学グリーフケア研究所所長の島薗進さんのジャン・バニエに関する連続ツイートがまとめられていました。 http://togetter.com/li/542218 http://togetter.com/li/542783 9.11後の著書『暴力とゆるし』の紹介です。 (この本、まだぼくは読んでいません) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/06 08:48
知的障害者と親密圏 『知的障害者が入所施設ではなく地域で生きていくための本』に触発されて
よい支援? メモその4 (完結編のつもり) http://tu-ta.at.webry.info/201108/article_9.html に書いた話なのだが、読み返してみて、いいたいことがわりとまとまっていると思ったので、以下に独立させて公開。 〜〜〜〜〜 「知的障害者が入所施設ではなく地域で生きていくための本」 http://www.seikatsushoin.com/bk/055%20chitekishogaisha.html という本があり、その説明文には以下のように書かれて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/04/14 19:20
痛みのなかにいる誰かと友だちになるために
ラルシュ・カナダから日々配信される「ジャン バニエの言葉」というのがあるらしい。フェイスブックで知り合いのフィリピンの神父が流してくれていたので、そこで、ときどき見ていたが、ここに掲載するのをきっかけにURLを探したら、以下にあった。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/09 02:30
とても暖かな社会 − いること そして オープンであること(追記あり)
http://tu-ta.at.webry.info/201110/article_7.html に途中まで日本語をつけてみた。 正確さや日本語としての完成度は保障しません。 誰か、続きをお願いします。 (追記、一応最後まで日本語にしてみましたが、・・・。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/21 08:22
"A Compassionate Society - Being and Openness"
フィリピンのラルシュ・ぷんらの友人のトニー神父さんがジャン・バニエさんの素敵な文章を紹介してくれています。 英語ですが、こっちにも転載しておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/21 04:11
ラルシュ・カナダ(オタワ)からの手紙《ジム−−「いっしょがいいんだよ」》
最近、ラルシュ・かなの家から、ときどき翻訳を配信してもらっています。 すごく素敵なのがあったので、ここでもシェアしたいと思いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/10 20:15
ラルシュ・リトリート2010で
ラルシュ・リトリート http://www7.plala.or.jp/kananoie/pdf/Larche%20Retreat2010.pdf に参加してきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/10/14 06:54
<ラルシュ>バングラデシュ・マイメイシンコミュニティの支援のお願い
バングラデシュ・マイメイシンコミュニティの支援のお願い ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/22 10:14
ハイチの地震について(ラルシュインターナショナルからのメール)
かなの家から「ラルシュインターナショナルからのメール」を転送してもらった。 ちなみにラルシュっていうのは、ジャン・バニエという人が作ったいわゆる知的障害の人を中心とするコミュニティ。うまく説明することができないのだけれども、ここは彼らが中心で小さな規模で親密に暮らすために存在している。世界に100以上のコミュニティがある。ぼくもときどきこのブログでラルシュに関連することを書いている。 http://tu-ta.at.webry.info/200606/article_28.html ここで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 09:06
「障害者だから変えられる!」
知り合いのmixiの日記に掲載されていた文章を転載。最後にぼくのコメントも少し。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/17 07:43
読書メモ <「いのちの授業」をもう一度> +そこから蕨の排外主義デモの話へ
去年11月に亡くなった山田泉さんの著書 ラジオで何回か彼女の声は聞いていて、そのときのすごく気持ちいい感じを覚えている。 この間知ったのだが、ぼくと生まれた日が1週間程度しか違わない同世代。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/04/19 04:47
『人と出会うこと』ジャン・バニエ著 読書メモ
どこかで偶然、こんな本が発行されていると知り、セブンイレブン経由で購入。 2004年アイルランドのロンドンデリーでのシンポジウム「他者と出会う」での講演の記録とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/14 04:25
『あなたは輝いている』ジャン・バニエ著 読書メモ
去年の6月に出たラルシュのジャン・バニエの本。かなの家の創設者・佐藤さんが翻訳。 去年9月のラルシュのリトリートで購入、やっと読み終えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/01/14 06:51
Letter from Jean Vanier, New Year 2008
ラルシュの創設者のジャン・バニエさんからの手紙を、ラルシュかなの家の人から転送してもらった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/19 10:07
ジャン・ヴァニエのことば
 最後にいつ掃除したのか思い出せないくらい、すごく久しぶりに部屋を掃除した。(させられた??)  色んな紙がたくさん出てきて、懐かしかった。その中の一枚をメモ。  一昨年のラルシュのスタッフのためのリトリートのスタッフとして参加したときに、リトリート参加者のためにUさんが準備してくれた小さな紙にあったジャン・ヴァニエの言葉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/31 04:28
Arisanのノート「今日思いあたったこと」に
Arisanのノートの「今日思いあたったこと」 というエントリーに少しかぶることを以前、書いていたのでトラックバックを送ったのだけれども、どういうわけか、反映されない。で、彼のブログはいろいろあっていまはコメント欄も閉鎖されてるので、ぼくもこんなことを書いてますっていうのをここにメモしておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/22 07:39
永遠の泉 読書メモ
ジャン・バニエがドミニカ共和国の首都サントドミンゴでのラルシュのリトリートで語った話を本にしたもの。 先日のラルシュのリトリートで購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/30 15:09
2007 ラルシュのリトリート
いつも書いてるものもそうですが、今日、これからここに残すものは、本当に自分用のメモで、この経験をしていない人には、ほとんどわからないかもしれません。また、ぼくはほとんど知らないキリスト教関係の話が多い、かなりいいかげんなメモなので、間違っていることが多く含まれていると思われます。このメモを読んでくれる奇特な人は、そのようなものとして、、つまりフィクションとして読んでください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/09/29 06:05
ラルシュの黙想会(リトリート)に
21日から24日までの4日間、ラルシュのアシスタントとこれからラルシュコミュニティを作ることをめざす人のためのリトリートにボランティアスタッフとして参加。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/24 17:27
Arisanのレスポンスを受けて
『親を介護するということ』と題したArisanのエントリーにコメントを書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/12 03:34
イコン作品展に「かなの家」のMasaichiさん出展
== 12人のアーチストによる現代のイコン作品展 Contemporary Icon  神を写す == ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 04:52
「かなの家便り」から転載
ラルシュのことをここで少しだけ書かせてもらっています。 ラルシュに関わることを書いたものはテーマ「ラルシュ」でまとめているので、よかったら読んでみてください。テーマ「ラルシュ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/04/03 19:14
困った勘違い ラルシュについて
「リンク元ページURL」を見ていたら、ラルシュとボランティアのキーワードでの検索結果があり、そこに「安倍昭恵のスマイルトーク」というブログを発見。首相のパートナーのブログで外遊で欧州に行ったとき、ラルシュ・ブリュッセルに行った報告が出ている。 「ラルシュ・ブリュッセル」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/31 20:20
祈り・スピリチュアリティ・信仰
9月20日にアップロードした「リトリートに参加 」 http://tu-ta.at.webry.info/200609/article_10.html の中で以下のように書いた。 == このラルシュとの出会いの中で、言葉本来の意味でのラディカルな、根っこに通じるようなことの大切さを受け取ったと思う。抑圧したりされたりというようなことを否定したいという心の動きの根っこにあるものを大切することの重要性はここで学んだ。社会運動はともすれば怒りだけが前に出てしまう。もちろん、怒りが否定されてはな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/24 08:38
リトリートに参加
この3連休、ラルシュ http://www.larche.org/ のスタッフのためのリトリート(黙想会)にボランティアとして参加。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/20 05:21
「大切にされるということ」 Canaさんからのコメントをめぐって
「能力に応じて働くということ 」 http://tu-ta.at.webry.info/200607/article_18.html にCanaさんからコメントをもらったので、ここに再掲 最後にこのコメントへのレスポンス ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 03:36
ラルシュについて
 いつか「ラルシュ」についてちゃんと書きたいと思いながら、なかなか書けずにいる。今日もちゃんと書く準備はできていない。  「ラルシュ」は「知的障害」がある人を中心としたグループホームのようなものだが、通常のグループホームとは少し違う。スピリチュアルなグループホームということができるかもしれない。「社会的にはあまり価値がない」とみなされている人たちが大切にされる親密な空間を作ることを意識的にめざしている。一時期マイナーに流行した「新しい親密圏」というのがここにあるように思う。ここでは、施設のよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 65 / コメント 3

2006/06/30 05:17

トップへ | みんなの「ラルシュ」ブログ

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
今日、考えたこと ラルシュのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる