PARCのミッションについて

少し前からPARCの会員だったりもする。

いろんなところに顔を出しすぎて、手におえない感じなんだけど、今日が総会。

総会には参加できないのだけれども、総会前にあわてて書いたPARCのミッションについての思いを忘れないように、ここにも残しておきます。

======
tu-taです。

本日はいろいろあって、参加できなくて申し訳ないです。
ただ、会議の前に感じたことを書いておこうと思います。本人の了解がとれてなかったりするので、名前の部分は変えてます。

時間があまりないなかで、あわてて書いたものなので、話はいろいろ飛び、まとまりのない文章ですが、以下、読んでもらえたらうれしいです。

===

退会の申し出や運営への意見のメールがいくつか続いています。

とりわけ、若いスタッフのみなさんにはつらいことかもしれないなぁと思います。しかし、それだけ、多くの会員がPARCに対する思いを持っているということでもあります。

若いスラッフのみなさんには「再建」といわれても、もしかしたら、何をどうしたらいいのかわからないかもしれません。っていうか、ぼくもよくわからないことは多いです。


PARC全体で、ミッションの議論をしなければならない時期に来ているように思います。PARCのミッションは何なのか、そこで軸になるようなものが確認できれば、活動の幅はいろいろあってもいいように思います。

これだけの意見が出てきていますから、MYさんが提起されている「再建のためのワーキンググループ」にあたるような何らかの手立てを取らなければならないのかもしれません。


ぼくはPARCの基本は民衆による民衆のための民衆に対するアドボカシーだと思って
います。

先日、IRさんと偶然、お会いする機会があって、少しお話させていただきました。(ぼくはけっこう飲んでましたが・・・)
東チモールやスリランカのPARCのプロジェクトにかかわる人を道具にしてはいけないという意味のことを言われたように感じています。それは確かにその通りで、ぼくが「アドボカシーのひとつとして、東チモールやスリランカのプロジェクトはあるべきだ」と主張するとき、そういう批判はありえるかもしれないと思いました。

でも、ぼくは「基本としてはアドボカシー」であり、そのこととプロジェクトをかかえること、プロジェクトサイトの人々と思いを共有することは矛盾しないはずだと思います。

アドボカシーという表現が英語からの借り物で、それにぼくが含ませる意味内容があいまいなので、伝わり難いことはあるかと思いますが、PARCのアドボカシーが対象とするのは、主要には、この列島に住む民衆だと考えています。

そういう意味では自由学校の位置づけは明確でしょう。

そして、現場を持つふたつのプロジェクトはオルタナティブを可視化していくためのケースなのではないかと思います。そのようにぼくが考えていることがIRさんからの違和感につながったんだろうなと思うのですが、ケースとしてのプロジェクトはプロジェクトサイト周辺の地域、あるいは遠く離れた地域の人々に対する実体を持ったケースとして、そこでの失敗や成功が提示されることに意味があると思っています。そして、その価値をプロジェクトサイトで生活する人々と共有することをめざす必要があるのではないかと思うのです。

そういうことを含めて、アドボカシーだとぼくは考えています。

その意味では、今回の「日の丸帽子」の問題は象徴的で、そういうことから見えてくる問題にPARCにちゃんと取り組んで欲しいと思うし、PARCが現場を持ったからこそ、見えてくる問題でもあり、また、他の開発NGOではあまり問題にもならないことをPARCなら可視化していける可能性があるのではないかと思うのです。


このあたりが、ぼくのPARCのミッションに対する思いなのですが、あわてて書いているのでわかりにくいかもしれません。今日は総会に出ることができなくて、申し訳ないのですが、そういう思いを持っている会員がいることを理解していただければと思います。


また、このミッションを打ち出していく作業を会員の理解を得られるような形で行うことも必要なことなのではないかと考えています。

どれも、チャレンジングな課題ですが、チェレンジする価値はあるのではないでしょうか。

==転載ここまで==



ぼくの原稿を待っているかもしれないM美術館スタッフのみなさん。
もし、これを読んでいたら、
これを書く前に書き終えるべき原稿があるだろうとお考えかもしれません。はい、そのとおりです。明朝までにはなんとかします。ごめんなさい。





これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、そのクリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。そして、クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。
でも、クリックしてください。

人気blogランキングへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「国家・社会変革・NGO」読書メモ(2) PARCについて

    Excerpt: 「国家・社会変革・NGO」読書メモ(2) Weblog: 今日、考えたこと racked: 2007-04-19 20:01
  • PARCの日の丸問題をめぐって

    Excerpt: PARCのMLにMさんから、 == PARC会員を辞めます  このような個人的なことをメーリング・リスト上でお知らせすべきかどうか悩みました。しかし一身上のこととはいえ、わたしが会員を辞める.. Weblog: 今日、考えたこと racked: 2007-07-07 07:21