今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 石垣りんさん、好きです(ほんの紹介、13回目)

<<   作成日時 : 2018/06/21 07:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年3月に、「たこの木通信」に送った原稿(ほんの紹介、13回目)、見てたら、直したくなったので、一部修正。


石垣りんさん、好きです

告白調のタイトルをつけてしまいましたが、彼女は2004年12月に亡くなっています。人生のほぼすべてといってもいいほど大田区に居を構えていました。会うことはできませんでしたが・・。(私が1985年から住んでいるのも大田区です。だから、大田区には彼女を記念するものがないのが悔しいとずっと思ってます。)その石垣りんさん、知ってる人も多いと思うのですが、詩人です。有名なのは「表札」という詩。

「表札」
石垣りん

自分の住むところには
自分で表札を出すにかぎる。

自分の寝泊まりする場所に
他人がかけてくれる表札は
いつもろくなことはない。

病院へ入院したら
病室の名札には石垣りん様と
様が付いた。

(中略)

様も
殿も
付いてはいけない、

自分の住む所には
自分の手で表札をかけるに限る。

精神の在り場所も
ハタから表札をかけられてはならない 
石垣りん
それでよい。
(この詩、Web上にたくさんありますから、ぜひ、全文を読んでみてください)

ぼくが好きなのは「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」(『ユーモアの鎖国』収録)。その詩文集でこの詩について彼女はこんなふうに書いています。
 
・・・。戦後、女性は解放され、男女同権が唱えられ、結成された労働組合の仕事などもいたしましたが。世間的な地位を得ることだけが最高に幸福なのか、今迄の不当な差別は是非撤回してもらわなければならないけれど、男たちの得たものは、ほんとうに、すべてうらやむに足りるものなのか。女のして来たことは、そんなにつまらないことだったのか。という疑いを持ち続けていたので、職場の組合新聞で女性特集号を出すから、と言われたとき、書いたのが次の詩でした。
この詩、日本のアカデミックなフェミニズムシーンではほとんど忘れ去られた感が強いエコフェミニズムの思想と親和性が高いということができるかもしれません。で、このエコフェミニズムを葬ることに貢献した上野千鶴子さんも一方で、こんな風に書いています。

「もしフェミニズムが、女も男なみに強者になれる、という思想のことだとしたら、そんなものに興味はない」
(『生き延びるための思想』「はじめに」から
ひとつ間違えたら、性別役割分業の強化にも使われかねないこの「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」。これを引用するときは、この前の「今迄の不当な差別は是非撤回してもらわなければならないけれど」という部分を忘れないようにしないとね。彼女がここで書きたかったのはたぶん、生きていることの基本的な部分を支えることの大切さと人が生きることの全体性。男が得てきたもの・求めてきたものは、その全体の中の、ほんの一部でしかなかったということ。問題なのは、ぼくを含めて多くの男に鍋や釜を使うことがちゃんとできていないこと。

あらら、紹介したかったこの詩を引用する前に紙幅が尽きてしまいました。この詩もWebで読むことができますし( http://tu-ta.at.webry.info/200803/article_19.html )、これが掲載されている『ユーモアの鎖国』(ちくま文庫)、とても素敵な詩文集です。ぜひ、読んで欲しいです。というわけで今回はラブレター。
 〜〜〜〜

追記

石垣りんさんを始めて読んだのがいつだったか、思い出せないが、たぶん、存命中だったと思う。存命中に彼女に会えなかったのが、返す返すも残念。
何度か書いているのだけど、大田区の男女平等センター「エセナ」の一角に、石垣りんさんを紹介するコーナーができないかなぁ?

ちなみに理由は分からないけれども、このブログで一番読まれている記事が
挨拶 原爆の写真によせて 石垣りん
http://tu-ta.at.webry.info/200803/article_20.html

最初に読んだのがいつか思い出せなかったのだけど、
【ユーモアの鎖国(石垣りん) 読書ノート】
http://tu-ta.at.webry.info/200608/article_9.html
に「たぶん2003年の読書ノートから」とある。

他にも石垣りんさんに関してはいくつか書いていて、
https://www.google.co.jp/search?q=%90%CE%8A_%82%E8%82%F1&ie=Shift_JIS&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=%8C%9F%8D%F5&domains=tu-ta.at.webry.info&sitesearch=tu-ta.at.webry.info

でグーグルくんに探してもらいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
石垣りんさん、好きです(ほんの紹介、13回目) 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる