今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「障害福祉から世界を変える」というイベントに参加して感じたこと

<<   作成日時 : 2018/07/08 12:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「障害福祉から世界を変える」というイベント https://www.facebook.com/Vaccurs/posts/1042577769238002 に参加し て、感じたことを長めにここに書いたので、再度シェア。ここに書いたコメントは以下。
〜〜〜〜
「障害福祉から世界を変える」というイベントで考えさせられることは多いです。先日のイベント、そして、このコメントを書きながら、人によって価値観は様々で工賃よりも大切なことはあるはずなのに、そのことを自分がどう考えているのか、ときどき、工賃向上を前提のように考え、もっと大事なことがある忘れているのではないか、という部分を強く意識させられました。

 最近、ぼくが意識しているのは「場の力」で来ている人たちが元気になることです。メンバーだけじゃなくて、スタッフも。

 ぼくが目指しているのは「ともに生き、ともに働く」世界。

 多様な障害をもった人たちが、その人たちなりに元気に「働く」(働ける)世界です。働きかたの多様性は認められるべきだと思うのですが「働かない」権利があるとは思えません。ただ、働けないときに休む権利はあるはずだとも思います。そして、その人なりに働ける日常を取り戻すこと。

 さらに書くと、例えばALSで「ロックトイン」という状況になったとしても、その人が生きていて欲しいという周りの人に囲まれて、その心臓を動かすことが仕事だと認められるようになればいいと思っています。

 これを書きながら、いま思っているのは、メンバー・スタッフ、みんなで自分たちのミッションは何か、何をしにこの場所に来ているのか、という部分を明確にしていくプロセスが大切であるはずなのに、自分たちの場所でそれが十分にできているだろうか、ということでした。

 自分たちが作ってきた場所で多くの仲間が元気になってきたというちょっとした「自負」みたいなものは持っていて、それがぼくを支えてくれている部分は大きいのですが(もしかしたら、思い違いの部分も小さくないかもと思いつつ)、刺激の多い場所を作っているので具合が悪くなる人もいます。ぼくが働いている大田福祉工場では、いろんな障害の人がいっしょに働く中で刺激しあっています。自閉症でミーティング中にじっとしていられなくなる人に向かって「うるせえよ」と怒鳴る高次脳機能障害の人がいて、「怒鳴っても静かにならないからねぇ」と言ったりしています。高次脳の人はそれを忘れて、また怒鳴ったりするんですが、だんだんお互いを受け入れることができるようになってきている感じもしています。

 そんな日常の中で、自分たちは「ここ」をどんな場所にしたいのかというミッションを忘れがちなのですが、そのことをときどき喚起するようなことをする必要があるのかと、いま、これを書きながら考えていたのでした。

−−−
「工賃向上」について考えたこと。

 クーカの関根さんの言ってるのは「『工賃向上』とかずーっと言われてるけど、ぜんぜんだめじゃん」って話かなぁと受け取りました。確かにそういう面は多いです。この「ダメさ」の中身をちゃんと見ていくことも必要なのだろうなと思いました。基本のところで、何が大切かを忘れて、工賃向上に邁進してしまうダメさの他に、スタッフや事業所がそれなりに努力すれば、工賃を上げることができるのに、従来のやり方を変えず、事業所を元気の出る場所にもできずに、惰性の中で低い工賃のまま、という場所も少なくないのではないかと感じたりもしています。
それをあの場ではうまく表現できなかったのですが、ぼくが「でもね」と言いたくなった部分であり、工賃を上げていくことがあまり重要だとは思われないという風に聞こえる部分への違和感であり、その違和感をあえて伝えたかったのでした。

 励滋さんもどこかで書いていましたが、スタッフには(安くても)最低賃金は保障されます。しかし、例えばB型のメンバーの全国平均工賃は1万5千円。ぼくのところに来ているメンバーはみんな「働き」に来ています。「働き」に来ているメンバーに少しでも工賃を上げられるよう努力すること、それはそれとして、大事なことだと思うのです。ただ、それに目を奪われすぎて、せっかくの場所が元気の出ない場所になってしまうのもダメなので、その微妙なバランスや自分たちとしての着地点を探すことも大切なことなのではないかと思っています。

 なんか行ったり来たりで、繰り返しも多く、うまくまとまらないのですが、ちゃんと書けるのを待っていたら、、いつまでも終わらないので、ここでタイプをやめて、とりあえず投稿します。

 異論・反論、大歓迎です。違いを違いとしてリスペクトしながら、でも違うということをちゃんと伝えあえる関係がいろんな場所(もちろん事業所のなかでも)求められていると思うのです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
「障害福祉から世界を変える」というイベントに参加して感じたこと 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる