【知的障害児を通常学級へ これは親の行き過ぎた「教育虐待」】という文章が支持を受けていることと日本社会の排他性(2021年3月追記)

知的障害児を通常学級へ これも親の行き過ぎた「教育虐待」ではないのか https://otonanswer.jp/post/77411/

というショッキングなタイトルの記事を読んだ。中身は読んでもらえばわかるが、がっかりさせられるものだった。
これの何が許せないかといえば、インクルーシブな社会をめざして、がんばって通常学級に子どもを通わせている親への非難や批判を誘発させるだろうと想像できること。表面に出なくても、ボディーブローのダメージは大きそう。

インクルーシブな社会をめざして、がんばって通常学級に子どもを通わせている親は、この記事のコメント欄を見ればわかるように、いまでも、他の生徒に迷惑だと言われ、傷ついている。その傷口を広げるような文章になっている。いろんな思いを抱えながら、障害児を排除するような学校ではいけないと、ぎりぎりのところで努力している親の気持ちに、もう少し寄り添ってもらえたらと思う。

通常級でまったく配慮が受けられないことが多い今の日本社会で支援級や支援校を選びたくなる気持ちは理解できないわけではないので、それを選ぶ親を非難することはできない。しかし、いまの学校をなんとかしなくてはいけないという思いで、非難にさらされながらも、なんとか通常級に子どもを通わせている親に「教育虐待」という悪罵を、誰が投げつけることができるのかと強く感じる。


立石さんには差別を誘発さえないための明確な文章を書いてほしいと思っていて、メッセージもした。



そして、そのヤフーに掲載された記事のコメントが「障害者は別の場所で学ぶべき」、「いっしょで嫌だった」というコメントが多くて閉口した。(すでにヤフーの記事は削除されている)

ぼくがそのヤフーの記事に書いたコメント
あまりにも発想が裏返っていると思ったのです。

障害者だからということで【いじめられたり、自信をなくしたりして相当、傷ついている】のだから、支援校へ行くべきだと彼女は主張するのですが、そんな普通学級こそが変わらないといけないはず。そこは、そのまま許容して、障害者と名指された子どもは近所から遠い支援校にバスで通わなければいけないのですか?

障害者と呼ばれる子どもが普通級でちゃんと合理的配慮を受けながら教育を受ける権利を国連障害者権利条約は求めているはずです。そして、そのためのインクルーシブ教育の仕組みも世界中ですでにさまざまに実践されているし、その手法こそがもっと深められなければならないと思うのです。
いちばんたくさん「いいね」がついているコメントが以下

aki*****

|

この記事の通りだと思います。
保育園で働いていますが小学校への入学時にはすでに予測されるであろう困難がわかっているので保護者に支援級への促しをしますが聞き入れて貰えずやはりクラスでいじめや自己肯定感がズタズタになってから親がやっと気づき支援級へ…
それでは遅いのです。
子供が子供らしく毎日を過ごせるようにする為に考えてあげて欲しいです。
その子の未来のために…
是非この記事が多くの方に読んでいだけることを望みます。


ここにも、上位の意見に同意しつつ障害者をわけることに賛同すたり、ひどい場合は障害のない子どもの邪魔だというようなレスポンスがたくさんついている。それはいちいち転載しないが、このコメントにぼくが書いたレスポンスは以下

|削除

現・在・の・通・常・学・級・へ子どもを生かせることが「教育虐待」にあたるような事例は確かにあるのです。それはそこに行かせる親の問題ではなくて、そのように虐待に当たるような対応しかできない『通常学級』の問題なのではないでしょうか。日本も批准し、守る義務がある国連権利条約は通常学級ですべての子どもが合理的配慮を受けながら教育を受ける権利を行使できるようにしなければならないと規定しています。

繰り返します。いまの通常学級に障害があるとされる子どもを通わせることが虐待に当たるような事例があるとすれば、変わらなければならないのは親ではなく、学校のほうであり、世界各地の実践はさまざまな障害のある子どもが同じ教室で学ぶことが可能であることを実践で示しています。

その子が12年在籍して、何のスキルもつけられないとしたら、それは通常学級に在籍したことが問題なのではなく「合理的配慮」の不在の問題です。

また、こんなコメント欄の流れもあった。ここでも排除を求める声が多かったが、とりあえず、ひとつの印象に残ったやりとりを転載。

situmonnikaitou2000

|

切り取った例になりますが、近くのお母さんが重度障害を持つ娘を普通学級に入れようと奮闘しています。
どのくらい重度かと言いますと、寝たきり、胃ろう、人工肛門、意思疎通反応なし、一点を見つめたまま動かず当然会話不可の状態です。
教育委員会は特別支援学校を勧めたみたいですが、これを断固拒否し、公立小学校にエレベーターと専属の看護師の設置を市に求めてるようです。
差別を無くしたい、という想いをローカルラジオに出演して語ってもいます。
朝から夕方まで教室に同級生の母親がいるというなんとも気まずい環境。
こういう人って自分自分自分、我が子、我が子、我が子で他の生徒の事はどうでもいいのでしょうね。

これに対して、同意し、障害者の排除を呼びかけるようなコメントがたくさんあるなかで、以下のようなまともコメントも

idc*****さん

|

なかなか難しいですね。
ただ言えるのは大人になったら別にできないってことです。障害者枠なりで、健常の方と一緒に生活していく機会が増えます。
大人になってから急に一緒にはもっと厳しいと思います。
ただ、私も就労が厳しい重度障害者の方を普通学級へというのは違うかなと思います。
でも学区内の学校内の特別支援学級を特別支援学校と同等レベルにするのが正解だと思うし、また健常と言われる子にも様々な問題を大小なりかかえているなかで、もっと教員1人あたりの子供の数を減らすべきだし、介助、看護、警備、清掃とそれぞれ役割分担するべきて、その為の人件費を国や自治体がつけるべきだと思います。
教員の過労、イジメ、虐待など担任が背負いすぎですよ。役割分担でまず、大人側が余裕持たないとずっと教育関係のあらゆる問題は解決しないと思います。

実際過疎地の小規模校から都市部の大規模校の教員を見てきて感じたことです。

 ぼくは学校の中で、あらかじめ分けることにも反対だが(たくさんの人といっしょにいられない人への配慮は別)、これに対して、こんなコメントもあった。

cap*****さん
|

idcさん
ご高説は理解しますが、重度知的障害児の同級生のお世話係をさせられた身としては、とてもじゃないけど受け入れ難いです。
おかげで私の小学生活は暗黒でした(6年間ずっと同じクラスだった)。

これに対して、すごく遅れて、こんなレスポンスを書いた。

tu-taさん
|

cap***** さんが書かれている「度知的障害児の同級生のお世話係をさせられた身としては、とてもじゃないけど受け入れ難いおかげで私の小学生活は暗黒でした」という話、ほんとにたいへんだったと思います。
そのことを誰かに相談できたかどうかわからないのですが、結果として、過重な負担をずっと負わされていたわけですね。

もしかしたら、cap*****さんがやさしすぎて、その子の世話をしないで、他の子と遊びたいと言えなかったのかもしれないなぁと思いました。

ただ、これは、その子がクラスにいるからではなくて、cap*****さんに対する配慮の不在が問題なのでは?

もし、cap*****さんに対する配慮があれば、cap*****さんもその子がいることを受け入れ、クラスにいろんな子どもがいることの多様性の大切さを学ぶことができたのかもしれないのに、それを奪った教育があるのではないかと感じたのでした。

~~~~

ともあれ、障害児がいっしょにいるのが嫌だという意見が多いのが救いがないと感じる。
世の中全体がこうなのか、それともヤフコメの場が異常なのか
もしかしたら、世の中はもっと排除的なのか

とても気になる。


~~2021年3月追記~~
ヤフーニュースのコメント欄があまりにもひどかったので上記を書いたが、
https://otonanswer.jp/post/77411/
のコメント欄は真摯なものが多かった。
否、ヤフーのコメント欄も真摯なのだ。だから余計に問題なのだと思う。

また、著者の立石さんにはインクルーシブ教育を求める親も含めて
「教育虐待」という悪罵を投げつけるのは、差別を助長するので
そこには留意するように、一言、書き加えてほしいと伝えたのだが、何の反応もない。

特別支援教育が素晴らしいという考えは、同意はしないが、考え方としてあるかもしれないと思う。

しかし、インクルーシブ教育を求めるものにも「教育虐待」と悪罵を投げつけ、差別を助長するような主張はやめてもらいたいと思う。

同時に、障害者を差別して支援校を忌避する人と、インクルージョンを求めて地域の学校を求める人をわけて考える必要があるかも、と思い始めている。

~~追記、ここまで~~





~~以下、記録のために転載~~~

知的障害児を通常学級へ これも親の行き過ぎた「教育虐待」ではないのか

配信

「教育虐待」という言葉があります。「あなたのため」という大義名分のもと、親が子どもに課す、行き過ぎた教育のことを指します。この教育虐待について、知的障害のある自閉症児の息子がいる私は「障害のある子の『学校選び』のときにも言えるのでは」と感じることがあります。

いじめや自信喪失の恐れも

特別支援教育も検討を

 学校選びは保護者の意向が優先されます。その結果、「通常学級に知的遅れのない子と知的障害の子がいる」「支援学級に排せつの自立ができていない重度の子がいる」「支援学校に知的障害の程度が軽い発達障害の子がいる」という状況が生まれることもあります。その結果、指導が困難になり、担任は保護者から、「うちの子に合った指導をしてほしい」と要求され、疲弊してしまう、そんな現実もあります。

 中には「知的遅れのある子を通常学級に行かせよう」という親の会もあります。そうした考えの人には、私の考えは到底受け入れられないでしょう。双子を育てている親に「大変でしょう」と言っても、その親は双子しか育てていないので、自分が大変かどうか正確な回答ができません。もしかしたら、一人っ子でも同じように大変さを感じるかもしれません。

 これと同じで、息子に特別支援教育しか受けさせていない私は、障害のある子が通常学級で学ぶ良さを経験していません。ですから、偉そうに言う資格はないのかもしれません。ただ、特別支援教育という素晴らしい制度があるのになぜ、これを受けさせないのか、不思議に感じてしまいます。「特別支援学級に入学させたくても、知的遅れがないので入れてもらえない」「療育手帳がないため、特別支援学校に入学できない」子たちもいるのに…と思うのです。

 私は現在、知的障害者の移動支援、ガイドヘルパーの仕事をしていますが、特別支援学校高等部を卒業した青年が誇らしげに「僕はスペシャルスクールを卒業したんだ」と笑顔で語っていたのが印象的でした。皆さんはどう思いますか?

(子育て本著者・講演家 立石美津子)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント