『排除の現象学』(赤坂憲雄著)メモその1(1章まで)

排除の現象学(ちくま学芸文庫は1995年初版)赤坂憲雄著この本は最初(1986年)に洋泉社から、その後、改定新版として1991年に筑摩書房から出版され、その筑摩書房版が1995年に文庫になっている。ぼくが購入したのは文庫の1998年の3刷以下、出版社HPから秩序創成のための暴力としての供犠。異人という内なる他者の殺害―それこそがあらゆる…
コメント:0

続きを読むread more