『なぜ人と人は支え合うのか』メモ

なぜ人と人は支え合うのか ─「障害」から考える 渡辺 一史 著 以下、出版社のデータ http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480683434/ から ~~~~~ 編集者から 今日、インターネット上で渦巻く次のような「問い」にあなたならどう答えますか? 「障害者って、生きて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

場の力・エンパワメント・障害の社会モデル(「本の紹介」はほとんどしてない16回目)

以下、以下は2018年12月のたこの木通信に送った原稿ですが、ちょっと書き直しました。 ~~~~ 場の力・エンパワメント・障害の社会モデル (「本の紹介」はほとんどしてない16回目)  『解放のソーシャルワーク』のほんの一部分に触発されて書いただけで本の紹介をしてない。  この本の最初の章で佐藤寛のエンパワメント…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『蒲田の逆襲』 メモ

『蒲田の逆襲』 メモ 『蒲田の逆襲: 多国籍・多文化を地でいくカオスなまちの魅力』 田中攝著 言視舎, 2016 - 241 ページ 以下、ホームページなどから 読むと住みたくなる! 時代が強いる過酷な環境の変化を受け入れてきた蒲田は、多国籍で多文化の先頭を走り、おまけに住みやすい。本気で「多様性」をいうの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『現代社会はどこに向かうか』(見田宗介著)メモ

『現代社会はどこに向かうか』メモ 今朝、グーグルドキュメントに残っていたのを偶然見つけた読書メモ。一応、完結させてアップ。 現代社会はどこに向かうか 高原の見晴らしを切り開くこと 本の内容 曲がり角に立つ現代社会は,そして人間の精神は,今後どのような方向に向かうだろうか.私たちはこの後の時代の見晴らしを,どのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『解放のソーシャルワーク』についての質問とそれへの横田さんからの返答

「『解放のソーシャルワーク』(第1章までのメモ)」について 目黒区の平井さんが紹介していた『解放のソーシャルワーク』を読んで1章分だけのメモ書いて、わからなかった部分について、著者の横田さんのメールアドレスが大学のHPで公開されていたので、以下の質問を送ったら、素敵な返事が来て、いま、とてもうれしいです。以下に質問と書いていただいた返…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『解放のソーシャルワーク』(第1章までのメモ)

目黒の平井さんがfbで紹介していたので、読み始めた。図書館で借りたのだけど、面白かったので購入。 以下は読読後すぐの印象。2018/11/23に読み終えてるのに1章だけのメモを書くのに1か月以上経ってる。 1章、2章、4章はすごくおもしろかったのだが、5章、6章はぼくには難しすぎた。 単行本: 232ページ 出版社:…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「一緒にいることでバリアをなくす、と言いますが、そんなことしても偏見はなくならない」のだろうか

あゆちゃんちのフェイスブックに掲載された以下の記事に触発されて、ぼくも答えを考えてみた。 あゆちゃんちのフェイスブックの記事を転載して、そのあとに掲載します。 あゆちゃんち 12月24日 21:14 · https://www.facebook.com/ayuchanchi/photos/a.48832495…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「福祉的就労とまちづくり・まちおこし」

先日、四国から見学に来た人からお礼のメールが来たので、それへの返信を書きました。ちょっと補足してこっちにも掲載。中に書いてあるのですが、表題の公開セミナーを開催します。講師は日本財団の竹村さん。 「障害者事業所とまちづくり・まちおこし」(2019年2月5日、午後3時から蒲田アプリコ地下にて)主催 大田区自立支援協議会就労支援部会 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おだやかな日々」を、いま、過ごせていると 感じているとしたら

今日、偶然見かけたこの歌。 手嶌葵 家族の風景 この歌に谷山浩子さんがつけた歌詞がすごく気になっている。 こんな感じ ~~~~ 《 家族の風景》 詞 谷山浩子 曲 TRADITONAL(アイルランド民謠) あなたがいる やわらかな光みちる家 あなたがいる なにげない毎日の中に あふれる緑と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それにしても時代錯誤な自民党の主張

📷未婚のひとり親への税優遇をめぐる自公両党の対立点 この画像は朝日新聞から https://digital.asahi.com/articles/ASLDD5396LDDULFA01Q.html (有料記事) それにしても時代錯誤な自民党の主張。この未婚の子どもに対する差別意識が日本の人口減少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『三人暮らし』( 五十嵐 正人著) メモ

三人暮らし 五十嵐 正人 著 メモ 読了直後の読書メモ 2018年12月1日に五十嵐さんを大田区に呼んで、彼の講演を聞いた後、木伏さんを含めて鼎談 https://www.facebook.com/events/260994284605030/ することになったので読みました。制度の福祉で生活しているぼくを対談相手に選んだ仕掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川口太陽の家の実践は確かに美しい (ほんの紹介、15回目)

以下はたこの木通信に送った原稿だが、ちょっと書き直しも 川口太陽の家の実践は確かに美しい (ほんの紹介、15回目)  今回は『その花が咲くとき―障害者施設「川口太陽の家」の仲間たち』(松本哲著)。  川口太陽の家は基本的にどんな人も断らない。行き場のない多くの人がそこで救われる。そこで行われている支援は一人ひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ!この写真が一時的に展示拒否されたのか?!(豊田直巳さんから)

豊田直巳さんの大田区での写真展 でのトラブルについて、豊田さんからの報告を転載 なぜ!この写真が一時的に展示拒否されたのか?! いつもお世話になっている皆様 豊田のフクシマの写真展での展示拒否問題のご報告 「豊田直巳写真展『フクシマの7年間.尊厳の記録と記憶』inおおた」展問題とお願い いつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『その花が咲くとき―障害者施設「川口太陽の家」の仲間たち』メモ

『その花が咲くとき―障害者施設「川口太陽の家」の仲間たち』(松本哲著)メモ 最初に読書メーターに書いたメモは以下8月26日、著者の松本哲さんの講演会で購入、読了。どんな人も断らない施設。行き場のない多くの人がそこで救われているのは理解できる。そこで行われている支援は一人ひとりに寄り添い、とても暖かいと思う。しかし、それでいいんだろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『亜由未が教えてくれたこと』メモ

『亜由未が教えてくれたこと―〝障害を生きる〟妹と家族の8800日』坂川 裕野著  『亜由未が教えてくれたこと』をやっと入手。まず、カバーの袖だけ読んで、この宣伝文句がWeb上のどこかに置いてないか、少しだけ探したのだが、でてこなかった。 そこで見つけたのが https://www.nhk.or.jp/hearttv-blo…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊と9条(流れに抗して)

現在の改憲反対の立場での憲法9条と自衛隊に関する議論のほとんどが、自衛隊の存在を認めているように感じて、その違和感をとりあえず、以下で文字にした。 神奈川新聞の『時代の正体〈598〉安倍政権「変わらない」という嘘』  http://www.kanaloco.jp/article/331804/1/ 南野教授インタビューに触発されて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『虐待・親にもケアを』 (森田ゆり著)メモ(約1か月後の追記あり)

最初に読書メーターに書いたメモ 森田さんが開発したMY TREEペアレンツプログラムの本。(http://www.geocities.jp/mytree1206/ )確か、伊藤みどりさんが読んでよかったというのを聞いて、図書館で探したらあったので読んだのだった。モンゴルでも少し読んだ。興味深い話は多い。実践的な話でもある。そして、アカデ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ブリーフサイコセラピー(短期療法)について」 

2016年6月のタイムスタンプのあるレポート 科目名 心理学理論と心理的支援 課題 (b) 「ブリーフサイコセラピー(短期療法)について」    ~ブリーフサイコセラピーの理論と適用について具体的に説明しなさい。 1、ブリーフサイコセラピーとは  明確で簡単なブリーフサイコセラピーの定義は「クライエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『再犯防止をやめれば再犯は減る』ってホントかな? (ほんの紹介、14回目)

以下はたこの木通信に送った原稿だが、ちょっとだけ書き直しもしている。 『再犯防止をやめれば再犯は減る』ってホントかな? (ほんの紹介、14回目)  今回、紹介するのは吉間慎一郎著『更生支援における「協働モデル」の実現に向けた試論~再犯防止をやめれば再犯は減る』(LABO、2017年3,000円+税256頁) その『協働…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more