テーマ:高次脳機能障害

高次脳機能障害の当事者が支援者に教えるガイドブック(ほんの紹介33回目)

たこの木通信2020年11月号に掲載した本の紹介 ~~高次脳機能障害の当事者が支援者に教えるガイドブック(ほんの紹介33回目) 今回、紹介したいと思ったのは『「脳コワさん」支援ガイド』。今回のタイトルに書いたように高次脳機能障害の当事者である著者が支援者向けに書いたガイドブック。著者の鈴木大介さんは高次脳機能障害になる前からライターで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高次脳機能障害と脳性麻痺

不自由な脳―高次脳機能障害当事者に必要な支援 刊行記念トークイベント(金剛出版主催)に参加して、脳性麻痺と高次脳機能障害の連関について、講師の方に質問したところ、以下のような回答をもらいました。(ありがとうございました)以前から脳性麻痺の人で高次脳機能障害の人と似た症状の人がいると感じており、少し検索したものの、なかなかフィットする回答…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「こんな就労支援者になりたい」という話(ケアコミ学会の「けあ・こみニュース8号」掲載)

ブログ掲載にあたって日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会という学会がある。http://caring-jp.com/wp/一般社団法人になっていて、HPには以下のように書かれている。この法人の目的は、「脳損傷の人々並びに市民が同じテーブルにつき、地域において主体的な暮らしの実現及び脳損傷の人々がどのように改善するか等に関して学術研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 おおた障がい施策推進プラン(素案)への意見(茂野さんからの問題提起追記)

さきほど提出終了。 WEBから提出したら、3500字制限があり、結局、3分割することになった。 文字数を数えていなかったので苦労した。 募集のページも同じURLには、なくなってしまってたので、テキストを最後に張り付けておく。 どこかにあるのかもしれないけど、わからない。 追記 茂野さんがフェイスブックで書いていて教えても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「脳コワさん」支援ガイド メモ

「脳コワさん」支援ガイドhttp://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=107342鈴木大介著本文は2色刷りで黄色いマーカーがあらかじめ塗られています。もしかしたら、これも高次脳機能障害者への配慮かも。(これがノイズになる人もいるかなぁ?)この読書メモでも基本的に本文通りにマーカーを引いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新版障害者の経済学』は新版になって変わった(か?)(3)(ほんの紹介27回目)

たこの木通信2020年5月に掲載した原稿に注を追記 『新版障害者の経済学』は新版になって変わった(か?)(3)(ほんの紹介27回目)まだ、続きます。基本的には社会が作り出している障害、その障害を当事者一人ひとりが(ときに支援者といっしょに)、取り除く主体になり得るのだという部分を抜きに、【障害を福祉が素早く察知し、取り除いていく】という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「障害福祉から世界を変える」というイベントに参加して感じたこと(追記2019年5月7日)

「障害福祉から世界を変える」というイベント https://www.facebook.com/Vaccurs/posts/1042577769238002 に参加し て、感じたことを長めに書いた。それは以下。最後に1年経って、大事なことを書き忘れてたことに気がついたので追記 ~~~~ 「障害福祉から世界を変える」というイベントで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『季刊福祉労働153号 特集:相模原・障害者施設殺傷事件--何が問われているのか』メモ

目次は ~~~ 特集 相模原・障害者施設殺傷事件――何が問われているのか 仲間たちのいのちを奪った相模原の事件について土本秋夫 全国の皆さまへ 我々は認めない! いまこそ障害者と共に行動を!鈴木治郎 相模原障害者大量殺傷事件に思う――元療護施設入所者として太田修平 療護施設利用者の立場から事件を考える馬場精二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若年性認知症の人が抱える問題や支援方法について(昔書いたレポート)2021年4月少し追記

昔書いたレポートシリーズ 総合評価B 高齢者に対する支援と介護保険制度①若年性認知症の人が抱える問題や支援方法について述べなさい。~~~~ 現在、私が働いている就労継続B型には高次脳機能障害によって若年で認知に障害のある方が多いので、この設問に答えるにあたって、高次脳機能障害と認知症の違いを調べた。指定の教科書の説明では、その違いが不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『脳が壊れた』メモ

社会福祉士とかいうつまんない試験をはずみで受けることになって、しかたがないから勉強して、2週間くらい禁欲していた読書再開1冊目。 読後すぐに読書メーターに書いたメモある意味『壊れた』人たちのルポルタージュを書いてきた鈴木大介さんが自ら『壊れた』ことをきっちりと見つめ、『壊れた』自分を対象化することに成功していると思う。高次脳機能障害の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more