テーマ:社会福祉士

ソーシャルワーカーが社会資源を活用する上での、役割や留意点/これから必要とされる社会資源(追記あり

またまた以前書いたレポートから(2018年7月26日朝、ウランバートルにて追記) タイムスタンプは2015年10月 相談援助の理論と方法③ 評価A ソーシャルワーカーが社会資源を活用する上での、役割や留意点についてまとめなさい。また、これから必要とされる社会資源について、自分なりの考えを述べなさい  1、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ネットワーキングの意義・目的・方法と相談援助における多職種・多機関との重要性について

以前書いたレポート 2018年7月追記 科目名 相談援助の理論と方法① 課題 ネットワーキングの意義・目的・方法と相談援助における多職種・多機関との重要性について、あなたの考えを述べなさい 評価A  レポートを読む人はたぶん知らないだろうということを前提にかなりいいかげんなことも書いている。**区の就労支援のネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「相談援助における理念の意義について」

前に書いたレポートがでてきたので掲載その2 科目名 相談援助の基盤と専門職① 課題 (a)  「相談援助における理念の意義について」 評価A ~~~~~~~~~~  「相談援助における理念の意義について」  相談援助の理念とはソーシャルワークを行う上での人間観、社会観、援助観を培うものである。その重要なものとして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「日本の戦後社会福祉政策の展開について整理し、社会福祉基礎構造改革について論述なさい」

前に書いたレポートがでてきたので掲載 科目名 現代社会と福祉① 評価はA 「日本の戦後社会福祉政策の展開について整理し、社会福祉基礎構造改革について論述なさい」 ~~~~~  連合国による(実質的には米国の)占領政策が日本の戦後社会福祉政策のスタートだったが、そのベースには戦前の日本の貧困な社会福祉政策があり、戦争をはさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害の「ICFモデル」と「条約モデル」(東俊裕さん)

障害の「ICFモデル」と「条約モデル」(東俊裕さん) 『くまもと わたしたちの福祉』第68号 2016年1月発行から ~~~~ 以下は熊本学園大学付属社会福祉研究所のサイトにあるPDFをテキスト化して。HTMLのタグ付けしたもの。 http://www3.kumagaku.ac.jp/research/sw/syuppan …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"reasonable accommodation" は『合理的配慮』か

reasonable accommodation を日本では『合理的配慮』と訳されるのだが、このことについて誰かが"reasonable accommodation"をこんな風に訳すのはおかしい(なぜ問題かといえば、「配慮」には「してあげる」というようなニュアンスが含まれるから、というような話だったとおぼろげな記憶)、と言っていたのが気…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『ノーマライゼーション』の意味について

 (b) 『ノーマライゼーション』の意味について、あなたが理解したことをあなたの言葉で述べなさい というレポートを書く必要があって、以下のようなレポートを書いたら、一応及第点だったのだが、すごく低い評価で返ってきた。 どうも書こうとしたことが理解されていなかったような気がする。 表現力不足なのか。 もしかしたら、レポート…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「エンパワメント」は力をつけることじゃない (「たこの木通信」に書いた原稿)

6月発行の「たこの木通信」に書いた原稿。最後に少し補足 ~~~~ 「エンパワメント」は力をつけることじゃない (ほんの紹介、2回目)  今回、紹介したいのは森田ゆり著『エンパワメントと人権』(解放出版社)、1998年と少し古い本なのだけど、大好きな本。サブタイトルは「こころの力のみなもとへ」。 やたらカタカ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ケースワークの原則』についてのメモ(追記あり)

『ケースワークの原則 [新訳改訂版]援助関係を形成する技法』 という本、レポートを書く参考にしようと借りたのだが、読む本が大杉で次に予約している人もいるということで、あまり読まずに返却するにあたって、Webからひっぱってきたものを中心にメモを残す。ま、これでほとんど読んだような気分にはなれる。 この1957年に書かれた『The …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more