今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 2005年ホームビジット記録

<<   作成日時 : 2006/07/05 07:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年の「日米障害者交流プログラム」での受け入れの記録があったので、固有名詞を少し伏せて、ここに残しておく。

===

あわただしいけど楽しかった一日

 OCNet(外国人とともに生きる大田市民ネットワーク)では、この2年ほど、大森高校定時制で国際理解ウィークという企画を準備している。Sさんにお願いして「日米障害者の国際交流」というテーマで授業を2年続けて担当してもらった。そのやりとりの中で、「もし、ホームステイを受け入れる人が足りないようなら」という話をした。しばらくして、Sさんから依頼があり、つれに相談し受け入れることになった。
 事前に一度、会っておいたほうがいいとのことで、近所の大森スポーツセンターで行われていた運動会を覗きに行く。太鼓のコンサートをやっていて、終了後にうちに来る予定のエドワードと介護者のルフォンダを紹介してもらう。気のよさそうな二人で安心したが、ちょっと困ったのはエドワードの大きな電動車いす。アパートのドアを通ることができるかどうか。「手動の車いすもあるから、その日は手動で行くから」という風な話をされたつもりになっていた。
 ホームビジット当日、迎えに行くと、彼が乗っているのは電動車いす。Kさんと相談し、うちに入れなければ、ちょっと中を覗いてもらうだけということにして出発。この日の予定はつれが考えてくれて、まずは大森駅ビルのスーパーで買い物をして、家で昼食を取るというもの。買い物をすませ、途中、エドワードの希望で彼の車いすがぎりぎりで入れる小さな100円ショップに寄り、彼らのお土産第一弾を買う。帰るとうちの前に手動の車いすが置いてある。4月に閉店した飲み屋の常連の知り合いで同じアパートに住んでいるTさんから借りたとのこと。とりあえず、電動のまま入ろうとトライしたら、ぎりっぎりで入れて一安心。談笑しながら昼食。寿司などの日本の食べものはあんまり好きじゃないのか、おいしいと言ってはくれるものの、あまり減らない。
 午後はエセナおおた(大田区男女平等推進センター)での戦争の記憶に関する催しに行く。地元大田区での60年前の戦争に関するの展示と吉岡しげみさんのコンサート。つれのIはこのセンターの運営協議会にかかわっていて友人も多いので、事前に頼んで歌詞を英訳してもらい、コンサートは最前列が準備されていた。「戦争はやだね」っていう気持ちは伝わったかどうか、少し心もとない。そう言えば、もう20年近く前にSさん(夫)やSさんの家で、「『障害者を生むことになる原発反対』という言い方はいやだ」という話から始まって、「『障害者を生む戦争反対』というスローガンもだめだね」なんて話をしたことを、なつかしく思い出す。
 次の予定は友人宅での「東京湾華火大会」見学だが、2時間ほど余裕があるので、エドワードの希望で再び100円ショップへ。今度は大森駅前のスーパー跡のビルにある少し大きめのところ。そこで彼らが買う土産の量にびーっくり。100円ショップで4千円の買い物を始めて見た。彼らの話では合州国にも1$ショップというのがあるそうだ。100円ショップに垣間見る新自由主義グローバリゼーションの問題を英語で話したりできるわけもなく、彼らの楽しそうな買い物をいっしょに楽しむ。
 そこから、電車とバスで本日メインイベントの花火見学パーティーへ移動する。ぼくたちは、ここ数年、この友人宅(花火会場すぐ近くのアパートの10F)で花火を楽しませてもらっている。このホスト一家の息子TSくんも車いすユーザー。ここに呼ばれている別の友人一家は染色体起因しょうがいの娘の教育のため、数年の滞米経験がある。しかし、この日のメインイベントはなんと言っても花火なので、あまり会話はなく、飲んだり食べたりしながらも花火に集中していた。とても楽しんでいる様子でひと安心。花火終了後はこの花火パーティー会場であるアパートの廊下で、TSくんが通う作業所の友人のプロ級のハモニカ演奏でパーティー終了。
 帰りは新宿駅でのミスリードもあり、大回りさせられ、門限ぎりぎりにサンライズにたどり着く。ぼくたちも楽しい一日を過ごさせてもらった。
===


これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、そのクリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。そして、クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。
でも、クリックしてください。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
2005年ホームビジット記録 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる