今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 乙武ブログから障害者差別コメント収録

<<   作成日時 : 2006/09/10 02:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

問題にされている乙武ブログ

2006.09.07
紀子さま出産
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_f549.html

2006.09.07
深くお詫びします
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_fa1a.html

これを見に行って、障害者差別書き込みの例を簡単に集めることができた。以下に拾ってきたのは「深くお詫びします」のコメントから。
ちょっとやっていくつか集まったので、コメントは3000くらいのうち、100くらいしか見ていない。

しかし、差別発言の例をこんなに簡単に採集できる場所はそんなにはないから、その手の研究をしている人は消されていないいまのうちにすべてを記録しておくと、そこから見えてくることはありそう。しかし、本当に消耗する作業であることは間違いない。

こういう障害者フォビア、ネット上という匿名が可能なバーチャルな世界だからこそ可能になるのだと思うが、どれくらいの影響力を持ちえるのかということには興味がある。
格差社会の進行は、こういう障害者フォビアが広がる背景にはなりえるだろう。ただ、障害者フォビアがそんなに簡単に広がりうるとも思えない。しかし、だからといって、このようなフォビアを無視していていいとも思えない。このフォビアの問題をどう見ていけばいいのかを考える材料にもなりえるように思って収録した。フォビアを再生産することには使用しないで欲しいと思うが、フォビアの常習者にはこのお願いは効果がないかもしれない。それでも記録し注意を喚起することは必要だと考えたので以下に転載する。


以下に転載する差別発言の例を読みたくないひとは、これから先は読まないでください。


以下、転載

==

まぁあなたは土下座もできないだろうが(笑

===

>エレベーターを51階で下り、宇宙船の中みたいな通路を通っていくと、
>部屋に行くまでの途中、2〜3段の階段が。
>なので、僕は車いすをそこに止め、あとはマキに抱えてもらうことに。


>うーん、何だかなあ…。


>これがね、新宿とかの雑居ビルなら仕方ないことだと思うんですよ。
>バリアフリーの「バ」の字もなかったような時代の建物ですから。
>そんなところで文句を言っても仕方ない。


>でもね。


>六本木ヒルズって、何年前にできたのよ?
>日本の最先端であるはずの場所が、なんでこんな時代錯誤なの!?


>「車いす利用者が、こんな高級な場所には来ないだろう」 と、
>タカをくくっての設計でしょうか…。


>設計者の意図が聞きたい!!

答え

>少なくとも手も足も生えてない人間なんて、
>周囲に迷惑ばかりかけるから、
>生まれていらない。


まずはマキに人として迷惑をかけてることを申し訳なく思え。
身障者であることで受けられる恩恵を、
当然になってる自分を恥ずかしく思え。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
手足が無くても、どんな命でも尊いはずだ。


その結論を急ぎすぎたあまり、ご誕生に対するよろこびの気持ちを欠いた表現となってしまいましたことを深くお詫びするとともに、みずからの手足のなさを恥ずかしく思うばかりです。


最後に、僕と同様の障害を抱えていた友人からのメールを紹介させてください。


「テレビで『親王以外にも今日生まれた身障の子おめでとう!! 』なんてセリフを言ってくれるアナウンサーいたらカッコイイのになあ」


手足が足りず、みなさまにはたいへんご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫びします。

===

悪いけど、命に平等なんてないんだよw

少なくとも手も足も生えてない人間なんて、
周囲に迷惑ばかりかけるから、
生まれていらない。

===
障害者って、何様よ?
なんでそんなに偉そうなの?

===

あんたがTVに出て、ウチの姪が泣いたてのは
本当だ
あんたは障害者の立場で出てるかもしれないが
ビックリするだろうが

それが今回の慶事にケチつけるかな?
障害者って、そんなに偉いんですか?

===


眠れなかったのでまた来ちゃいました。
謝罪の文章を読んで気づいたんですけど、
もしかして、世間に注目されるようなネタが
何も無かったから、今回の出産をネタにしようと
飛びついたんじゃないですか?
これでまた注目されて、嬉しかったでしょう?
謝罪文も、わざと反感をかうような文を書いて。

そういう使い方もアリなんですね。

障害者だからって、何でもありなわけではありません。

とりあえず、ブログは閉鎖して、
線路に横たわってみませんか?
あなたにおすすめします。

===

いつジャーナリストになったんだ?
TVであなたの姿を見てウチの姪は泣いたぞ
「イモ虫みたい」って

それが新宮さまに文句いうかな
素直に祝ってやれないのか?
そりゃ心の障害だね

===

まったく障害者はいいなあ
批判すると「地獄に落ちろ」とか言われるし

お前ら大丈夫?

===

障害者はいいなあ
何を言っても許されるんだね

===

劣丈サン
ブログでお詫びするだけじゃなくて
ちゃんとTVで記者会見開いて、公式に謝れ!
地に手をついて謝れ!!
地に手をついて
地に手をついて
地に手をついて
・・・・・・

===

もし、手足のない子が生まれたらどうしようか。
ドキドキ。元気な声に四つの手足
そりゃおめでたいだろ!!!!

そういうことだ。

===

乙武さんは、あなたと同じような体型、もしくは普通の状態じゃなく産まれてきたほうがよかったんでしょうかね

===

早く謝罪しろ! 皇居前広場で頭を地面にこすりつけて謝れ!


その後は北朝鮮に帰れ! ただ飯食いやがって

ひがみ根性のお下劣野朗!

===

賛成〜〜!
男の子は男の子、
かたわはかたわ♪
それは事実。

どれも上手に利用するに越したことはない。

===

カネと環境さえ揃えばカタワでも幸せと自慢本を出してみたが
それ以上に幸せな香具師がいるとひがむわけですね

===

汚い野郎だな・・
だから障害者って、表出てる輩は、
大嫌いなんだよ。

===

五体満足なお子様の誕生に嫉妬でもしましたか?

===

転載ここまで

コピーしたものを読み返して思ったのだけど、同一人物が書いたものもいくつかありそう。コメント欄のハンドルネームも確認していないけど。



これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックしてくれると、そのクリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになりますが、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
乙武ブログに見る障害者差別
ブログ記事別アクセスランキングを見ていて、今日考えたことさんのブログを見てがっかりした。 何しろ炎上中のブログだけに、異常な数のコメントがあるので、とてもコメントを読む気がせず、読んでいなかったのだが、思った以上に差別コメントが多いようだ。 ...続きを見る
クルトンパパのいろいろ日記
2006/09/12 08:42
天皇はやはり神様?? ♪王さまは裸じゃないか〜♪
ネット上に氾濫する天皇制賛美の言説。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2006/09/16 02:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。TBさせていただきました。
乙武君の発言の是非は是非として、匿名性に乗じ、やってはいけない事をやるものに対しては、ネット社会が自力で取り締まりに当るべきです。

この差別発言をした者に関し、乙武君に任せるのではなく、ココログが積極的に動き、差別発言したもの達をネット上から永遠に追放すべきだと思います。

自由な発言が出来るインターネットを、規制だらけの世界にしてしまうのが、こういう連中です。
クルトンパパ
2006/09/12 16:51
どうも差別発言は幼稚ですね、

 小さい時は 素直に何も解らず、
 あいつ 手が無いぞー!
と大きな声で叫ぶガキ、
気持ち悪い〜っと
言う。

 そこで教える 健常者でない者の辛さ、を教える大人。
 回りの人間関係が悪かったのでしょうね、

言葉の暴力の痛さを、解らない痛い人が増えているんですね、 悲しいね。

tutiryu
URL
2006/09/13 20:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
乙武ブログから障害者差別コメント収録 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる