今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS フェミニズム・しょうもない男 親和性理論

<<   作成日時 : 2007/02/16 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 風邪を引いて、休むに休めない事情があったりして、早退・休暇・早退ってな感じだ。近所に知り合いの医者もいなくて、行きたい街医者もないなぁと思っていたら、ちょっと知り合いのパンプキンという給食とかやってるNPOの壁に往診してくれる医者の電話番号が貼ってあったと連れに聞いた。HPで調べたら、末期がんの在宅の見取りも手伝ってくれるらしい、西大井という住所はちょっと遠いなぁと思いながら、今日、早退して行ってきた。住所は西大井だったが、今は寂しくなって名前も変わった旧馬込銀座商店街の並び。医者はなんだか普通な感じだった。

 そんなこんなで、本来ちゃんとレスポンスを書かなければいけないメールもいくつか来ているのに、そこからは逃げて、こんなものを書いてる。

 熱が出て、ぼーっとした頭で考えるのは、だいたいしょうもないことだ。あとで読んで後悔する。でも書かずにいられないのも熱のせいにしておこう。

 というわけで、名づけて「フェミニズム・しょうもない男 親和性理論」なんだけれども、なにか特別に変わったことをいってるわけじゃなくて、マッチョから見ると、男らしさを否定するフェミニズムに賛同する奴なんてしょうもないわけで、とりたてて、これにぼくが名前を与えたのはぼくにマッチョの視点が色濃く残っているからに他ならない。それは家事時間1/5という話でも証明されている。
 こんな風に結論から書いてしまうと見も蓋もないのだが、例えばぼくが学生時代からつきあってた女性との同居に踏み切れない理由に、ぼく自身が身辺自立ができていないから、もう少し料理や掃除ができるようになったらと誤魔化していた。
 んで、今日、この「大理論」を思いついたのは連れとの以下のような会話。「残業続きで見も心もボロボロ」という連れ、「仕事はどんどんいろいろ人に振って帰ればいい」とぼく。
 もう少しで仕事なんかやめてやると言いそうな連れに「でもね、女性に経済的自立は必要だし重要だよね」「男にはそうでもないんだけど・・」とぼく。
 こういう男は一般的に「しょうもない男」と言われる。

 中村尚司さんはどこかで、自立とはたくさんの依存先を見つけることだと言っていた。やりたいことがちゃんと継続的に出来るくらいに複数の依存先を確保できてさえいれば、経済的な自立なんて必要ないのかもと思えてくる。
 「そう、ぼくだけに依存しなきゃいいんだよ、それはあまりにリスキーだ。だけど、One of them にはなれるよ」 っていうと、それはやっぱり情けない奴なのか・・・。
 よく考えたら、、このブログ、連れの一番上のこども(女性)もときどき読んでいるらしい。彼女、某T大学のUC教授のところにも行ってたことがあったような。


はい、これ冗談です。おかあさん大切にしてますから・・・。





これを読んでくれた人が下の「人気blogランキングへ」というのをクリックして欲しくて、これを表示しています。クリックしてくれた人の人数でランクが決まる仕組みです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
フェミニズム・しょうもない男 親和性理論 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる