今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 川田龍平、もうひとつの世界を可能にするために

<<   作成日時 : 2007/07/24 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

なんどか書いてきたが、ついに参議院選挙は最終盤に。
世論調査などによると、龍平くんは東京選挙区定数5のところ最後の1議席をめぐって5位か6位という情勢。

サンスポではこんな記事がでている。
==
感動呼ぶ話題の演説「泣かせる龍平節」で病と闘い選挙と戦う
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200707/sha2007072204.html
==

 龍平くんが国会に行くことがそのまま直接的に新しい社会運動の開始になるとは思わない。しかし、こんなに具体的に新しいタイプの社会運動に関わっている候補者を他にぼくは知らない。そして、新しい動きはいろいろなところで具体的に始まりつつある。社会運動、あるいは政治運動が影をひそめていた日本社会に変化が起きそうな予感はある。これを確実な変化につなげたいと思う。この変化とは自民党が退潮して、民主党に勢いがあるというような類の変化ではない。そんなちっぽけな変動ではなく、もっと大きなところで変化が始まりつつあるのではないかと思う。この変化に向かう流れは、まだまだ小さく、いまは、ちょっとしたアクシデントで消えてしまうようなものでしかないが、これを確実な変化の流れへとつなげていきたい。

 彼は社会運動と国会をつなげることを意識している。当選すれば、社会運動のためのスペースを国会議員として広げることができるだろう。東京選挙区での台風の目という以上に、国会での台風の目になれるとぼくは思っている。

 また、彼の視野は日本に留まらない。何度かWSFにも参加し、世界の社会運動ともつながりつつある。そして、ラディカルな社会変革の必要性に彼は気づいている。

 ぜひ、彼が国会で何ができるか、見てみたい。そして、彼には国会を通して人々に語りかけて欲しい。サンスポの記事にあるように、彼の静かな語りは人々の考え方を動かす潜在的な力を彼は持っている。

 知り合いにメールを出してみようと思う。そんな風に一人一人が動けくことでしか変化は来ない。そして、「動けば変わる」はずだ。

 「もうひとつの世界を可能に」するのは川田龍平ではない。他の誰でもない。ぼくたちひとりひとりのはずだ。
 そのひとりひとりの力の結節点に、龍平くんになってもらいたいとぼくは思っている。




また、春日くんのブログからはMXテレビのニュースをユーチューブで見ることができる。
http://skasuga.talktank.net/diary/archives/000292.html
(ぼくは自分で貼り付けることができないので、ここからハイって下さい。


ACT TOGETHER FOR ANOTHER WORLD



この下にある「人気blogラ
ンキングへ」というのをクリックしてください。

人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックすると
ランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります
。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ





感動呼ぶ話題の演説「泣かせる龍平節」で病と闘い選挙と戦う
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200707/sha2007072204.html

 「聴衆が思わず涙する」と感動を呼んでいる街頭演説がある。参院選東京選挙区に無所属で出馬している薬害エイズ訴訟の元原告、川田龍平氏(31)だ。エイズ発症の恐怖を抱えながら、4種類の薬を毎日飲んで精力的に遊説し「命が大切にされる社会を」と訴える。川田氏以外にも、病と闘いながら選挙を戦う候補者たちの奮闘が話題となっている。





 「今年、31歳になることができました。こんなに長く生きられるとは、思っていませんでした」

 率直な心境を話す。絶叫調ではなく、むしろ冷静な口調。周りにはじっくり演説に聞き入り、涙をぬぐう聴衆の姿も。候補者だけが泣いて訴えかける選挙運動が多い中では、異例の光景だ。

 屈指の激戦区・東京で既成政党の候補者たちを相手に、無所属の川田氏が“台風の目”となっている。薬害エイズの被害者として厚生行政や官僚の天下りの問題点などを中心に訴え、毎日都内5カ所前後で街頭演説を行っている。

 「いつエイズを発症し死ぬかもしれない、という不安と闘っています」。血友病患者で、非加熱輸入血液製剤の投与によりHIV(エイズウイルス)に感染。10歳の時に母親から感染を知らされた。平成7年にHIV訴訟の原告では初めて実名を公表、エイズ問題の先頭に立ってきた。

 元衆院議員の母、悦子さん(58)は「命を縮める」と当初は出馬に反対したが、「できるうちにやりたい」と出馬を断行。毎日昼に発症を抑える薬を4種類服用しながらの選挙戦で、副作用は強いというが「前よりも体調は良くなっています」と元気そうだ。

 「仲間が次々と目の前で殺されていった。私は生き延びてきた人間として、政治を変えたいんです」と訴える川田氏に、聴衆から拍手が起きた。

 21日の目黒区内での演説を聞いていた50代男性は「エイズと闘っている彼の言葉はとても心に響く。演説に説得力があった」と涙目に。主婦(58)は「裁判をやってきた強さが確固たるものになっていると感じる。体力を維持してもらい、ぜひ国会に送り出してあげたい」と期待を込めていた。


■川田氏の演説要旨
 10歳の時に薬によってエイズに感染したことを母から聞かされました。友人が次々とエイズを発病し、亡くなっていきました。私も、いつ発病し死ぬかもしれないという不安と戦いながら、人は何のために生きるのかを考え生きてきました。 高校3年生の時、製薬会社、国に、責任を認め謝ってもらうため裁判に加わりました。19歳の時、堂々と生きていきたいと思い、実名を公表しました。多くの人が動き出し、画期的な裁判の和解へとつながりました。 私は31歳になることができました。ここまで生きられるとは思いませんでした。皆さんのご支援のおかげで、今の私があります。薬害エイズを引き起こした、当時の厚生官僚が社保庁に天下り、年金問題を引き起こしています。このまま社会が悪い方向へ変えられていくのを黙ってみていられません。 薬害エイズの被害に遭い、仲間が次々と殺されていくのを見ながら生き延びた人間として、一人一人の命が大切にされる社会を作るために立候補しました。動けば変わる。生きるって楽しい、と思える日本へ。皆さんとともに頑張ります。(21日、東京・学芸大学駅前での演説)

写真キャプション
聴衆に語りかけるように演説する川田龍平氏=21日午後、東京都目黒区

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政権にしがみつく安倍たちは、センター入試での「強制連行」出題に、関係者を呼んで糾弾してた。
【☆チームの工藤投手が、昨日の巨人戦に勝利して、全球団から勝利を記録するという 快挙を成し遂げた。(~~) ここは、民主党の小沢党首にも自民党に勝ってもらって、 全政党に勝利をしてもらおうかな?、(・・)野党各党への後押し、よろしくです。m(__)m】 ...続きを見る
日本がアブナイ!
2007/07/26 04:02
参院選では、とくらたかこさんと川田龍平氏を応援します!
【やった〜、\(~~)/11日午後からや〜っと他ブログからのTB受付ができるように なりました〜。・・・帰宅して、ブログに色々なTBを頂いているのを目にできる幸せ をしみじみ味わっております。(ノ_-。) 参院選まで、ブログTB仲間で、力を合わせて 頑張って行きましょうね。(^^♪そして、皆さまからのご支援もよろしくです。m(__)m】 ...続きを見る
日本がアブナイ!
2007/07/26 04:03
いよいよ終盤戦
 いよいよ参院選も終盤ですね。時代遅れの公選法のせいでここのところ音楽記事に戻ってましたが、今回ばかりは時期的に触れずに ...続きを見る
ベースケ日記
2007/07/26 10:24
7月29日は投票にいこう!期日前投票もあるよ!在外投票はもう終わっちゃったけど。
7月29日(日)は参議院選挙の投票日です。みなさん、せっかくの権利ですから行使しましょうね。でないと税金払いっぱなしで“MOTTAINAI”ですよ。年金も消えちゃうしねぇ。 ...続きを見る
薫のハムニダ日記
2007/07/26 12:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
川田龍平、もうひとつの世界を可能にするために 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる