今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 老いるということ

<<   作成日時 : 2007/09/30 15:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

内田樹さんが自分のブログで老いるという感覚について書いていて、とても納得したので、その部分を以下に転載
===
私は16歳の頃に自分が57歳の時にどんなことを考えている人間になるのか想像もつかなかった。
想像がつかなかったのは、「57歳というのは、すごい大人だ」と思っていたからである。
16歳はガキであるから、ガキの想像力をもってしては57歳の爺の頭の中に渦巻く妄念や諦観や洞見についてはそれを忖度することはできるはずがないと思っていたのである。
そこらへんの考えの浅さがやはり16歳のガキである。
なんのことはない。
40年経っても、「がわ」が爺になっただけで、16歳の私はそのまま手つかずで残っているのである。
そういうたいせつなことをどういうわけか大人たちは決して子どもに教えてくれない。
だから、私の文章を読んでいる若い方々にここに声を大にしてご教示するのである。
このあと何十年経っても、あなたの「中身」はほとんど今のまま残っている。
でも、「がわ」の性能にはガタが来る。
歯が抜け、毛が抜け、腹が出て、肌がどろんとたるみ、白目が黄色く濁り、全体にやる気がなくなる。
そういう中年老年の自分の肉体に「いまの自分」の頭を移植した状態を想像してみればよろしい。
それが紛れもなく諸君の何十年後かの実体なのである。
===

ぼくは内田さんのように早熟じゃなかったから、16歳になった段階で、1年上の学年の人さえ、つまり17歳のガキさえ、「大人だ」と思っていた。

そして、48歳の今、自分がこんなにガキだなんて、やはり想像さえ出来てなかった。

ただ、多少、人並み以上にガキの部分は多いかもしれない(笑)。


そして、この内田さんも、人並み以上に年齢不相応にガキの部分を残してる人と言えるかもしれない。(少なくとも、ほとんどの人はなかなか自分にガキの部分があることをカムアウトしないので、大人に見える。)

そういう意味ではぼくと内田さんは似ていると言えるかもしれない。ちょっと違うのは、ぼくの年収が内田さんが納入する税金の額より、かなり少ないということ(以前のブログで高級車1台分って自分で書いてた)。こんどの村上春樹本もたくさん売れそうだ。どーせ、税金にたくさん持っていかれるんだから、いろいろ使って欲しいところがあるなぁ。例えば原爆の図・丸木美術館、エレベータが欲しいんだけど買えない。



てな具合に他人の財布の中を数えても、むなしいだけだから、どうしたら、エレベータが設置できるような資金を手にすることができるか、もう少し考えてみよう。




この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
老いるということ 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる