今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「多文化共生」社会論批判

<<   作成日時 : 2007/10/20 04:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

「制裁論を超えて」(新評論)の紹介を某NGOのニュースレターに書く機会をもらって書いた。それについてはまた書くことにして、そこに書けなかったことで、この本の興味深かった部分を以下に。


第1章 <植民地主義の克服と「多文化共生」論>で著者の藤岡美恵子さんはこんな風に書く。
==
2002年9月以降の異様に高まっていく北朝鮮バッシングと同じ時期、「多文化共生」を掲げて各地自治体や民間団体がさまざまな政策、活動を展開し、それらを通じてこの言葉が社会に相当程度浸透するようになったにもかかわらず、その議論のほとんどが偏見を煽る北朝鮮バッシング言説や在日朝鮮人への暴力事件に触れることなく行われてきた。そのような「多文化共生」社会論は、真の意味での「多文化共生」社会論とは呼べないのではないかという疑問が生じてくる。
===

そして、これに続いて、多くの「多文化共生」論では過去から現在につながる植民地主義(アイヌや沖縄の問題を含む)を問題にしないような形で語られていると批判する。そして、多くの「多文化共生」論はニューカマーの対応としては評価できるが、とした上で以下のように書く。
===
(それが)植民地主義脱却の促進に役立つかどうかは疑問と言わざるを得ず、むしろその弊害となる可能性すらあるのではないかと危惧している。
===


この先で、藤岡さんはなぜそうなのか、どうしたらいいのか、ということを展開しているのだけれども、興味のある人はぜひ読んで欲しい。

できればここでも、その内容についても、そのうち紹介したいと思ってるんだけど・・・。




上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[社会論]「多文化共生」考
tu-taさんが紹介されている、『制裁論を越えて』という本の内容。 http://tu-ta.at.webry.info/200710/article_11.html 「多文化共生」論というものが、植民地主義を問題にしないような形で語られているということへの批判がされてるとのこと。 この点について、少し思うこ ...続きを見る
Arisanのノート
2007/10/23 02:33
本の紹介「制裁論を超えて」(新評論)+アルファ
Arisanのノートから、先日書いた 「多文化共生」社会論批判 へのトラックバック(「多文化共生」考)をもらった。 これへのレスポンスを書こうと思ったのだが、この話に入る前にこの本全体を紹介しておきたい。  んで、掲載誌(某NGOのニュースレター)には申し訳ないんだけれども、先日書いて送った本の紹介を以下に転載。まぁ、原稿料がもらえるわけじゃないし、このブログ、読んでる人は数十人しかいないから、許容してもらおう。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2007/10/24 02:24
藤岡さんの「多文化共生」社会論批判
先日のブログ(「多文化共生」社会論批判) で、外側だけ紹介した「多文化共生」社会論批判。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2008/03/16 08:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
「多文化共生」社会論批判 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる