今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 被害の相談と親密さの問題

<<   作成日時 : 2007/12/04 04:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ぼくが学生時代の、四半世紀も前の昔の話を思い出した。

女性から、ひどいセクシャルハラスメントの相談を受けた男がいた(その当時はセクシャルハラスメントという言葉はなかった)。相談を受けるという状況はある種の親密さを生む。相談を受けた男はその相談の深刻さを理解することができないだけでなく、その親密さを勘違い、あるいは利用して、相談した女性を再び被害者にしてしまう。

被害にあった女性はたまったものではない。そんな昔の話を思い出した。その相談を受けた男というのはほかの誰でもない。

それがどんな問題なのか、苦しみながらも告発してくれた女性たちがいて、ぼくは自分のひどさと向き合うことができた。何回ものやりとりがあった。それはぼくにとっても、たぶん告発してくれた女性たちにとっても、そんなに短い期間じゃなかったと思う。あることに気づいて、問題と向き合うための出発点にやっと立ったね、と伝えられた。その「あること」とはそんなに難しい話ではなかったが、大切なのはそれに気づくプロセスだったのだろうと思う。出発点以降はぼくひとりの作業になった。いつでも自分に甘い甘いぼくはその作業をまだちゃんとできてないのかとも思う。だから、それ以降もいろんな間違いを犯してしまったりもした。だけど、告発してくれた女性たちがいなければ、もっともっとひどいことになっていただろうということは容易に想像できる。

いまでも、ぼくはそんな間違いを犯しかねない。ぎりぎりのところで、その経験が救ってくれていると思うときがある。ぼくは、そんないいかげんな奴だということを胸に刻んでおくためにも、ここに書き残しておこうと思った。

自分がそんな風にいいかげんな奴だということを忘れたら危ない。そんな風にいいかげんな奴なのに、それでもけっこう強くあるこの自己肯定感はいったい何なんだろう。

自分の中の否定したい部分と肯定したい部分が混ざり合って、肯定したい部分が前に出ることが多いって話なのかなぁ。


あっ、こんなことを書いてる場合じゃなかった。今日、使うレジュメがまだできていない。




上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ふーん。なるほどぉ。
kae
2007/12/12 20:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
被害の相談と親密さの問題 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる