今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS M美術館の課題

<<   作成日時 : 2008/08/09 04:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

知り合いのブログにコメントを書いたので、ちょっと補足して、こっちにも記録として残す。

転載する前に長い補足。

断るまでもないけれども、当然、以下は個人的な見解。

M美術館の8・6の講演者、Wさんについて

Wさんを呼んだことがどうだったのかが、いま、問われている。

正直、彼がどういう思想の持ち主かも知らずに、ほとんど論議もしないまま、彼を呼ぶことに同意したぼくにも責任がないわけではない。結果として、呼んだことがよかったのかわるかったのかということは、とりあえず置くとしても、どんな人か知らないまま呼ぶことに同意したガードの甘さを指摘されたら否定はできない。

もちろん、講演者としての彼を推薦した人との信頼関係を前提として、その決定はなされたのだし、そういうことはありだと思う。

「多様性を謳歌すること」と「許せないこと」の境目をどこにどう置くかという話でもある。

ぼくはM美術館として、麻生太郎は許せないというのは言っていいと思う。どう考えても、彼は核武装肯定論者だ。いろいろ、あいまいな言い方もしてはいるが、本音のところは透けて見えている。そういう考えを明確に否定しない限り、麻生太郎は許容できない。

じゃあ、その彼を支持する人をM美術館は受け入れないのか。もちろん、美術館の絵はどんどん見てもらいたい。じゃあ、そういう人を講師として呼ぶことはどうなのか。

とりあえず、それが失敗だったかどうだったかという結論を置くのは少し待とう。しかし、このことから学ぶべきことはあるはずだ。そして、もし学ぶとしたら、それは身を守る術を学ぶのではなく、美術館がポジティブに展開していくために、どうなのか、という観点から学びたいと思う。


以下、コメントを転載。



===
Wさんの話のこと

資料を持っていないぼくはWさんの話をそれなりに面白い話しだなぁと思いながら聞いていました。
で、質疑で出された話で、麻生太郎を応援というチラシが資料につけられていたという話を聞いて、正直、びっくりしました。その後、いろいろ否定的な見解も聞きました。ぼく個人として、この問題をどう考えていいのか、結論を出せないでいます。

M美術館を応援する人は多様であるべきだという一般論は一般論として理解できます。しかし、よりによって麻生太郎とは・・・。
例えば、こんな報道があります。
「北朝鮮核開発続けるなら日本も核武装が必要」日週刊誌
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=73480&servcode=200§code=200

そう、Wさんを呼ぶという話がでたときの会議にはぼくも参加しており、その決定の確認のメールももらっているので、その決定に関して、ぼくが部外にいるとは思っていません。ぼくは彼を呼ぶことに賛成したひとりでもあります。


確かに多様性は必要だと思うのですが、許せないこともあるはずです。どうも本音のところでは核兵器を持ちたがっているとしか思えない麻生太郎を支持する人が、彼を人間として支持するという意思表示をしながら、丸木のイベントの講演者になるということをどう考えたらいいのか、そういう意味でもWさんの発題は非常に考えさせられる問題提起ではありました。

美術館でのオープンな議論が問われているのかもしれないと思います。

中途半端でまとまりのないコメントでごめんなさい。

==コメントココまで==



上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
M美術館の課題 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる