今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS **福祉工場の強みと弱み

<<   作成日時 : 2009/07/26 11:06   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

もう1ヶ月前になるが、仕事に関する研修に行ってきた。
そこで課題が出された。

自分が働いている「施設」の
1、外部環境の強みと弱み
2、組織環境の強みと弱み
3、内部環境の強みと弱み

を記述せよというもの。

記録として、ここに残しておこう。


===

1−a 外部環境の強み

・障害者雇用が困難な状況が続いている。(福祉工場が存在する余地がある)
・国連障害者権利条約の採択・調印
・働く権利(合理的な配慮の義務づけ)
・ILOからの自立支援法への勧告がでるかも)
・昨年来の金融危機で新自由主義や市場原理主義への見直しが始まった。

1−b 外部環境の弱み

・障害者雇用が抱えている様々な問題について、国から自治体までの各級の行政の姿勢が不鮮明。
・新自由主義や市場原理主義が横行し、その破綻の中でも弱者にしわよせがきている中で、雇用状況全般が悪化する中で、障害者雇用が脇におかれがち。
・歴史的背景もあり、そもそも雇用の制度が福祉行政の中におかれている。厚生労働省に変わってもその中での縦割りは変わらない。
・東京都の福祉削減計画
・印刷マーケットの縮小(量の縮小、単価の低下)


2−a 組織環境の強み

・地域のニーズがあっても同様の施設はない。
・当事者の影響力の拡大(当事者の声を無視できなくなっている)

2−b 組織環境の弱み

・「福祉工場制度」が廃止されても代わり得る制度がない。A型就労支援施設と福祉工場制度が根本的に異なることが、ほとんど理解されていない。それを問題にすべきSELP協(福祉工場部会)でも、ほとんど対応できていない。また、現状で福祉工場がそのような状況にあることが知られていない。
・福祉工場という制度にどのようなメリットがあるのか、多数雇用事業所とどこが違うのかなかなか明確にすることができない。
・東京都が都立民営の都立を外す方針を持ち、その方向で推移している。


3−a 内部環境の強み
・こんな中でも、なんとか生き残ろうとする仲間が存在し、前向きに働いてくれるスタッフがいる。与えられた環境の中では、みんなそれなりにがんばっている。
・自由に発言できる職場があり、なかなか受け入れられないにしても好きことをいえる。
・制度変革が進む中で、ミッションを再検討すること(変えるにせよ、変えないにせよ)の必要性が理解される環境が整いつつある(のではないかと思う)。
・印刷工場としての体制は整いつつある。赤字体質から脱却しつつある。

3−b 内部環境の弱み
・法人が大きな変革に対応できない。内部討論を呼びかけても逃げられる。
・法人も工場のトップも生き残りが困難な制度であるにもかかわらず、その制度を前提にしてしか問題がたてられない。制度の矛盾、などを説得する姿勢がない。
・東京都に対して、ちゃんと筋道をたてて話ができているように思えない現実がある。
・印刷工場としての設備などでの弱い部分がある。

==研修時のメモここまで==


とりわけ、何度でも言いたいのは、
==
「福祉工場制度」が廃止されても代わり得る制度がない。A型就労支援施設と福祉工場制度が根本的に異なることが、ほとんど理解されていない。
==

ということだ。「障害のある人とない人がいっしょに働くモデル」というのが「福祉工場」の大きなミッションの一つだと思って働いてきた。A型就労施設ではそれが否定されているように感じる。サービス提供をする施設とサービスを受ける障害者という風なことが強調される。

障害をもった労働者が運営側に回ることも難しくなりそうだ。

これでは、これまで正しいと思ってきたミッションが否定されているようにも感じる。

しかし、法人・工場はその方向で動いている。制度に妥協し、馴化することしか考えられていないようだ。

それへの違和を訴える声はどんどん消されていく。
また、このように大きなミッションの変更が行われようとし、現実に進行しているのに、それへの議論もない。

組織はこのまま、緩慢な死に向かっているようにも思う。

組織が壊れないで生き残る方法はあるかもしれない。しかし、ミッションのない組織として、組織の維持だけを目的とするような形で生き残ることが正しいとは思えない。

現状の制度の中で、生き残ろとする方策が、本当に現実的なのか、どのようなミッションをかかげる組織として生き残ろうとするのか、そのことが問われているはずなのに、そのような議論にはいかない。

そのような主体的な努力が問われているといわれたら、その通りなのだが。



せられて、上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
**福祉工場の強みと弱み 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる