今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 都議選の結果を聞いて(民主党の躍進はすばらしいか?)

<<   作成日時 : 2009/07/13 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

火曜日にゲストスピーカーで呼ばれている某所での授業の準備中。
明日の朝までに、レジュメを送らなければならない。

その準備をしなければならないのに、ついつい選挙結果を見てしまって、こんな時間になってしまった。

 確かに、あまりにもひどい自民党に打撃を与えたことは肯定的に評価されるべきだと思う。
 しかし、民主党には「不逞朝鮮人は全員出て行け」と演説したと報道されるこんな都議もいる。東京都都議会議員吉田康一郎  http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200906260809445 参照
 こいつも当選してるし・・・。


 で、レジュメを作りながら、このブログの過去のものを参照していたら、以下の文章がでてきた。この選挙結果を受けて、再掲したくなったので再掲する。


 

以下の文章を少し補足して途中から再掲
http://tu-ta.at.webry.info/200809/article_2.html

====
 こんなことを考えていくと、自民党だとか民主党だとかいう争いは、根本的な変革に結びつかないことは明らかです。(どんなことを考えて、ここにたどり着いたか知りたい人は上記のものを始めから読んでください。)

 しかし、現実の日本社会を構成している人の投票行動がそこに集中しているのもまた事実です。マスコミの報道の問題もあるでしょうが、現状の多数派の意識はそこに留められているという現実は直視すべきでしょう。では、それをどのように変えていけるのでしょうか。

 現在、めざすべきことはこの根本的な変革を準備するスペースを確保することなのだと思います。どのような運動が、あるいは政治行動がそのスペースを有効に広げることを可能にするのか、そういう視点で見ていくことが重要なのでしょう。

そこで注目したいのは抵抗と再生というふたつのアプローチだというヘレナ・ノーバーグホッジさんの(あるいはISECの)主張です。

それについては
http://tu-ta.at.webry.info/200712/article_5.html
でもう少し詳しく紹介していますが、再び引用します。
=====
抵抗と再生
 社会活動には、レジスタンス(抵抗)とリニューアル(再生)という、異なるけれども関連し合う二つのアプローチが必要です。
 危機感が膨らむ今日の状況の中で、勢いを増す破壊的な潮流をスローダウンさせ、いずれは停止させる目的をもった活動を、私たちは「レジスタンス(抵抗、反対運動)」という言葉で表現します。ここでいう活動には、郊外のショッピングモールの建設に反対することや、小規模な農業を営む農民の生活を脅かす政策に対するロビー活動(議員への働きかけ)、WTOや世界銀行、グローバリゼーションの推進派に対する抗議に参加することも含まれるかもしれません。レジスタンスといっても、攻撃的になったり、革命的である必要はないのです。効果を発揮するレジスタンス活動の多くは、例えば本や記事を回し読みしたり、地方紙に寄稿するといったように地味で継続的なものです。
 「リニューアル(再生)」という言葉は、現行のシステムに対する前向きな代替案を創造しようとする試みを表しています。古き良き伝統や慣習を再発見し、失われつつある伝統をより持続可能なものにする取り組みともいえます。リニューアル活動の一例としては、農民市場(ファーマーズ・マーケット)や消費者協同組合、友達や近所の人びとと共に行うガーデンづくり(小さな畑も含む)などがあります。
=====

 ここまで書いたような視点から考えると、混乱する政局も違う角度から見ていくことが可能になるでしょう。近々、行われるはずの総選挙も含めて、根本的な変革と具体的な政治行動の連関をもう少し考えてみたいと思います。

===過去に書いたものの引用ここまで===

 上記の社会運動は決して、代議制民主主義としての選挙の下位に置かれるべきものではないはずだ。逆に人々の注目が集まる選挙や、仮に当選したらそこでの議員活動を、根本的に社会を変えていくための社会運動(それを直接民主主義的な動きと呼べるかもしれない)にどのように有効に使うかという観点から問題を立てるべきだと思う。

 ちなみに政党はどれも「経済成長が必要」という主張を明確に否定できていないと思う。そういう意味では準備されなければならない根本的な変革に対応できていないのは、自民党や民主党だけではないと言えるかも。現実の投票行動では比較的ましなところに投票するしかないのだけど。


しかし、これを書いた後、「根本的な変革と具体的な政治行動の連関」についてはあまり考えることができないでいるなぁ。





せられて、上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
8月30日総選挙?
 最新情報で、 7月21日解散、 8月30日総選挙 の情報です。 都議選の結果が出た昨夜(12日)に自民党 河村建夫官房長官が、自民各派領袖らに電話をし、首相が早期解散の意向を固めたことを告げ、それぞれの意見を聞いた。と書かれてある。 これは、予想ではなく、断定で書かれてある。しかし、虚偽記事を書くことで知られている産経のことなので100%信用することは危険ではある。(14日にもが、21日解散に変更?) 確かに、都議選で民主党単独で過半数の議席を得ることははじめから不可能と考えてはいたが、共産党... ...続きを見る
雑感
2009/07/13 15:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
都議選の結果を聞いて(民主党の躍進はすばらしいか?) 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる